ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MASERATI MERAK SS 1975 ITALY

MASERATI MERAK SS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAKURA SUPERCAR 6 1/43? 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.33m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 190HP 5段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでマセラティ メラクのミニカー検索

 

マセラティ メラク SS イタリア

 

 メラクはボーラの廉価版として1972?に登場しました。ボーラと大きさも見た目もほとんど同じで、デザインは同じG.ジュージアーロです。違いはボーラのリアはファーストバック風(リアゲートはない)の大きく開くリアカウルとなっていますが、メラクはノッチバックでリアエンジンフードを持っています。また側面にはファーストバックに見えるようルーフからテールに伸びる柱が付いています。(フェラーリ ディノと同じようなスタイル) この変更でエンジンの放熱が良くなり後方視界も改善されました。エンジンはシトロエン SM用に開発されたDOHC V型6気筒3L(190HP)が搭載され、エンジンが小さくなった分室内が2+2となり、居住性も改善されました。シャーシはボーラがベースですが、シトロエンのハイドロニューマティック方式がパワステにも採用されています。

 

 1975?にマセラティはシトロエン(プジョー)との提携を解消し、デ トマソ傘下となります。同じようなコンセプトのランボルギーニ ウラッコなどに較べると性能的に見劣りするメラクは、1975年に220HPにパワーアップしメラク SSとなります。1976年にはデ トマソの要請でイタリア国内向けのDOHC V型6気筒2L(170HP)エンジンを搭載したメラク 2000GTが追加されます。1983?に生産中止となり、総生産台数は約1800台でした。

 

 

 ミニカーはサクラのスーパーカーシリーズの当時物です。このシリーズは1970年代のスーパーカーブームで生まれたブランドで、10車種ほどが作られました。縮尺は1/43となっていますが、これはやや大きめにできています。当時のミニカーとしては、プロポーションが良くダイキャスト製の凝ったホイールなど良く出来ています。(ライトのリトラクタブル動作ギミック付) 国産品の当時物はトミカ、シンセイ、エーダイ グリップなどもありましたが、外国製の当時物は見当たりません。最近の物では、ミニチャンプスやイクソがあります。

 
 

MASERATI BITURBO 1982 ITALY

MASERATI BITURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400123500 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.15m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: V型6気筒 ツインターボ 2L 180HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでマセラティ ビトルボのミニカー検索

 

マセラティ ビトルボ イタリア

 

 スーパースポーツカーを手掛けてきたマセラティのブランドを使って量産車を売りたいと考えたデ トマソが開発したのがビトルボで1981年に登場しました。当初のビトルボは2ドアのハッチバッククーペで、最上級車のクワトロポルテ IIIを小型化したようなデザインになっています。ビトルボという名前はツインターボの意で、カローラクラスの小型車にV型6気筒2L(185HP)ツインターボ エンジンを搭載したスポーティな後輪駆動車で、内装はクワトロポルテと同じような豪華仕様となっていました。(値段はBMW 3シリーズの1.5倍ぐらい)

 

 2Lエンジンはイタリア国内向けで、1982年に2.5L(185HP)エンジンの輸出仕様が追加され、1983年にインタークーラーを追加してパワーアップ(2.5L 296HP)しました。1983年にホイールベースを延長した4ドアセダンの420(2L)/425(2.5L)が追加されました。1994年にはホイールベースを短縮し2シーターとしたザガート製ボディのスパイダーも追加されました。1988年のマイナーチェンジで、名前からビトルボが外され、2ドアは222/224、4ドアは4.18V/4.24V/430などの名前に変わりました。1994年まで生産され、1992年に後継のギブリ IIに切り替わりました。一時は?間5000台以上売れるなどヒットし、マセラティの経営再建に寄与しました。2.8Lエンジン搭載の上級仕様228、スパイダーのクーペ仕様のカリフ、その高性能版で新開発されたツインターボ DOHC V型8気筒3.2L(325HP)エンジンを搭載したシャマルなど当時のマセラティのほとんどはビトルボをベースとしていました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2006年頃に発売されました。リアルなフロントグリルなどミニチャンプスらしい良い出来映えです。ミニチャンプスはスパイダーもモデル化しています。イクソのクーペとスパイダー、シュコー(ジュニア)のクーペとスパイダーなどもあります。派生車ではKESS MODELのシャマルがあります。

MASERATI COUPE CAMBIOCORSA 2002 ITALY

MASERATI COUPE CAMBIOCORSA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC028 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.89m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.2L 390HP 
 6段変速/6段半自動変速
性能: 最高速285km/h
データーベースでマセラティ クーペ系のミニカー検索

 

マセラティ クーペ カンビオコルサ イタリア

 

 デ トマソはマセラティの株をフィアットに売却し、1993年にマセラティはフィアット傘下となりました。1997年にはフェラーリ傘下となり、ギブリ IIやシャマルを後継する車として3200GTが1998年に登場しました。それまでのビトルボをベースにした車とは異なり本格的なスーパースポーツカーとして設計されました。曲面で構成された現代風の2ドアクーペのボディはイタルデザインによるもので、ブーメランと呼ばれた円弧状のリアライトが特徴でした。エンジンはシャマル用のツインターボ DOHC V型8気筒3.2L(370HP)で、最高速280km/hの性能でした。

 

 3200GTの後継車としてクーペが2001年に登場します。デザインは先代の特徴だったリアライトが変更されていますが、それ以外はほぼ同じです。シャーシは3200GTがベースで、エンジンはフェラーリ F430用をベースにしたDOHC V型8気筒4.2L(390HP)が搭載され、パドルシフトの6段半自動変速仕様はカンビオコルサと命名されました。2002年にホイールベースを短縮した2シータのオープンカー スパイダーが追加され、2004年に400HPにパワーアップしエアロパーツを付けたグランスポルトが追加されました。レース仕様のトロフェオも2003年から設定されました。2007年に後継車のグランツーリスモにモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、2003年に発売されました。イクソは2001年頃にビテス系の新ブランドとして登場し、当初からビテス後期物と同等のハイレベルな出来映えでした。このクーペもフロントグリル周りが実車をうまく再現しており、メータなどの内装もよく再現されています。イクソはクーペ、グランスポルト、トロフェオなど18種類ほどをモデル化しています。イクソ以外ではシュコー ジュニア、マイスト(1/18)などがあります。

 
 

MASERATI QUATRROPORTE V PRESIDENZIALE 2003 ITALY

MASERATI QUATRROPORTE V PRESIDENZIALE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC046 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.05m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.2L 400HP 
 6段変速/6段半自動変速
性能: 最高速275km/h
データーベースでマセラティ クワトロポルテのミニカー検索

 

マセラティ クワトロポルテ V 大統領車 イタリア

 

 マセラティの最上級車 クワトロポルテはシトロエン傘下の1974年に2代目 クワトロポルテ IIが発表されました。シトロエン SMのシャーシにベルトーネデザインの4ドアボディを載せたもので、シトロエンのハイドロニューマチックシステムを採用した前輪駆動車でした。ただこの車はほんの10台ほどが受注生産されただけで1978年に生産中止となりました。

 

 クワトロポルテの3代目 クワトロポルテ IIIがデ トマソ傘下の1979年に発売されました。デ トマソの4ドアセダン ドーヴィルをベースにした車で、デザインはイタルデザインのG.ジウジアーロが1976年に発表されたコンセプトカー メディチ IIのイメージを具体化したものでした。エンジンはDOHC V型8気筒4.1L(255HP)/4.9L(280HP)、4輪独立サスペンション、最高速232km/h(4ドアセダン最速)の性能でした。1986年にはエンジンを4.9L(300HP)に一本化し名前をロイヤルに変更しました。全長を5.56mに伸ばしたリムジンも設定され、約4000台が1990年まで生産されました。

 

 

 クワトロポルテの4代目 クワトロポルテ IVはフィアット傘下の1994年に登場しました。ビトルボの4ドアをベースにしているので、先代よりサイズが小さくなりました。エンジンはギブリ II用のツインターボ DOHC V型6気筒2L(イタリア国内向 287HP)/2.8L(284HP)を搭載し、最高速260km/h(2L)と性能は先代を上回りました。ラ サール製のアナログ時計をコンソールに配した豪華な内装は独特の雰囲気で有名です。1997?にはシャマル用のツインターボ DOHC V型8気筒3.2L(336HP)エンジンが追加され、さらに1998?にフェラーリの技術によりサスペンションなどがリファインされたエヴォルツイオーネにマイナーチェンジされました。2001年まで約2400台が生産されました。

 2003年に5代目のクワトロポルテ Vが登場しました。デザインはピニンファリーナ(日本人デザイナー奥山清行氏)によるもので、イタリア車らしいスポーティな4ドアセダンになっています。エンジンはフェラーリ F430用をベースとしたDOHC V型8気筒4.2L(400HP)で、変速機をリアアクスル部分に置くトランスアクスル方式で前後輪重量配分を最適化し優れた操縦性を得ています。スポーツ仕様のGT/GT S、豪華なエグゼクティブ GTなどが追加されました。2008年のマイナーチェンジでフロントノーズ/グリルや内装の意匠が変更されました。スポーツ仕様として4.7L(430HP)エンジン搭載のS、4.7L(440HP)のGT Sが追加されました。豪華な内装と最新の電子機器を備え、フェラーリの技術でエンジンだけではなく性能/信頼性が向上した5代目は市場から高く評価され、2012年までに約25000台が生産されました。2013年に6代目が登場しました。

 クワトロポルテ IIのミニカーは無かったようですが、イタリアのミニカー付雑誌「Maserati 100 years Collection」がモデル化するようです。クワトロポルテ IIIはミニチャンプス、KESS MODEL、NEOがモデル化しています。クワトロポルテ IVはシュコー ジュニア、NEOがモデル化しています。画像のクワトロポルテ Vはイクソ製で、これは大統領専用車をモデル化しています。(通常仕様やエグゼクティブ GTなどもあります) 全体的には良くできているのですが、ヘッドライトの形状が実車と微妙に違うように見えます。イクソ以外では、ミニチャンプスがマイナーチェンジ後をモデル化しています。

 

ページ  « 前へ 1  2  3