ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL ASCONA B 1976 GERMANY

OPEL ASCONA B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTOPILEN 517 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.32m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 90HP 4段変速
性能: 最高速167km/h
データーベースでオペル アスコナのミニカー検索

 

オペル アスコナ B ドイツ

 

 カデットとレコードの間を埋める車として、アスコナ(初代 A)が1970年に登場しました。前述したマンタをベースにした2/4ドアセダン、3ドアワゴンで、エンジンはマンタと同じ4気筒1.6L/1.9Lでした。

 マンタとアスコナは1975年に2代目Bタイプにモデルチェンジします。アスコナはレコード Dと同じようなイメージのシンプルなデザインで、マンタはGMのシボレー モンザに似た個性的でスポーティなデザインでした。アスコナのエンジンは4気筒1.6L/1.9L/2L、4気筒2Lディーゼル、マンタのエンジンも同じですが、ディーゼルがありません。

 

 マンタ/アスコナはGMグループの世界戦略車で、イギリスではヴォクスホール キャバリアとして販売されました。1979年にグループ 4(ラリー)のホモロゲーション用にオペル初のDOHCエンジン(4気筒2.4L 144HP)を搭載した400がその名のとおり400台限定生産されました。400は1982年のモンテ カルロで優勝するなどラリーで活躍しています。前輪駆動化された3代目 アスコナ Cが1981年に登場すると、ラリー車はマンタをベースにしたマンタ B 400に切り替わりました。

 

 

 アスコナ Aの当時物ミニカーはありません。最近の物では、シュコーやミニチャンプスがあります。画像のアスコナ Bはオートピレン製の当時物です。後輪サスペンションがへたって、やや尻下がりになっています。オートピレンは他社のコピー物が多いのですが、これはオートピレンのオリジナルでスペイン ディンキーとしても発売されました。アスコナ Bの当時物としてはビテスやポリスティルのB 400のラリー仕様など結構あります。マンタ Bの当時物ではビテス初期のマンタ B 400があります。最近の物では、アスコナ Bはシュコーやネオ、マンタ Bはシュコーやミニチャンプスがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1193

   

OPEL ASCONA C SEDAN 1981 GERMANY

OPEL ASCONA C SEDAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1140 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 90HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでオペル アスコナのミニカー検索

 

オペル アスコナ C セダン ドイツ

 

 アスコナの3代目タイプCは1981年に登場しました。オペルとしてはカデット Dに次ぐ2番目の前輪駆動車でした。大きめの角形ヘッドライトとスラントノーズを採用したごくシンプルなデザインです。カデットをベースにしており、パーツの多くを共有していました。ボディ形式には2/4ドア3ボックスセダンと5ドアハッチバックがありました。当初のエンジンは4気筒1.3L/1.6Lと4気筒1.6Lディーゼルでした。

 

 アスコナ CはGMグループの世界戦略車(Jカー)で、姉妹車にはイスズ アスカ、ヴォクスホール キャバリア、シボレー モンザなどがありました。1982年に4気筒1.8Lエンジン、1986年に4気筒2L(113HP)エンジン搭載の高性能版GTが追加されています。1984年のマイナーチェンジでフロントグリルなどの意匠が小変更されました。見た目が無国籍で癖が無いのが良かったのか、この車はドイツのベストセラーにもなっています。アスコナは1988年の後継車ベクトラ登場で名前が消えました。

 

 

 ミニカーはこれもガマの当時物です。フロントノーズ部分がやや平板な感じですが、そこそこの出来映えです。ガマはハッチバックもモデル化しており、この頃のオペルはガマが精力的にモデル化しています。実車と違ってミニカーでは人気が無いのかこれ以外の当時物がなく、最近の物でもネオのカブリオレ(ディーラー経由の特注仕様)があるだけです。(ミニチャンプスもモデル化していない)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1195

   

 

OPEL VECTOR A 1988 GERMANY

OPEL VECTOR A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1161 1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.43m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 115HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速198km/h
データーベースでオペル ベクトラのミニカー検索

 

オペル ベクトラ A ドイツ

 

 アスコナの後継車ベクトラ Aは、1988年に登場しました。カデット Eと同じ空力を考慮した丸みのあるデザインを採用しより洗練されています。(アウディ 80と同じ空気抵抗係数Cd値0.29) 前輪駆動車でボディ形式は4ドアセダンと5ドアハッチバックでした。エンジンは4気筒1.4L/1.6L/1.8L/2L、DOHC 4気筒2L、4気筒1.7Lディーゼル(NAとターボ 日本のイスズ製もあった)がありました。

 

 ベクトラ Aにはオペル初のフルタイム4WDシステム(プラネタリーギヤ+ビスカスカップリング方式)を搭載した4X4が設定されました。DOHCエンジン搭載車は後輪リアサスペンションがセミトレ式に変更されており、1992年にはターボ仕様が追加されました。1992年のマイナーチェンジで、フロントグリルやリアの意匠が変更され、V型6気筒2.5L(170HP)エンジンが追加されました。イギリスではボクスホール キャバリアとして販売されました。

 

 

 このミニカーもガマの当時物です。この頃からガマの特徴であった薄い青に着色されたウインドーが未着色になり、フロントなどがリアルになってきました。ガマはハッチバックもモデル化しています。ライセンスの関係だと思いますが、これ以外の当時物はありません。最近の物では、バンガーズのセダンがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1205

   

OPEL CALIBRA 1989 GERMANY

OPEL CALIBRA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1138 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 150HP 5段変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでオペル カリブラのミニカー検索

 

オペル カリブラ ドイツ

 

 スペシャルティーカー マンタの後継車として、カリブラが1989年に登場しました。基本設計はベクトラ Aをベースにしています。細長いヘッドライトが特徴的な非常に流麗なデザインで、空気抵抗係数Cd値が0.26と非常に低いです。(当時の量産車では最良) 見た目重視のデザインのように見えますが居住性は悪くなかったようです。エンジンはSOHC/DOHC 4気筒2L、前輪駆動車でビスカスカップリング方式のフルタイム4WDも選択できました。

 

 1991年にターボ仕様(204HP 最高速245km/h)、1994年にDOHC V型6気筒2.5L(170HP)エンジンが追加されています。このV型6気筒搭載車をベースにしたレースカーはDTMに参戦しています。ヴォクスホール(イギリス)、シボレー(南米)、ホールデン(オーストラリア)でもカリブラとして販売されました。1997年まで生産され、結構人気があったようです。後継車はアストラ Gのクーペでした。

 

 

 ミニカーはこれもガマの当時物です。流麗なスタイルが良く再現されています。ガマは1/24サイズでもモデル化しています。これ以外ではシュコー(ガマと同じか?)、ヘルパ、デルプラドの世界の名車シリーズがあります。またミニチャンプスではノーマルとDTM仕様が40車種ほどもモデル化されています。前述した「OPEL COLLECTION」というミニカー付雑誌用のイクソ製もあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1208

   

 

OPEL VECTOR B 1995 GERMANY

OPEL VECTOR B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4161 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.48m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.5L 170HP 
5段変速/4段自動変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでオペル ベクトラのミニカー検索

 

オペル ベクトラ B ドイツ

 

 ベクトラの2代目タイプBは1995年に登場しました。先代のスタイルをさらに洗練させたクリーンなボディですが、その分個性がなくなったように思います。前輪駆動車で、ボディ形式は4ドアセダン、5ドアハッチバック、5ドアワゴンのキャラバン(1996年に追加)の3タイプでした。当初のエンジンは4気筒1.6L/1.8L/2L、DOHC V型6気筒2.5L、4気筒1.7Lターボ ディーゼル(日本のイスズ製)でした。

 

 1999年のモデルチェンジで、フロント/リアの意匠が小変更されました。エンジンは4気筒2Lが2.2Lに、6気筒2.5Lが2.6L、1.7Lディーゼルが2L/2.2L(オペル製)に変更されました。イルムシャーがチューンしたDOHC V型6気筒2.5L(195HP)エンジンを搭載し、エアロパーツを装備した高性能版 i500が1998年に設定されています。イギリスではヴォクスホール ベクトラ、オーストラリアではホールデン ベクトラ、ブラジルではシボレー ベクトラとして販売されました。ベクトラ Bは結構売れたようです。2002年にベクトラ Cにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはシュコーの当時物で、この頃にガマからシュコーにブランドが切り替わっています。全体的によく出来ていますが、ヘッドライト背面の下地が見えているのはいまいちです。ドア開閉などのギミックは付いていません。シュコーは5ドアハッチバクとキャラバンもモデル化しています。ライセンスの関係で、シュコー以外の当時物はないようです。オニキスやミニチャンプスがレース仕様を20車種ほどモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1206

   

OPEL MONZA 1978 GERMANY

OPEL MONZA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 448 1/25 185㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 180HP 4段変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでオペル セネター/モンザのミニカー検索

 

オペル モンザ (モンツァ) ドイツ

 

 1978年に登場したセネター Aは、オペルの旗艦アドミラル/ディプロマットの後継車です。構造的にはレコード Eをベースにしてボディを拡大したものです。デザイン的にもレコード Eのスタイルを継承しています。4気筒2L、6気筒2.5L/2.8L/3Lエンジンが搭載されました。

 

 セナター Aのクーペ仕様がモンザ Aで、セダンよりホイールベース/全長が短縮されており、大きなリアハッチを持つ大胆なファーストバックスタイルは初代コモドール クーペをモダンにしたデザインと言えます。6気筒2.8L/3Lエンジンを搭載し3L搭載車は当時のオペル最速の車で、ベースのセナターともどもオペル初の全輪独立サスペンションを採用していました。

 

 

 1982年のマイナーチェンジで後期型となり、フロントグリルやリアの意匠が変わりました。4気筒2L/2.2Lエンジンが追加され、6気筒エンジンもパワーアップしています。セネターはイギリスではヴォクスホール ロイヤル (モンザはロイヤル クーペ)としても販売されました。1987年まで生産されたモンザは一代限りの車でした。(2013年にコンセプトカーとして名前が復活してますが)

 ミニカーはガマの当時物で1/25サイズです。この時代の大スケールミニカーは、1/43を単に大きくしただけの物が多く、このモンザもプロポーションなどは悪くないのですが、やや大味なミニカーです。ガマはモンザの後期型とセネター Aの前期型/後期型も1/25でモデル化しています。モンザの当時物ではメーベトイがあり、セナター Aの当時物にはコーギーの1/36があります。セネター Aとモンザの最近の物では、シュコーとミニチャンプスがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1202

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »