ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

CITROEN GS 1971 FRANCE

CITROEN GS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 193 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.12m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1015cc 56HP 4段変速
性能: 最高速147km/h
データーベースでシトロエン GSのミニカー検索

 

シトロエン GS フランス

 

 上記アミ 8の後継車でより上級な車として、1971年に登場したのがGSでした。ハイドロニューマチック システムを使ったサスペンションとブレーキ、空力に優れたボディなどDSの技術を盛り込んだ高度な内容の車で、シトロエンとして初めてヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。空冷水平対向4気筒1015cc(56HP)エンジンを搭載し、最高速147km/hの性能でした。

 

 翌年には1.2L(60HP)エンジンが追加され、1973年にはロータリーエンジンを搭載したビロトールが追加されました。(ビロトールはほとんど売れてませんが) GSは商業的に成功し、1979年にはボディがハッチバック化され1.3L(64HP)エンジンを搭載したGSAに発展し、1986年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。ソリドの最盛期のものなので、非常に出来がよく、GSの雰囲気の再現ではベストといえるでしょう。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=603

   

CITROEN SM 1970 FRANCE

CITROEN SM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400111024 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.89m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.7L 173HP 5段変速
性能: 最高速222km/h
データーベースでシトロエン SMのミニカー検索

 

シトロエン SM フランス

 

 シトロエンが自社技術を誇示する旗艦として1970年に発表したのがSMで、前輪駆動車として初めて200Km/h以上の高速走行(最高速222km/h)を可能にした高級GTカーでした。DSのハイドロニューマチック システムを進化させた高度なステアリングとサスペンション、マセラティ製のV型6気筒2.7L(173HP)エンジンがその高速走行を可能にしていました。

 

 いかにもシトロエンらしい宇宙船のような未来的なデザインも実に魅力的です。SMをベースにしたフランス大統領府のパレード車が作られるなど、SMはシトロエンの顔としての役割を果たし1975年までに約13000台が生産されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。ソリドの当時物などもあるのですが、SMの最大の外観的特長である特殊な6灯式ヘッドライトをここまで再現しているという点でこのミニカーを選びました。 SMのミニカーだけをまとめたページがありますので、これ以外のSMのミニカーを見たい方はこちらのページをご覧ください。→ シトロエン SMのミニカーのページ

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=604

   

 

CITROEN CX 1974 FRANCE

CITROEN CX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 29 1/43 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.66m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 115HP 5段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでシトロエン CXのミニカー検索

 

シトロエン CX フランス

 

 偉大なDSの後継車として1974年に登場したのがCXです。名前は空気抵抗係数を示す記号CXに因んだ物で、その名の通り空力に優れた滑らかなボディにDS譲りのハイドロニューマチック システムを継承していました。エンジンは4気筒2L(102HP)と2.2L(115HP)でDSとは異なり横置きされており、5段変速で最高速186km/h(2.2L)の性能でした。

 

 1975年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。なおシトロエンは経営不振で1974年にプジョーに吸収合併されており、CXはシトロエン独自設計の最後のモデルでした。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。これも非常に出来がよく、CXの滑らかなボディをよく再現しています。なお当時物としては、スペイン ディンキー(11455)もありますが、何故か少し小さく(1/45?)出来ていて今ひとつです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=605

   

CITROEN CX PRESTIGE 1982 FRANCE

CITROEN CX PRESTIGE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400111400 1/43 117mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 4気筒 2.5L 138HP 5段変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでシトロエン CXのミニカー検索

 

シトロエン CX プレステージ フランス

 

 CXのボディは一見ハッチバックに見えますが、後席背後はハッチではなく独立 したトランクです。またこのリアウインドーが凹面ガラスになっているのもCXの特徴で、空気抵抗を軽減する効果があるそうです。エンジンは2.4L、2.5Lのガソリン、ディーゼルエンジンが追加され、さらにそのターボ仕様もありましたが、いずれも4気筒エンジンでした。

 

ボディはブレーク(ワゴン)、7人乗りのファミリアール、高級仕様のプレステージ、リムジーンが追加され、それらはホイールベースが延ばされていました。1985年にフロント グリルなどを変更した後期型となり、1989年まで製造されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。全長4.9mのプレステージをモデル化していますが、ちょっと長めにデフォルメしてあるようです。クロームモールなどが追加されて高級な感じになっています。(ただワイパーはちょっとデカ過ぎますが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=606

   

 

CITROEN LN 1976 FRANCE

CITROEN LN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 72 1/43 78mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.39m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 602cc 32HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでシトロエン LNのミニカー検索

 

シトロエン LN フランス

 

 DSと2CVは優れた車でしたが、その間を埋める量販車がないシトロエンは1960年代後半にDSと2CVが旧態化すると経営不振に陥りました。また1965年には同様に経営不振だったパナールを吸収合併していますが、経営不振どうしが合併してもうまくいかないものです。結局シトロエンは1974年にプジョーに吸収合併されています。

 

 プジョー グループとなって最初に発表したのはLNでした。LNは旧態化した2CV後継の小型車でしたが、中身は1973年に発売されたプジョー 104 クーペのフロント グリルを変えただけの車でした。エンジンはアミ 8の2気筒602cc(32HP)を搭載していました。1978年には排気量を650ccに拡大しLNAとなり、後にプジョーの4気筒1.1Lエンジンも搭載されましたが、1986年に生産中止となっています。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。実車と同様にミニカーもプジョー104のフロントグリルを変えただけです。シトロエンらしく見えない点?が良く再現されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=607

   

CITROEN H 1968 FRANCE

CITROEN H 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY F25 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 1.6L 45HPなど多種 3段変速など
性能: 
データーベースでシトロエン Hのミニカー検索

 

シトロエン H (アッシュ) バン フランス

 

 商用車ながら自動車の歴史上この車を紹介しない訳にはいきません。シトロエンらしい独創的なデザインで、名前のH(フランス式に発音すると'アッシュ'です)は型式名で、軽荷重用のHZと重荷重用のHY の2タイプがありました。シトロエン十八番の前輪駆動方式で、プラットフォーム型シャーシとトレーリングアーム方式リアサスペンションで、荷室の床は後輪をカバーするだけで完全に平らに出来ました。また車高も高いので、広大な荷室が確保できました。このデザインは後のキャブオーバー型商用車に多大な影響を与えました。

 

  エンジンは当初トラクシオン アバン用の4気筒2Lが使われていましたが、後にディーゼルエンジンも追加されています。ボディーはバンとピックアップの2タイプが原則でしたが、各種貨物車をはじめ救急車、消防車、ポリスカー、マイクロバスなど無数のバリエーションがありました。1947年から1981年までの長期間生産されました。

 

 

  この車は人気があるので、ミニカーもたくさんあります。その中から出来の良い国産品ということで、1979年に発売されたトミカ ダンディの外国車シリーズのHを選びました。パトカーなどバリエーションがたくさんありました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=608

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »