ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN GLORIA (230) HARDTOP 1971 JAPAN

NISSAN GLORIA (230) HARDTOP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 262 1/40 118mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 115HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでセドリック/グロリア 230型のミニカー検索

 

日産 グロリア 230型 2ドア ハードトップ 日本

 

 1971年にグロリアは4代目に切り替わりました。セドリックの姉妹車になった為、グリルなどが異なっているだけでデザイン的にはセドリックと同じになりました。エンジンも同じですから、性能的にも同じです。ただ車格的にはグロリアが上級ということで、昔の価格表を見ると同じグレードでもグロリアが一割ほど値段が高く設定されています。

 

 国産初の4ドアハードトップはピラーレスで、キャビンの前後の傾斜角を大きくしてキャビンを小さくするといった見た目重視のデザインでしたが、これが人気をよんで個人ユーザーはほとんどが4ドアハードトップを選んだそうです。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、グロリアはハードトップだけがモデル化されました。実車同様に同じ金型を使って、前後グリルをセドリック/グロリアに応じて変えてあります。セダンとハードトップは同じ大きさのはずですが、ミニカーではかなり大きさが違っています。(実は上述のセダンが大きすぎるのですが) またこの個体は底板が少し変形して(変形の原因はこちらを参照)、ボディ全体が少し反っています。当時物ではトミカのセダン、ダンディのバンがあります。最近の物では、アドバンスピリットのセダン、トミカ リミッテドのセダン、2ドアハードトップがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=931

   

NISSAN CHERRY X-1 (E10) 1970 JAPAN

NISSAN CHERRY X-1 (E10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 221 1/40 94mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.61m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 80HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースで日産 チェリーのミニカー検索

 

日産 チェリー X-1 E10型 日本

 

 サニーより小型で初めて車を購入する層向けに、チェリーが開発され1970年に登場しました。日産初の前輪駆動車で、横置きエンジンの下に変速機を配置するイシゴニス方式でした。コイルで吊った全輪独立懸架、ラック&ピニオンのステアリングなど、凝った設計の車でした。ボディもリアピラーの形状など全体的にユニークなスタイルを採用しています。

 

 4気筒1L(58HP)/1.2L(80HP)A型エンジンを搭載し、4段変速で最高速160Km/h(1.2L)の性能でした。当初は2/4ドアセダンだけでしたが、1971年に大きなテールゲートを持つ3ドアクーペ、1972年に3ドアバンが追加されました。1972年のマイナーチェンジでテールライトの大型化などの変更が行われました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、特徴的なリアクオーター、愛嬌のあるフロントなど実車の雰囲気が良く再現されています。トミカの当時物も3ドアセダンですが、前期型と後期型が有るようです。京商からポリストーン製のクーペ X-1Rが、エブロからクーペ X-1がモデル化され、日産名車コレクションからは3ドアセダン(前期型)が出ています。(X-1はツインキャブレター付の高性能仕様)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=932

   

 

NISSAN PRINCE HOMY 1967 JAPAN

NISSAN PRINCE HOMY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV) 40 1/43 111mm

 

日産 プリンス ホーミー 日本

 

 プリンス自動車の小型トラック/バン ホーマー 1964年 登場
 ホーマーをベースにしたマイクロバス ホーミー 1965年 登場
 1966年 日産とプリンスの合併により ニッサン プリンス ホーミー に改名
 1970年 ニッサン ホーミー となる

 

 解説追加予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 70HP 4段変速
性能: 最高速105km/h 定員15名
データーベースで日産 ホーミーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1564

   

NISSAN HOMY (E23) 1980 JAPAN

NISSAN HOMY (E23) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV) 125 1/43 102mm

 

日産 ホーミー E23型 日本

 

 ホーミー 2代目(E20型) 1976年 登場
 キャラバン 初代との兄弟車 当初は商用車のみで乗用車が1979年に追加
 ホーミー 3代目(E23型) 1980年 登場

 

 解説追加予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 105HP 4段変速
性能: 最高速 不明
データーベースで日産 ホーミーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1565

   

 

NISSAN CARAVAN (E23) POLICE ACCIDENT UNIT 1980 JAPAN

NISSAN CARAVAN (E23) POLICE ACCIDENT UNIT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY DS1 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 88HP 5段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースで日産 キャラバンのミニカー検索

 

日産 キャラバン E23型 交通事故処理車 日本

 

 商用バン/ワゴンの初代キャラバン(E20型)は、1973年に登場しました。商用車ホーミーの2代目は兄弟車で、標準とロングの2タイプのボディに、3/6人乗りバン、9人乗りコーチ(乗用車)、15人乗りマイクロバスがありました。当初のエンジンは4気筒1.5L/1.6Lで、後に4気筒2L/4気筒2.2Lディーゼルが追加されました。

 

 1980年にキャラバン 2代目(ホーミー 3代目)が登場しました。巻込み事故を防ぐ為に左ドア下部に設けられた小さな安全窓が特徴でした。乗用車コーチの上級仕様にはオートマ、パワステ、電動サンルーフ、回転対座シートなどの設定がありました。エンジンは4気筒1.6L/2Lと4気筒2.2Lディーゼルがありました。

 キャラバンは初代から救急車仕様が設定されていて、救急車だけではなく警察車両や消防車などのベースとしても使われました。ミニカーはトミカ ダンディの当時物です。ロングホイールベース版キャラバンの交通事故処理車をモデル化しています。多分この交通事故処理車は実在していたと思います。(キャラバン E24型の事故処理車の画像)

 

 

 当時のミニカーとして標準的な出来ばえですが、このミニカーにはサウンドダンディと称するサイレン音が鳴るギミックが付いています。底板のスイッチを操作すると赤色灯が点滅しサイレン音が鳴ります。ギミックの電源は単4乾電池2本で荷台部分が電池ボックスになっていて後部ドアを開いて電池を交換します。室内が電池ボックスで占められているので、乗用車仕様では開閉できる左側面のスライドドアは固定されています。おまけとしてルーフ上の赤色灯が立ち上がり「交通事故処理中」のパネルが表示されるギミックもついています。ダンディは同じギミックが付いた救急車やギミックの付いていない交通事故処理車/救急車/乗用車もモデル化しています。子供向けのギミックですが、音が出るギミックは結構面白いものです。これ以外で音の出るミニカーとしてはイワヤのエンジン音の鳴るスーパーサウンドシリーズなどがあります。
 ギミックの動作を見たい方は動画ファイルをダウンロードしてください。ただしサイレン音が突然鳴りだしますのでご注意されたし。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1843

   

NISSAN SUNNY 1200GL (B110) 1970 JAPAN

NISSAN SUNNY 1200GL (B110) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 211 1/40 99mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.83m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 68HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースで日産 サニーのミニカー検索

 

日産 サニー 1200GL B110型 日本

 

 サニーは1970年に2代目に切り替わります。初代サニーのシンプルなスタイルを継承しつつ、ボディを一回り大きくしています。ライバルのカローラは曲面の多いデザインだったので、サニーのスクエアなスタイルは好対照でした。カローラ同様に前輪サスペンションにストラット式が採用されていました。エンジンは4気筒1.2L(68-83HP)のA型で、3段AT/4段MT変速で最高速160Km/hの性能でした。2ドア/4ドアセダン、2ドアクーペとピックアップ トラックの設定がありました。

 

 カローラの排気量拡大(1.4L)に対抗して、1971年に1.4L(85-95HP)L型エンジンを搭載しホイールベースを延ばした、エクセレント シリーズが追加されました。1972年にマイナーチェンジして、内外装が変更されています。

 

 

 このミニカーもダイヤペットの当時物で、セダンのミニカーはコレしかないようです。シンプルなボディが良く再現された秀作です。同じような出来映えでダイヤペットはクーペもモデル化しています。当時物ではモデルペットのエクセレント クーペ、トミカではクーペ、エクセレント クーペ、クーペ(レース仕様)があります。最近ではエブロのクーペ、その型を流用した名車コレクション製クーペ、エブロのピックアップ、その型を流用した名車コレクション製ピックアップ、トミカリミッテドのクーペなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=933

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...20 次へ »