ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MATRA SPORT MS630 1969?  FRANCE

MATRA SPORT MS630 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS M595 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 3L 385HP 5段変速
性能: 最高速330km/h
データーベースでマトラのミニカー検索

 

マトラ スポーツ MS630 フランス

 

 マトラはモータースポーツを担当するマトラ スポール(スポーツ)を1964年に設立し、フォーミュラカーとプロトタイプスポーツカーのレースに参戦しました。フォーミュラカーではまずF3にMS1で参戦しすぐにF3選手権を制覇し、F2でもMS7などでヨーロッパ選手権を制覇しました。

 1968年から自社製V型12気筒3Lエンジンを搭載するワークスのMS11とフォード コスワース DFV エンジンを搭載するセミワークスのMS10でF1に参戦しました。MS10はJ.スチュアートのドライブでオランダGPでのF1初優勝を含めて3勝し、上位陣として活躍しています。1969年はセミワークスのみの参戦でしたが、11戦で6勝する圧勝で、J.スチュアートのドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオンの2冠を獲得しました。

 

 1969年末にマトラは経営難からクライスラー傘下のシムカと合併し、社名をマトラ シムカに変更しました。これでフォード エンジンが使えなくなり、セミワークスだったマトラ インターナショナルはマトラから独立してティレルとなりました。またワークスは1970年にF1に復帰しますが、成績が振るわず1972年にF1から撤退しました。

 

 

 ルマン制覇を目標にしたプロトタイプスポーツカーレースでは、BRM製V型8気筒2Lエンジンを搭載するMS620で1966年から参戦します。その後1967年にMS630、1968年に自社製V型12気筒3Lエンジン搭載のMS650に発展し1969年ルマンでは4位入賞しました。1970年にMS660に発展し、1972年に登場したMS670はルマンで初優勝し、その後1974年までルマンを3連覇しました。1973年と1974年はメイクスチャンピオンにもなりましたが、1974年をもってマトラはワークス活動から撤退し、技術陣の多くはリジェに移籍しています。

 ミニカーはポリトーイのMシリーズの当時物です。これはオークションで入手した物で、貼られていたゼッケンが剥がされています。MS630は好成績を残したわけではないので、どのレース仕様のモデル化ということはないですが、ロングテールなのでルマン仕様でしょう。実車の平べったいイメージがやや誇張されて再現されています。Mシリーズの後期物ですのであまり凝っていませんが、エンジンなどのメカが再現されています。ポリトーイはMS660もモデル化しています。それ以外の当時物ではソリドのMS10 F1やMS650やMS670などがあります。最近のものでは、イクソのMS670とミニチャンプスのMS670に加えてスパークとビザールがF1やスポーツカーを非常に多くモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1782

   

RENAULT 12 GORDINI 1970 FRANCE

RENAULT 12 GORDINI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1424G 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 125HP 5段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでルノー 12のミニカー検索

 

ルノー 12 ゴルディーニ フランス

 

 1970年に12にゴルディーニ仕様が追加されました。16TS用の1.6Lエンジンを125HPにチューンしたエンジンを搭載し、全輪ディスクブレー キ、5段変速機で最高速は185km/hの性能でした。ただ12は前輪駆動でなおかつエンジン配置やサスペンションなどがスポーツ向きでなく操縦性がいまいちであったことから、大活躍した8ほどの人気がなく、モータースポーツでもあまり活躍していません。

 

 12 ゴルディーニは1975年に生産中止となり、12は後継車18の登場で1980年に生産中止となりました。

 

 

  ミニカーは上記のバリエーションで、バンパーを外し、グリルをブラックアウトし、フレンチブルーの塗装に白いストライプを付けてゴルディーニ仕様としてあります。こちらの方が8のゴルディーニよりかっこよく見えるのですが、実際はあまり活躍していないのです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=583

   

 

CITROEN SM 1970 FRANCE

CITROEN SM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400111024 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.89m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.7L 173HP 5段変速
性能: 最高速222km/h
データーベースでシトロエン SMのミニカー検索

 

シトロエン SM フランス

 

 シトロエンが自社技術を誇示する旗艦として1970年に発表したのがSMで、前輪駆動車として初めて200Km/h以上の高速走行(最高速222km/h)を可能にした高級GTカーでした。DSのハイドロニューマチック システムを進化させた高度なステアリングとサスペンション、マセラティ製のV型6気筒2.7L(173HP)エンジンがその高速走行を可能にしていました。

 

 いかにもシトロエンらしい宇宙船のような未来的なデザインも実に魅力的です。SMをベースにしたフランス大統領府のパレード車が作られるなど、SMはシトロエンの顔としての役割を果たし1975年までに約13000台が生産されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。ソリドの当時物などもあるのですが、SMの最大の外観的特長である特殊な6灯式ヘッドライトをここまで再現しているという点でこのミニカーを選びました。 SMのミニカーだけをまとめたページがありますので、これ以外のSMのミニカーを見たい方はこちらのページをご覧ください。→ シトロエン SMのミニカーのページ

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=604

   

CHRYSLER (SIMCA) 180 1970 FRANCE

CHRYSLER (SIMCA) 180 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 1409 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.52m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 97HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速168km/h
データーベースでクライスラー (シムカ) 180のミニカー検索

 

クライスラー (シムカ) 180 フランス

 

 クライスラー傘下となったシムカは1970年からクライスラーフランスと改名されました。クライスラー傘下で最初に開発されたこの車は、クライスラー160/180として1970年に登場しました。4気筒1.6L(80HP)、1.8L(97HP)エンジンを搭載した後輪駆動の中型車で、最高速168km/h(1.8L)の性能でした。

 

 ボディはクライスラーUK(イギリス)のデザインなのでイギリス車的な雰囲気で、およそフランス車とは思えない車です。1973年にはフランス車としては珍しくオートマチック変速機が標準装備された2L(110HP)エンジンが追加され、1980年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキーが倒産する直前の最後のモデルです。あまりプラスチックのパーツを使わず、プロポーション重視のモデル化をするディンキー(仏)の良さが凝縮された素晴らしい出来映えです。実車はあまり魅力が無いのですが、このミニカーは一見の価値があります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=637

   

 

CHRYSLER (SIMCA) SHAKE BUGGY BERTONE 1970 FRANCE

CHRYSLER (SIMCA) SHAKE BUGGY BERTONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 189 1/43 81㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 85HP 4段変速
性能: 最高速179km/h
データーベースでバギーのミニカー検索

 

クライスラー (シムカ) シェイク バギー ベルトーネ フランス

 

 クライスラー シェイク バギーは1970年のパリ サロンで公開されたコンセプトカーです。デザインはベルトーネでリアエンジンのシムカ 1200Sをベースにしています。ロールバーに取り付けれらたヘッドライトは1969年に発表されたアウトビアンキ ランナバウトのアイデアを踏襲していますが、こちらは当時流行していたデューンバギーのようなダイナミックなデザインとなっています。この車は市販化されませんでしたが、フロントバンパー、露出したリアエンジン部のリヤバンパー、シート背後のスペアタイヤなど実用性や安全性がかなり考慮されたデザインになっています。 

 

 当時のシムカは1963年にクライスラー傘下となっていましたので、この車の名前はクライスラーとなっています。ベースとなったシムカ 1200Sは、シムカ 1000 クーペの排気量を拡大したものでした。シムカ 1000 クーペ(1961年)もベルトーネがデザインしたもので、その関係でベルトーネにこのバギーのデザインが依頼されたようです。なお名前のSHAKEとは振動の意で、ビーチ バギーの動きを意味しているようです。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。ソリドらしいシャープな造形で、実車と同じリアルな不整地用タイヤなど良く出来ています。あまり知られていない車だったので、当時の日本ではミニカーとして人気がなかったようです。ただ欧米ではこの手のバギーは結構人気があったようで、コーギーも当時物ミニカーを出しています。最近のミニカーはないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1817

   

RENAULT 17 TS 1971 FRANCE

RENAULT 17 TS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 196 1/43 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 90HP 5段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでルノー 15/17のミニカー検索

 

ルノー 17 TS フランス

 

 スポーティーカーのフロリードの後継として12をベースにして1971年に登場したのが15と17です。ボディはファースト バックの2ドア クーペのみで、リアはハッチバックではなくトランクリッドがあります。15と17の違いはヘッドライトとリア クオーターで、15が丸形ヘッドライトにルーバーの付いたリア クオーター、15が角形ヘッドライトに全面ガラスのリア クオーターとなっていました。

 

エンジンは15が1.3L(60HP)、17が1.6L(90HP)で、最高速はそれぞれ150/km/h、170/km/hでした。17にはインジェクション仕様エンジンのゴルディーニが1975年に追加されましたが、17、15とも1980年に生産中止となりました。

 

 

 ディンキーが1971年に倒産したので、15、17の当時物はノレブとソリドぐらいしかありません。この17はソリドらしいシャープな出来映えで、実にかっこいいです。なおノレブの15、17は当時物をリファインしたものが2000年以降に出ています。(いま一つの出来の割に高いですが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=584

   

 

ページ  « 前へ 1...32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  ...50 次へ »