ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA TOYOPET CORONA (PT20) 1960 JAPAN

TOYOTA TOYOPET CORONA (PT20) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 7 1/42 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.99m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 39HP 3段変速
性能: 最高速110km/h
データーベースでトヨタ コロナのミニカー検索

 

トヨタ トヨペット コロナ PT20型 日本

 

 コロナは1960年にモデルチェンジし、PT20型が登場します。PT10型の不振を挽回すべく、総力を挙げて開発された本格的な小型車でした。最大の特徴は当時としては格段にスタイリッシュなボディデザインでした。4気筒1L(39HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速は110km/hの性能でした。商用車(2ドアのバン、ピックアップ)は先代同様コロナラインの名前で発売されました。

 

 リーフスプリングをコイルで吊ったカンチレバー式リアサスペンションは優れた操縦性を示しましたが、未舗装路では強度不足の問題があり、タクシー用途では不評でした。1961年に1.5L(60HP)エンジンを追加し、問題のリアサスペンションも強度を向上させましたが、耐久性が低いというイメージを変えることはできなかったようです。結局PT20型でも小型車市場でのダットサンの優位を崩すことができませんでした。

 

 

 ミニカーはモデルペットの当時物で、このモデルは室内の造形も付いています。プロポーションが良く、細いモールドのピラーなど実車を良く再現してあります。なぜか地味な商用車のコロナラインもモデル化されています。PT20型のミニカーはエブロやトミカ リミテッドからもでています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=965

   

MAZDA R360 COUPE 1960 JAPAN

MAZDA R360 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43152 1/43 72㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.98m 全幅約1.29m
エンジン 変速機: 空冷V型2気筒 360cc 16HP 4段変速 2段自動変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでマツダ R360のミニカー検索

 

マツダ R360 クーペ 日本

 

 マツダは1960年にR360 クーペで乗用車市場にも進出しました。戦後の車として初めてクーペという名前を付けたこともあって、スタイリッシュなボディ デザインが特徴です。後席が有るのですが、かなり狭く乗車定員は2名です。アルミニウムやプラスチックなどを使ったボディは380kgと超軽量で、強制空冷V型2気筒360cc(16HP)OHVアルミ合金製エンジンをリアに搭載するRR車で、4段変速で最高速85km/hの性能でした。トルクコンバーターを用いた2段のオートマチックトランスミッションが軽自動車で初めて設定されていました。

 

 2年前に発売されていたスバル 360(定価約36万円)よりも安い30万円で当時の乗用車で一番安かったことから、発売当初は非常に高い人気が出ました。ただ4人乗れるのスバル360に対して、2人しか乗れないR360クーペは不利で、4座の軽乗用車キャロルが登場するとR360クーペの人気はなくなりました。1962年までに約6500台が生産されました。

 

 

 当時物のミニカーとしてはミクロペットやモデルペットがありますが、まずお目にかかれないレア物です。(私も実物を見たことがありません) 画像はエブロ製で、実車が小さいのでミニカーも小さいですが良くできています。ノーズのデザインは後のコスモ スポーツにも通じるボディは工業デザイナーと東洋工業のデザイナーが担当したそうですが、この車にかけた情熱が感じられる良いデザインだと思います。エブロと同じ型をつかって国産名車コレクションからもモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1010

   

 

NISSAN CEDRIC (G30) 1961 JAPAN

NISSAN CEDRIC (G30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CARS COLLECTION (NOREV) 23 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.41m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 88HP 4段自動変速
性能: 最高速130km/h
データーベースで日産 セドリック 30型のミニカー検索

 

日産 セドリック G30型 日本

 

 国産中型車セドリック(児童向け小説「小公子」の主人公にちなんだ名前)はオースチン A50ケンブリッジの後継として1960年に発売されました。日産初のモノコックボディで前輪独立懸架、縦型4灯式ヘッドライトやラップラウンドしたフロントウインドウは当時のアメリカ車的なデザインとなっています。ワゴンやバンも1962年に設定されました。

 

 当初は4気筒1.5L(71HP)エンジンを搭載していましたが、すぐに1.9L(88HP)エンジンが追加されました。この1.9Lは4段変速で、最高速130km/hの」性能でした。1962年のマイナーチェンジ(31型)で、ホイールベースが延長され、縦型4灯式ヘッドライトが横型に変更されました。 1963年には6気筒2.8L(115HP)エンジンを搭載しボディを拡大した、国産初の3ナンバー普通乗用車のスペシャ ル(50型)も追加されました。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクションでモデル化された物です。他にもファインモデル、エブロ、トミカでもモデル化されていて、昔の車としては人気がある車です。これはエブロの型を流用しているようですが、前期型でもマイナーチェンジされたカスタム(G30型)のモデルということで、細かいところがエブロとは変えてあります。なお当時物ではミクロペットが前後期の両方をダイヤペットが後期型をモデル化していて、それらは滅多にお目にかかれないレア物です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=913

   

TOYOTA PUBLICA (UP10) 1961 JAPAN

TOYOTA PUBLICA (UP10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43316 1/43 86mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.57m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 水平対向2気筒 697cc 28HP 4段変速
性能: 最高速110km/h
データーベースでトヨタ パブリカのミニカー検索

 

トヨタ パブリカ UP10型 日本

 

 当時の通産省が検討していた国民車構想に沿って企画された小型車がパブリカで、車名はパブリックカー(Public car)からの造語で一般公募で選ばれました。軽量なフルモノコックボディに新開発のOHV強制空冷水平対向2気筒697cc(28HP)エンジン(U型)を搭載し、4段変速で最高速110km/hの性能でした。デザインはコロナと良く似ていて、シンプルで良いデザインだと思います。

 

 ラジオ、ヒーターはもちろんフェンダーミラーすら無いという徹底した簡素化で38.9万円という低価格を達成していましたが、この実用一辺倒の仕様はあまり支持されませんでした。そこで1963年にラジオ、ヒーターなどを装備しクロームモール装飾を施したデラックス仕様(UP10D型)や、オープンカー仕様が追加され、販売を回復させました。

 

 

 バンやトラックの商用車も設定されていました。1966年に排気量を800cc(36HP)に拡大し、ドライブトレーンや外観形状を変更する大幅な仕様変更が行われ、UP20型に変わります。販売価格を36万円に下げて当時の為替レート(1ドル=360円)では1000ドルになるため、1000ドルカーというキャッチフレーズで宣伝されました。

 ミニカーはエブロ製のUP10型で、実車のイメージをうまく再現していて非常に良い出来映えです。(ミラーが付かないのも実車どうり) 当時物としてはモデルペットとダイヤペットがありましたが、どちらもレア物です。最近では国産名車コレクション(ノレブ製 エブロの型を流用)やトミカ リミッテドからもモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=966

   

 

MITSUBISHI 500 1961 JAPAN

MITSUBISHI 500 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 167 1/43 75mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.14m 全幅約1.39m
エンジン 変速機: 空冷4気筒 493cc 21HP 3段変速
性能: 最高速90km/h

 

三菱 500 日本

 

 戦前に三菱 A型を製作した経験のあった三菱重工業は終戦後の財閥解体で東日本重工業、中日本重工業、西日本重工業の3社に分離されました。東日本重工業はアメリカのカイザーナッシュ社と提携し、コンパクトカー ヘンリーJのノックダウン生産を1950年から始めました。1953年に東日本重工業、中日本重工業は三菱日本重工業、新三菱重工業に車名変更し、1953年に新三菱重工業でウイリス ジープのノックダウン生産が始まりました。1954年にはヘンリーJの本国での生産中止によりノックダウン生産が終わりました。

 

 新三菱重工業は独自で自動車開発に着手し、水島自動車製作所(岡山県)が開発した軽3輪トラックのペット レオが1959年に発売されました。ペット レオは密閉式キャビンを採用し、4サイクル単気筒310cc(12HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速74km/hの性能で軽3輪では最速でした。ペット レオは1962年まで生産されました。

 

 

 1960年に新三菱重工業(名古屋自動車製作)は乗用車の三菱 500を発売します。全長3.14m全幅1.39mの4人乗り小型車で、ボディはドイツのゴッゴモビルを参考にしたそうです。空冷4サイクル2気筒OHV 493cc(21HP)エンジンをリアに搭載するRR車で、3段変速で最高速90km/hの性能でした。モノコック構造のボディに全輪独立懸架と、技術的には非常に先進的な車でした。

 価格は39万円で、1961年にはエンジンを594cc(25HP)に拡大しましたが、あまり人気が出なかったそうで1962年には新しい車名のコルト 600に切り替わりました。コルト 600は500のボディーを拡大して変更したもので、基本構造はそのままだったようです。

 当時物のミニカーはありません。軽3輪トラックのペット レオは京商が1/43のポリストーン製ミニカーを2000年に出しています。またトミカ リミッテドもレオをモデル化しています。画像の三菱 500は国産名車コレクション(イクソ製)のもので、なかなか良くできています。このような車をモデル化してくれることは、国産名車コレクションの面目躍如といったところで、良く作ってくれたと思います。なお三菱 500はこの車の愛好者クラブが作成した、ミニカーが存在します。このような愛好者によって製作されたあまり知られていないミニカーが結構あるようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1029

   

MITSUBISHI JEEP (J30) 1961 JAPAN

MITSUBISHI JEEP (J30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 167 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.29m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 76HP 3段変速 パートタイム4WD
性能: 最高速95km/h
データーベースで三菱 ジープのミニカー検索

 

三菱 ジープ J30型 日本

 

 戦後アメリカ軍が日本で軍用車を調達する為に、ウイリス製ジープを当時の中日本重工業(三菱重工業の前身)に生産させることになったのが三菱製ジープの始まりでした。この車は戦後の警察予備隊(現在の自衛隊)で使用する小型トラックとしても採用されることになり、1953年からジープ CJ3A型のノックダウン生産が始まりました。当初は左ハンドルでしたが、その後ウイルス製エンジンを国産化するなどして1955年にジープは国産化されました。

 

 当初の三菱 ジープの型式はJ1型で、構造はジープと同じはしご形フレームにリーフリジッド サスペンションで、パートタイプ4WDの駆動方式でした。その後国産化された時の型式はJ3型となりました。1957年にエンジンをディーゼル化(2.2L 61HP)して世界初のディーゼルエンジン搭載ジープ JC3型が登場しました。1961年には右ハンドル仕様のJ3R型が追加されました。

 その後2ドア ステーションワゴンやロングホイールベースで6人乗りの4ドア ステーションワゴンなどの日本独自のバリエーションが追加され、三菱のジープは防衛庁以外にも販売されました。1982年に一般ユーザー向けのパジェロが登場し、ジープは車種が縮小されました。1996年に防衛庁向けジープが2代目パジェロをベースにした73式小型トラックに切り替わり、ジープは1998年に生産中止となりました。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクション製で2009年発売、メーカーはイクソです。4ドアステーションワゴンのJ30型をモデル化しています。実車の雰囲気が良く再現されていて、フェンダーミラーや灯火類などの細部も良くできています。雑誌付きミニカーとしては、申し分のない出来ばえでしょう。また三菱 ジープの乗用車タイプのミニカーはこれしかないので、車種的に貴重なミニカーでもあります。なお色違いの同じものがFIRST43でも販売されていますが、イクソ ブランドでは販売されていないようです。これ以外の三菱 ジープのミニカーとしては、トミカやトミカ ダンディのJ3R型、エイダイ グリップのJ52型などがありますが、すべてショートホイールベースをモデル化しています。以下はフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像(不鮮明ですが)です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MITSUBISHI JEEP (J30) 1
MITSUBISHI JEEP (J30) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1931

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...76 次へ »