ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FORD A PANELVAN 1930 USA

FORD A PANELVAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX Y21 1/45 100㎜

 

フォード A型 パネルバン アメリカ

 

 A型のデザインには芸術的な才能があったフォードの息子エドセルの意向が反映されていました。(エドセルは有名なリンカーン コンチネンタルなどを生み出しています) このデザイン戦略はその後ライバルのシボレーにも取り入れられ、シボレーはキャディラックをイメージさせるデザインがされるようになります。

 

 A型の商用車についてはマッチボックスが様々なバリエーションをたくさん作っています。画像はそれらの一つで実際のカタログモデルとしても存在した木製ボディの商用車です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m
エンジン 変速機:  
性能: 
データーベースでフォード A型のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=214

   

PACKARD SINGLE EIGHT 1930 USA

PACKARD SINGLE EIGHT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32115 1/32 146mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m
エンジン 変速機: 8気筒 6.3L 106HP 4段変速
性能: 
データーベースでパッカードのミニカー検索

 

パッカード シングル エイト アメリカ

 

 パッカードは量産車として初めてV型12気筒7L(88HP)エンジンを搭載したツイン シックスを1915年に発表します。この車は当時の富豪や著名人に愛用され大成功をおさめます。ロシア皇帝のニコライ II世や有名なギャング王 アル カポネもその一人でした。

 第一次大戦中はV型12気筒航空機エンジンを生産しました。第一次大戦後の1924年に8気筒5.9L(84HP)エンジンを搭載するシングル エイトを発表し、この車は生産台数でキャディラックを追い抜き、アメリカの高級車No.1としての地位をかためました。

 

 ミニカーはヤトミンのブランドでクラシックカーをモデル化しているシグネチュア製です。シングル エイト系のロードスターのモデルで1/32と少し大きめのサイズですが、パッカード独特の上部の角に段の付いたフロントグリルとその上のマスコットがきちんと再現されています。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=309

   

 

HUDSON 1930 USA

HUDSON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32307 1/32 148mm

 

ハドソン アメリカ

 

 デトロイトでデパートを経営していたジョセフ L ハドソンが1909年に設立したハドソン社は性能、スタイル、価格など全てに置いて平均的な車作りを行いました。このやり方で第一次大戦前には「世界一の6気筒車メーカー」を標榜していましたが、1930年代からBIG3に押され業績が悪化し1954年にナッシュと合併し、AMC(アメリカン モータース)となりハドソンは消滅します。そのAMCも1980年代にクライスラーに吸収されました。

 

 ミニカーはシグネチュア製 1930年に発表された8気筒車(3.5L) エイトのモデルであると思われます。特長のないデザインですが、端正でまじめな感じの車に見えます。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m
エンジン 変速機: 8気筒 3.5L 80HP 
性能: 最高速130km/h
データーベースでハドソン のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=340

   

PIERCE ARROW MODEL B 1930 USA

PIERCE ARROW MODEL B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32329 1/32 155mm

 

ピアス アロー モデルB アメリカ

 

 ピアス社は1901年から自動車を生産しており、1904年に発表した4気筒車のグレートアローがアメリカで開催された耐久イベントに4年連続して優勝し高級車の地位を確立します。1909年にピアス アロー社と改名し当時の最高級車として大統領や富裕層に愛用されていました。しかし1920年代になるとモデルの旧態化で採算が悪化し、廉価版の80シリーズなどで挽回を図りましたが、1929年にスチュードベーカー社に吸収されてしまいます。

 

 ミニカーはシグネチュア製 1930年に発表されたA、B、Cという3タイプの車のタイプBをモデル化しています。ピアス アローの特徴であったフェンダー上のライトがうまく再現されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 8気筒 6L 125HP 4段変速
性能: 
データーベースでピアス アローのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=341

   

 

GM CADILLAC 452 V16 IMPERIAL LIMOUSINE 1930 USA

GM CADILLAC 452 V16 IMPERIAL LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA VOITURES CLASSIQUES 12 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h

 

GM キャディラック 452 V16 インペリアル セダン アメリカ

 

 V型16気筒エンジンを搭載したキャディラック 452は発売された初年度に約3000台が生産されました。コーチビルダーのフリートウッドがリムジーンやコンバーチブルなどのボディを架装し、価格は最低でも5000ドル(現在の2500万円ぐらい)と非常に高価でしたので、購入したのは限られた富裕層だけでした。その中には有名なシカゴのギャング 'アル カポネ'が特注した装甲仕様車もありました。

 

 ミニカーはフランスのミニカー付雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズの物で製造はイクソです。フロントグリルのV16のエンブレムや女神のマスコットなどよく出来ていますが、1/43よりやや小ぶりに仕上がっています。イクソではほぼ同じものがMUS012として発売され、それはアル カポネの車とされています。ただ実車と見比べるとフロントの灯火類などが違っていますので、アル カポネの車と同じ車種といった程度のものです。

 

 

 キャディラック V16の商用車やポリスカーなどがソリドで多くモデル化されていますが、V16がそのような用途に使われたことは考えにくいので、厳密にはV8とすべきでしょう。(エンジンが付いているわけではないのでいいのですが) またフランクリンミントの1/24には標準セダン以外にアル カポネの車がモデル化されています。そちらは実車を忠実にモデル化してあり、愛用していたマシンガンや帽子が付属しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1125

   

GM CADILLAC 452A 1931 USA

GM CADILLAC 452A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 85 1/43 128mm

 

GM キャディラック 452A アメリカ

 

 キャディラックは1909年にGMの傘下に入りますが、技術的な先進性を重視する基本路線はその後も継承されます。1914年にV型8気筒エンジン搭載車を発表し、1928年には世界初のシンクロ機構付き変速機を採用するなど技術革新を進めます。1930年には世界初のV型16気筒エンジン(7.4L 165HP)を搭載したモデル452を発表し、この車がアメリカの高級車としてのキャディラックの地位を確立させます。1931年にV型12気筒エンジン搭載のモデル370も発表しています。

 

 ミニカーはソリド製です。オーソドックスなセダンスタイルですが、後席がオープンになっていてアメリカ車としてはちょっとしゃれたデザインです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: V型16気筒 7.4L 165HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=313

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...38 次へ »