ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

GM OLDSMOBILE 98 STARFIRE CONVERTIBLE 1956 USA

GM OLDSMOBILE 98 STARFIRE CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT UO23 1/43 127mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.3L 200HP 4段自動変速
性能: 最高速175km/h?
データーベースでGM オールズモービルのミニカー検索

 

GM オールズモービル 98 スターファイアー コンバーチブル アメリカ

 

 オールズモービルの98シリーズはオールズモービル ブランドの最上級車で、初代は1941年に登場しています。98シリーズ 4代目が1954年に登場し、その最上級仕様のコンバーチブルにつけられた名前がスターファイアーです。(スターファイアーとは当時のジェット戦闘機の名前にちなんだもの) ちなみにハードトップの名前はホリデイでした。1958年には98のシリーズ名が消えて単にスターファイアーとなりました。

 

 スターファイアーの2代目は1961年に登場し、この世代ではハードトップクーペも追加され、1966年まで生産されました。1975年にスターファイアーの3代目はサブコンパクトカーとして登場します。この車はシボレー モンザの姉妹車で、1980年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは1980年代後半に作られたフランクリン ミント製の1/43で、同社の1950年代シリーズの一台です。ドア/ボンネットが開閉し、エンジン/サスペンション内装も再現されているなどこのシリーズに共通する凝った作りです。ウインドーの枠などが太いですが、これは触っても壊れないよう考慮されているのであって、技術的に細かく作れなかった訳ではありません。この辺の事情は昔のダイヤペットなども同じで、当時のミニカーは簡単に壊れないことなどの制約下で作られていたのです。このような点を考慮すれば、昔のミニカーを一括りにして作りがおおざっぱだったとするのは正しくありません。(もちろん作りが稚拙なものもありますが、全部ではありません)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1699

   

GM OLDSMOBILE TORONADO 1966 USA

GM OLDSMOBILE TORONADO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 933 1/43 125mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.5L 400HP 3段自動変速
性能: 最高速217km/h
データーベースでGM オールズモービルのミニカー検索

 

GM オールズモービル トロネード アメリカ

 

 オールズモービルはアメリカでは最も古い自動車メーカーで1908年にGM傘下となっています。ビュイックに次ぐ中級車で、1950~60年代には先進的なデザインを特徴とするブランドでした。その代表がこのトロネードで、このサイズの車に前輪駆動方式を採用したのは世界初で、またリトラクタブル ヘッドライトを採用した独特のデザインでもよく知られています。

 

 ミニカーはデンマークのテクノ製で、メタルパーツが多いので重量感があるしっかりとした出来映えです。ライト部分が黒色になっていますが、実車ではボディと共色です。また先端の赤いレバーは押すことでボンネットが開くようになっています。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=375

   

 

GM OLDSMOBILE TORONADO 1966 USA

GM OLDSMOBILE TORONADO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO 65 1/43 126mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.5L 400HP 3段自動変速
性能: 最高速217km/h
データーベースでGM オールズモービルのミニカー検索

 

GM オールズモービル トロネード アメリカ

 

 1970年以降のオールズモービルはあまりパッとせず、ユーザー層がかぶるビュイックの姉妹車的なものとなっていきました。残念なことに2004年にはオールズモービル ブランドそのものがGMから無くなってしまいました。

 

 トロネードは見てのとうりのかっこいい車でしたので、当時のコーギーソリド、ポリトーイなどからもミニカーが出ていました。なかでもコーギーのトロネードは私が入手した最初の外国製ミニカーでしたので、この車には格別な思い入れがあります。このミニカーはミニカー付雑誌のはしりであったデルプラド製です。デルプラドのものとしてはプロポーションが良くなかなかの出来映えです。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=376

   

GM OLDSMOBILE 442 1970 USA

GM OLDSMOBILE 442 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ERTL 32105 1/43 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 7.5L 400HP 3/4段手動変速 2/3段自動変速
性能: 
データーベースでGM オールズモービルのミニカー検索

 

GM オールズモービル 442 アメリカ

 

 442はオールズモービル カトラスの最上級車のオプション設定として1964年に登場しました。442とは4バレル キャブレター、4速手動変速機(後で排気量400CI(キュービック インチ)(=6.6L)の4に代わった)、2(デュアル)排気管を意味し、要するに高性能エンジンを搭載した特別仕様車でした。

 

 1968年から1971年の間は独立したモデルとなり、以下のポンティアック GTO同様にGMのマッスルカーとして有名な車でした。なかでも1970年型は442の最高峰といわれ、V型8気筒445CI(7.5L)エンジンは400HPに達し、インディ500のペースカーにもなりました。画像はコンバーチブルですが、ファーストバックのクーペもありました。

 ミニカーはアーテル製ですが、マッチボックスのマッスルカーシリーズの型を使っているようです。プロポーションが良く、フロントグリル、ボンネット上のエアスクープ、派手なタイヤなど実車の雰囲気を良く再現してあります。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=377

   

 

GM PONTIAC LEMANS GTO 1964 USA

GM PONTIAC LEMANS GTO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT RI06 1/43 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.4L 325HP 3/4段手動変速 2/3段自動変速
性能: 
データーベースでポンティアック GTOのミニカー検索

 

GM ポンティアック ルマン GTO アメリカ

 

 ポンティアックはオールズモービルと同じ中級車で50年代までは平凡な車でした。GTOはポンティアック ルマンに高性能エンジン(V型8気筒 6.4L 325HP)を搭載したオプション仕様として登場し、その高性能さで人気となりました。

 

 その後GTOはGM初のマッスルカーとして、ポンティアックの人気車種になっていきました。なおこのGTOの名前の由来は有名なフェラーリ 250GTOにちなんだ物です。

 ミニカーはフランクリンミントの1/43 60年代シリーズです。初代GTOのイメージが良く再現されていると思います。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=378

   

GM PONTIAC GTO 1967 USA

GM PONTIAC GTO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATCHBOX B6924 1/43 124㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.6L 360HP 3/4段手動変速 2/3段自動変速
性能: 
データーベースでポンティアック GTOのミニカー検索

 

GM ポンティアック GTO アメリカ

 

 マッスルカーとは単にエンジンが高性能なだけではなくマニュアル変速機が付き、サスペンション、タイヤなどもスポーツ仕様に変えられていました。また見た目もボンネットのエアスクープなどで違いを誇示していました。

 

 1960年代はこのような高性能を売り物にした車が多かったのですが、1970年代になると排ガスなどの規制が厳しくなり、この手の車はだんだん消えていきました。

 ミニカーはマッチボックスのマッスルカーシリーズです。独特の縦型4灯式ヘッドライトとコーク ボトルラインを採用した1967年型で、ノーズとテールがやたらに長いです。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=379

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...24 次へ »