ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL SENATOR B 1987 GERMANY

OPEL SENATOR B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1133 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 177HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでセネター/モンザのミニカー検索

 

オペル セネター B ドイツ

 

 セネターの2代目タイプBは1987年に登場しました。前年に登場したオメガ Aの前後パネルを変更して全長を長くしています。オペルの最上級車ですので内装は豪華になり、オメガより立派に見えるデザインとなっています。またキャラバン(ワゴン)が設定されていないのも最上級車ゆえです。空力に優れたデザインの後輪駆動車ながら、ライバルの前輪駆動車アウディ 100よりも室内が広かったそうです。当初は6気筒2.5L/3Lエンジンを搭載しました。

 

 1989年に3LエンジンがDOHC化(204HP)され、1990年に2.5Lは2.6Lに変わりました。イギリスではヴォクスホール セネターとしても販売されました。中身が実質的にはオメガであったことから6気筒版オメガとユーザーがかぶり、販売は振るわなかったようです。結局オメガ Bが登場した際にセネターはオメガに統合されてオペルの最上級車は消えました。 (やたらと車名が変わったのも、車を売るのにはマイナス要因だったと思います)

 

 

 ミニカーはガマの当時物です。フロントグリルなどの実車の雰囲気がそこそこ再現されています。同じガマのオメガのミニカーと並べてみると、キャビン部分が同じで全長を伸ばしてあることがわかります。実車の人気を反映しているのか、セネター Bの量産ミニカーはこれぐらいしか無いようです。最近でもレジン製少量生産のネオ、前述した「OPEL COLLECTION」というミニカー付雑誌用のイクソ製があるぐらいです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1199

   

OPEL OMEGA A 1986 GERMANY

OPEL OMEGA A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1130 1/43 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 177HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでオペル オメガのミニカー検索

 

オペル オメガ A ドイツ

 

 オメガはレコードの後継車として1986年に登場しました。オペルの主力として先進技術を盛り込んで開発された後輪駆動車で、1987年欧州カー オブ ザ イヤーを受賞しています。空力を考慮したデザインで、空気抵抗係数Cd値 0.28と優れていました。サスペンションは4輪独立方式、液晶表示や車載自己診断システムなどの先進電子機器が採用されていました。ボディはセダンとキャラバン(ワゴン)がありました。当初のエンジンは4気筒1.8L/2LL、6気筒3L、4気筒2.3Lディーゼルがありました。

 

 1988年に足回りを強化した高性能版3000が設定され、1989年にはエンジンがDOHC化(204HP)されました。DTM用のエボリューション 500やロータスがチューンしたDOHC 6気筒3.6L ツインターボ(377HP)エンジンを搭載するロータス オメガといった特注車もありました。1991年のマイナーチェンジで、カラードバンパーが採用され前後パネルの意匠が変わりました。イギリスでヴォクスホール カールトン(CARLTON)、ブラジルでシボレー オメガとしても販売されました。1994年にオメガ Bにモデルチェンジしました。

 

 

 このミニカーもガマの当時物です。実車の雰囲気をうまく再現していると思います。ただまだドアミラーが付いていないので、今見るとその辺に違和感があります。ガマはリアスポイラーが付いた3000もモデル化しています。ガマ以外ではミニチャンプスがエボリューション 500のストリート/レース仕様を十数車種、スパークがロータス オメガをモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1203

   

 

OPEL OMEGA B MV6 1994 GERMANY

OPEL OMEGA B MV6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4023 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.79m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.5L 210HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速243km/h
データーベースでオペル オメガのミニカー検索

 

オペル オメガ B MV6 ドイツ

 

 オメガの2代目タイプ Bは1994年に登場しました。先代よりもさらに空力的な洗練されたデザインとなっています。セネターと統合されオペルの最上級車となったので、ボディは大きくなっています。ボディ形式はセダンとキャラバン(ワゴン)がありました。当初のエンジンは4気筒2L(DOHC版は136HP)、新型のDOHC V型6気筒2.5L/3L、6気筒2.5Lターボ ディーゼルがありました。

 

 1999年の大幅なマイナーチェンジで、フロントグリル、バンパー、リアライト、内装などの意匠が変更され最上級車らしさが増しました。4気筒は2.2Lに変わり、2001年に6気筒も2.6L/3.2Lに、ディーゼルもBMW製に変わりました。イギリスではヴォクスホール カールトン、アメリカではキャディラックの小型版 カテラ(CATERA)としても販売されました。オメガ Bの販売は芳しくなく、2003年に生産中止となり、オペルはこのクラスの市場から撤退しました。

 

 

 ミニカーはシュコーの当時物で、最上級仕様 MV6のモデルです。プロポーションが良くフロントグリルの雰囲気なども良くできています。シュコーはキャラバン、レース仕様のV8 スターもモデル化しています。 ライセンスの関係か、これ以外ではヘルパや前述したミニカー付雑誌「OPEL COLLECTION」用のイクソ製ぐらいしかないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1204

   

OPEL FRONTERA A SPORT 1991 GERMANY

OPEL FRONTERA A SPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1003 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.21m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 115HP 5段変速 4WD
性能: 最高速158km/h

 

オペル フロンテラ A スポーツ ドイツ

 

 フロンテラはオペルのSUV(Sport Utility Vehicle:スポーツ用多目的車)で、1991年に登場しました。スポーツというサブネームのついた2シーター 3ドアピックアップ(FRP製ハードトップ付)と全長の長い5ドアワゴンの2タイプがありました。駆動方式は4WD、エンジンは4気筒2L/2.4L、4気筒2.3Lターボ ディーゼル(100HP) です。

 

 1995年のマイナーチェンジで、内装やサスペンションが変更されました。1996年にはDOHC 4気筒2.2Lと、2.5Lターボ ディーゼルエンジンが追加されています。1998年にフロンテラ Bにモデルチェンジしました。この車元々は日本のイスズのミュー(5ドアはミュー ウィザード)という車のライセンス生産で、GMグループのヴォクスホールやホールデン、シボレー(ブラジル)ブランドでも販売されていました。国内でもホンダにOEMで納入され、ジャズという名前で販売されました。

 

 

 ミニカーはガマの当時物です。プロポーションが良く、この時代のミニカーとしてはよく出来てます。ガマは全長の長い5ドアワゴンもモデル化しています。当時この類の車がミニカーになるのは珍しく、ガマ以外の当時物はありません。この頃ガマはオペルのミニカーを一手に引き受けていたようです。イスズ ミューのミニカーは現時点(2014年)でありませんので、車種的には貴重なミニカーであるといえます。なおミニカー付雑誌「OPEL COLLECTION」ではワゴンがポリスと消防車仕様も含めてモデル化されてます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1207

   

 

OPEL SINTRA 1997 GERMANY

OPEL SINTRA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4293 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 201HP 4段自動変速
性能: 最高速195km/h

 

オペル シントラ ドイツ

 

 シントラは、GMがヨーロッパ市場向けに製造したミニバン(MPV)で、オペル ブランドで1997年から販売されました。この車はアメリカでシボレー ベンチャー(VENTURE)として販売された車のショートホイールベース版で、後ドアは両側スライド式、3列シートの定員5-8人乗りです。エンジンはオペル製が使われ4気筒2.2L、V型6気筒3L、4気筒2.2L ターボ ディーゼルがありました。

 

 シントラはアメリカで製造された為か、オペル車としては完成度が低く、競合他社のフォルクスワーゲン シャランなどに較べても品質が劣ると評価されました。イギリスではヴォクスホール シントラとして販売されましたが、こちらも評判は悪かったようです。シントラは売れず、1999年に早々と生産中止となりました。後継車としてアストラ Gをベースに開発されたミニバン ザフィーラ(ZAFIRA)が1999年に登場しています。

 

 

 ミニカーはこれもシュコーの当時物です。新生シュコーは深みのある高品質な塗装が特徴です。プロポーションが良くディテールもうまく再現した作風は、無機質な感じがするミニチャンプスより個人的には好ましく思います。多分特注品でしょうが、ヴォクスホール シントラもモデル化されています。実車が不人気だったことを反映して、シントラのミニカーはこれしか無いようです。(今後 新規にシントラがモデル化されることはないでしょうから、このミニカーは貴重かも?)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1209

   

OPEL TIGRA 1994 GERMANY

OPEL TIGRA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4094 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L 90HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速190km/h

 

オペル ティグラ ドイツ

 

 1994年にコルサ Bをベースにした小型クーペとしてティグラが登場しました。車体の割に大きな曲面ガラス製のリアハッチを持つかっこいいデザインです。ただこのクーペスタイルのせいで後席は実用最低限のサイズで、2+2の乗車定員です。(後席を倒してラゲッジスペースにすることができました) エンジンはコルサ B GSiと同じDOHC 4気筒1.4L/1.6L(106HP)が搭載されました。

 

 高性能版1.6Lの最高速度は203km/hとコルサ B GSiより速く、これはハイギヤレシオとボディの空力効果によるものでした。またサスペンションのセッティングはロータスが関与しており、結構本格的なスポーツ仕様だったようです。イギリスではヴォクスホール ティグラ、オーストラリアではホールデン ティグラ、南米ではシボレー ティグラとして販売されました。 2000年まで生産され、2004年には後継のティグラ ツイントップが登場しました。

 

 

 ミニカーはシュコーの当時物です。ブランドがガマからシュコーに変わった頃の物で、出来は良いですが、ガマ時代には付いていたドア開閉などのギミックがなくなってしまいました。(値段が変わらないので、実質的な値上げでもありました) ライセンスの関係で、当時物ミニカーはこのシュコーしかないようです。最近の物ではヘルパがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1210

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »