ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT 124 SPIDER 1966 ITALY

FIAT 124 SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 046A 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1438㏄ 90HP 5段変速
性能: 最高速174km/h
データーベースでフィアット 124のミニカー検索

 

フィアット 124 スパイダー イタリア

 

 セダンと同時にピニンファリーナのデザインによるスポーツ仕様のスパイダーが発表されました。ホイールベースが短縮されたスポーティなボディに高性能なDOHC1.4L(90HP)エンジンが搭載され、四輪ディスクブレーキ、5段変速機で最高速174km/hと高性能でした。

 

 これはライバルのアルファ ロメオのデュエット スパイダーを意識したものでしたが、124は+2の後部座席があるなどより実用的でした。ライバル同様に北米で人気が高く、排気量を2Lまで拡大し1980年代半ばまで生産されてました。1972年に登場したアバルト チューンのワークスラリーカーも有名です。

 

 

 ミニカーは1996年頃発売されたのビテス製で、美しいスタイルがよく再現されています。バリエーションでアバルト ラリー仕様などが出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=664

   

FIAT 124 ABARTH RALLY 1972 ITALY

FIAT 124 ABARTH RALLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 049B 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.91m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1756㏄ 128HP 5段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでフィアット 124 アバルトのミニカー検索

 

フィアット 124 アバルト ラリー イタリア

 

 124のラリーカー 124 アバルト ラリーがランチア フルヴィア 1.6HF ラリーの後継車として972年に登場しました。WRC(世界ラリー選手権)に参戦するラリーカーのベースとなった車で約1000台が生産されました。アバルトにより後輪サスペンションが独立懸架に変更され、DOHC 4気筒1.75Lエンジンは128HPにチューンされていました。

 外観的には、前後のバンパーが硬質ゴムのオーバーライダーに変えられ、FRP製オーバーフェンダーが追加され、ホイールもアバルト製のマグネシウムホイールに変えられていました。後部座席は外されロールバーが追加され、ソフトトップはFRP製ハードトップに変えられています。またボンネット/トランクリッドが黒のFRP製に変えられ軽量化されています。

 

 WRCではフィアットのワークスカーとして、1972年アクロポリス 優勝、1973年ポーランド 優勝、1974年ポルトガル TAP 優勝など活躍しています。1974年以降はランチア ストラトスが登場しますが、1975年までランチア ストラトスに次ぐ成績を上げていました。

 

 

 2015年にマツダ ロードスターの姉妹車であるフィアット 124 スパイダーが発表され、その高性能版のアバルト 124 スパイダーも追加されました。1960年代の124 スパイダーの雰囲気を感じさせるデザインになっています。

 ミニカーはビテス製で、前述した124 スパイダーのバリエーションです。実車同様に、バンパー、ホイール、ハードトップが変えてあり、リアシート部のロールバーもちゃんと再現してあります。当時のビテスはいい仕事をしていました。ラリー仕様も含めて約10種類ほどのバリエーションがあります。124 アバルトのミニカーはビテスの型を引き継いだサンスター、イクソの物もありますが、基本的にはビテスと同じものです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1795

   

 

FIAT (SEAT) 124 SPORT COUPE 1970 ITALY

FIAT (SEAT) 124 SPORT COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTOPILEN 329 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.13m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1438㏄ 90HP 4段変速
性能: 最高速170km/h

 

フィアット (セアト) 124 スポーツ クーペ イタリア

 

 1967年にはスパイダーに次いでクーペも追加されました。こちらはフィアット自身のデザインで、最初はスパイダーとよく似た丸形2灯式ヘッドライトを持つスタイルでした。1970年に画像のような丸型4灯式ヘッドライトのフロントにマイナーチェンジされました。

 

 エンジンなどの性能はスパイダーと同じで、廉価ながらも高性能でした。この車もスポーティカーとして人気があり、1.6L、1.8Lエンジンが追加され1977年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはスペインのオートピレン製で、本当はFIATではなくSEAT 124です。たぶんマーキュリーのモデルをベースにしてピレンが独自に型を起こした物と思いますが、実にシャープな仕上がりとなっています。ピレン独特のメタリックカラーもよく似合っています。ピレンは他社のコピーから始まっていますが、このモデルあたりからぐっと腕を上げています

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=665

   

FIAT DINO SPIDER 1966 ITALY

FIAT DINO SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
PROGETTO-K PK160 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2L  160HP 5段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでフィアット ディノのミニカー検索

 

フィアット ディノ スパイダー イタリア

 

 フェラーリがフォーミュラ 2 レースのホモロゲーションをとるためにエンジンを量産する必要に迫られ、提携関係のあるフィアットにそのエンジンを搭載した車を提案して生まれたのがフィアット ディノでした。このディノとはエンツォ フェラーリの息子のアルフレード フェラーリの愛称で、彼の24歳での早すぎる死を悼んで、彼がアイデアを出したといわれるV型6気筒エンジンにディーノの通称が与えられました。

 

  まず最初にスパイダーが1960年のトリノショーで発表されました。ピニンファリーナ製のダイナミックなスタイルのスパイダーにはV型6気筒2L(160HP)DOHCエンジンが搭載され、最高速は210km/hと高性能でした。この車がどのくらいの価格だったのかはわかりませんが、フィアットですから、そんなには高くはなかったのでしょう。

 

 

 ミニカーはプロゲットK製で、フロントグリルが今ひとつの出来なので実車の美しいスタイルが伝わりませんが、あしからず。これ以外ではシュコー(ジュニアライン)、ミニチャンプス、京商(1/64)などがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=666

   

 

FIAT DINO COUPE 1966 ITALY

FIAT DINO COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A14 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.51m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.4L  180HP 5段変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでフィアット ディノのミニカー検索

 

フィアット ディノ クーペ イタリア

 

 スパイダーに続いてホイールベースを延ばして4座を確保したクーペも追加されました。こちらはベルトーネ製で、G.ジウジアーロがデザインしたそうで、同時期に彼がデザインしたイスズ 117クーペ(1968)によく似ています。(117クーペよりフェンダーのコークボトル ラインがダイナミックですが)

 

 スパイダーより大きく重い為、動力性能はやや劣りますが、4人が乗れる居住性が売りでした。ディノのシリーズはスパイダーとクーペを併せて約8000台が1972年までに生産されました。

 

 

 当時物のミニカーとしてはマーキュリー、メーベトイ、ノレブ(プラスチック)の物が有ります。マーキュリーはスリムにデフォルメされていてかっこいいのですが、メーベトイの方が実車の雰囲気に近いように思います。(実車を見たわけではないので、直感ですが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=667

   

FIAT 125 1967 ITALY

FIAT 125 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 25 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.22m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 90HP 4段変速
性能: 最高速163km/h
データーベースでフィアット 125のミニカー検索

 

フィアット 125 イタリア

 

 124のホイールベースを延長したボディに、124のスポーツ仕様の1.6L(90HP)DOHCエンジンを搭載したのが125で、1300/1500の後継として1967年に登場しました。最高速は163km/h 4輪ディスクブレーキを標準装備した優れたハンドリングのスポーティな中級車でした。

 

 角形4灯式ヘッドライトを採用しフォーマルな角張ったスタイルで、124との差別化を図っています。100HPにパワーアップしたさらに高性能なスペシャルも翌年に追加されました。1972年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはマーキュリー製で、125の当時物は多分これとポリトーイぐらいしかありません。ボクシーなスタイルがよく再現されています。ヘッドライトにライン ストーンを使っているので、丸形4灯式に見えてしまうのがやや惜しいところです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=668

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »