ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

HONDA BALLARD SPORT CR-X Si 1984 JAPAN

HONDA BALLARD SPORT CR-X Si 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 44374 1/43 88mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.68m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1.6L 130HP 5段変速
性能: 最高速180km/h以上
データーベースでホンダ CR-Xのミニカー検索

 

ホンダ バラード スポーツ CR-X Si 日本

 

 CR-Xは1983年にシビックの姉妹車バラードの派生車として登場 3代目シビックのデザインを先取りし、セミリトラクタブルヘッドライトとコードトロンカ式のリアデザインが特徴の軽量スポーツカーでした。エンジンは4気筒12バルブ1.3L/1.5L(110HP)を搭載し、5段MT/3段ATで、最高速180km/h以上(1.5L)と高性能でした。約800kgの軽量なボディと短いホイールベースでスポーティな操縦性でした。

 

 1984年にDOHC1.6L(130HP)エンジン搭載の高性能版Siが追加され、1985年のマイナーチェンジで固定式ヘッドヘッドライトの後期型となりました。シビックとともに日本カー オブ ザ イヤーを受賞し、人気がありました。アメリカ向け(CRX)は2シーターで、軽量を生かした超低燃費仕様もありました。

 

 

 当時物のミニカーは無いようです。画像はエブロ製のSiで、エブロはノーマルもモデル化しています。特徴的なヘッドライト、Si独自のボンネットのパワーバルジなどが再現され、特徴だったアウタースライドサンルーフが可動するギミックもついています。これ以外ではSAPIのノーマルとSiの前期型/後期型、京商の1/64、トミカリミッテドのSiの前期型/後期型、オートアートのSiなど多くモデル化されていて人気があります。(CR-Xをデータベースで検索)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1064

   

HONDA CR-X COUPE 1989 JAPAN

HONDA CR-X COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430161522 1/43 88mm

 

ホンダ CR-X クーペ 日本

 

 CR-X 2代目 1987年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.76m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 130HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速205km/h (輸出仕様)
データーベースでホンダ CR-Xのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1593

   

 

HONDA CR-X DELSOL 1992 JAPAN

HONDA CR-X DELSOL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 159 1/43 94mm

 

ホンダ CR-X デルソル 日本

 

 CR-X デルソル 1992年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 170HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速210km/h (輸出仕様)
データーベースでホンダ CR-Xのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1594

   

HONDA MUGEN INTEGRA TYPE R (DC2) 1998 JAPAN

HONDA MUGEN INTEGRA TYPE R (DC2) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43309 1/43 103㎜

 

ホンダ 無限 インテグラ タイプ R DC2型 日本

 

 初代 インテグラはクイント インテグラとして 1985年 登場
 インテグラ 2代目 1989年 登場
 インテグラ 3代目 1993年 登場  1995年のマイナーチェンジで横長ヘッドライトに変更

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.38m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 190HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速230km/h (輸出仕様)  
データーベースでホンダ インテグラのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1601

   

 

HONDA NSX 1990 JAPAN

HONDA NSX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ROSSO 1501 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 274HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速271km/h (輸出仕様)  
データーベースでホンダ NSXのミニカー検索

 

ホンダ NSX 日本

 

 ホンダが技術の粋を集めた日本初のスーパーカー NSXが1989年に登場します。フェラーリ 328をを上回る走行性能を目指して開発がすすめられ、当時参戦していたF1のドライバー(A.セナなど)が走行テストに参加したそうです。スーパーカーの定番であるエンジンを横置きミドシップ配置したデザインですが、NSXはリアのオーバーハングが長くリアスポイラーの付いた伸びやかなスタイルは個性的です。この長いテールは高速走行の安定性とトランクの実用性向上をもたらしています。ボディはオールアルミ製のモノコック、エンジンはDOHC VTEC(可変バルブタイミング) V型6気筒3L(274HP)、Wウイッシュボーンの4輪独立サスペンション、4輪ABS/トラクションコントロールなど先進装備を備えていました。

 

 1992年に装備の簡略化で軽量化しスポーツ性を高めたタイプRが追加されました。1995年のマイナーチェンジでタルガトップ仕様のタイプTが追加されました。1997年のマイナーチェンジでII型となり、6段AT追加、MT仕様の3.2Lエンジン追加、タイプS(タイプR後継はタイプS-ZERO)の追加がありました。2001年のマイナーチェンジでIII型となり、ヘッドライトが固定式に変更され、2002年にタイプR(NSX-R)が復活しました。初代 NSXは2005年に生産中止となりました。発売当初はバブル景気で、800万円という値段でも予約が殺到しました。(私も買う気になりましたが、身分不相応なのでやめましたが) 海外でも評判が高く、約18000台が生産されました

 

 

 ミニカーは静岡の模型メーカー ロッソ株式会社(倒産した)製で、1991年に発売されました。プラモデルの完成品ですがドア開閉などのギミックがない分、当時のミニカーとしてはスケールモデル的な良い出来ばえで、特にシャーシ部分は細かく再現されてます。当時物ミニカーではダイヤペット、京商の1/18、トミカなどがありました。それ以外では、タルガ タッカーの1/64、京商の1/18 1/43 1/64、オートアートの1/18、エブロ、国産名車コレクション、レジン製ではイグニッションモデルなどたくさんあります。特にエブロはI型からIII型までレース仕様も含めて90種類もモデル化しています。 以下はロッソのフロント/リアの拡大画像とシャーシ部分/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

HONDA NSX 1
HONDA NSX 2

 以下はエブロのIII型のタイプ R(NSX-R)(型番43328)の画像です。ヘッドライトが固定式に変わっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA NSX 3
HONDA NSX 4

 以下は国産名車コレクション(No.142)の画像です。メーカーはイクソで、色違いの同じ物がFIRST43ブランドで発売されました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA NSX 7
HONDA NSX 8

 以下はダイヤペット(型番SV26)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA NSX 5
HONDA NSX 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1354

   

HONDA S2000 1999 JAPAN

HONDA S2000 画像をクリック/タップすると画像が変わります
HONDCOLLECTION (MMP) KM-92L 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 250HP 6段変速
性能: 最高速240km/h (輸出仕様)  
データーベースでホンダ S2000のミニカー検索

 

ホンダ S2000 日本

 

 ホンダ創立50周年を記念して企画された本格派スポーツカーS2000は1999年に登場しました。後輪駆動の2シーターオープンカーというコアなスポーツカーなので、ロングノーズ/シュートデッキのオーソドックスなデザインとなっています。またオープンカーとはいえ専用設計なので、閉断面のフロアトンネルをメインフレームとして活用した「ハイXボーンフレーム構造」を採用して高い剛性と衝突安全性を確保しています。またシート後方の高強度ロールバー設置、乗員保護用ツインドアビーム内蔵などオープンカーとしての安全性も確保しています。(純正のアルミ製ハードトップの設定もありました)

 

 エンジンはVTEC DOHC 4気筒2L(250HP)で、許容最高回転数が9000rpmというレースカー並みの高回転型エンジンです。そのエンジンは前後輪の重量配分が50/50となるようフロントミドシップ搭載されています。変速機は6段マニアルのみで、オートマチックがないというマニアックな仕様です。 2003年のマイナーチェンジでフロントの意匠が変更されました。2004年に北米仕様車はエンジンが2.2L(242HP)となり、許容最高回転数を8000rpmに下げて扱いやすくされました。2005年のマイナーチェンジで国内仕様もそのエンジンに変わりました。2009年に生産中止となり、総生産台数は約12万台でした。

 

 

 ミニカーはエブロのS2000(ホンダ 特注品)で、2000年に発売されました。エブロの標準品と異なり、このホンダ 特注品は左ハンドル仕様をモデル化しています。エブロらしいそつの無い出来ばえで、赤いシートの室内もそれらしく再現されています。これ以外のS2000のミニカーとしては、ダイヤペット、トミカ、Mテックの1/72、オートアートの1/18、レジン製ではMARK43やWIT'Sなどがあります。 以下はS2000のフロント/リアの拡大画像とリアビュー/室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

HONDA S2000 1
HONDA S2000 2

 以下はダイヤペットのS2000(型番DK-1007)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA S2000 3
HONDA S2000 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1599

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9   次へ »