ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

LAMBORGHINI DIABLO 1990 ITALY

LAMBORGHINI DIABLO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1527 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.46m 全幅約2.04m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5.7L 492HP 5段変速
性能: 最高速325km/h
データーベースでランボルギーニ ディアブロのミニカー検索

 

ランボルギーニ ディアブロ イタリア

 

 カウンタックの後継としてディアブロが1990年に登場しました。マルチェロ ガンディーニがデザインしたボディは人気のあったカウンタックを踏襲しており、ドアも同じ跳ね上げ式です。エンジン配置もカウンタックと同じ縦置きのミドシップで、ホイールベースを延長して居住性を向上させています。当初のエンジンはDOHC V型12気筒5.7L(492HP)で、最高速325km/hとカウンタックより早くなっています。

 

 1993年に4WDのVTが追加され、1995年にオープンのVT ロードスターが追加されました。1996年にスポーツ志向のSVが追加され、これをベースにしたレース仕様(540HP)のSVRが限定生産されました。1999年のマイナーチェンジでリトラクタブルヘッドライトが、日産 フェアレディ 300Z(Z32) のヘッドライトを流用した固定式に変わりました。(常時点灯を義務付ける地域対応) 同時に内装も独立したメーターパネルから一体式のフラットなものに変更されました。1999年にもワンメイクレース用のGTRが限定生産されました。最終モデルは6Lエンジンとなりました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。安価ながらミラーやワイパーが別部品となり、この時代としては良い出来映えです。リアパネルが開きエンジンが見えるギミックも付いています。当時物ではマッチボックスのキングサイズ(1/43)、 ポリスティルの1/18、ディテールカーのクーペ/ロードスター(プロトタイプ)などがあります。最近のものではオートアート、ミニチャンプス、京商など非常にたくさんあります。(左のミニカー検索のリンクで一覧できます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1231

   

LAMBORGHINI MURCIELAGO 2001 ITALY

LAMBORGHINI MURCIELAGO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTO ART 54512 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約2.05m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6.2L 580HP 
 6段変速 フルタイム4WD
性能: 最高速332km/h
データーベースでランボルギーニ ムルシエラゴのミニカー検索

 

ランボルギーニ ムルシエラゴ イタリア

 

 ディアブロの後継車としてムルシエラゴが2001年に登場します。デザイン的には従来よりシンプルですが、サイドの大きなエアインテークや跳ね上げ式ドアなどにランボルギーニらしさが残っています。基本的な構造はディアブルと同じで、ディアブルの6Lを拡大したDOHC V型12気筒6.2L(580HP)エンジンを縦置きミドシップ配置していますが、ドライブシャフトの引き回しを変えてエンジン搭載位置を下げています。なおムルシエラゴは全てがビスカスカップリング式センターデフを持つフルタイム4WDで、後輪駆動はありません。

 

 2004年にオープンのロードスターが追加されました。2006年に6.5L(640HP)エンジンを搭載し、トラクションコントロール機能を持つ6段セミオートマチックシステム「e-Gear」を採用した高性能版のLP640が追加されました。 ムルシエラゴをベースにして6.5Lエンジンを搭載したレヴィントンが2007年に20台限定生産されてます。レース仕様のカーボン製ボディのR-GTやRG1などもあります。

 

 

 ミニカーはオートアート製です。オートアートの1/18の出来映えは定評がありますが、1/43でも非常に凝った作りになっています。ミニカーの底板部分には別部品でエンジンが組み込まれ、ドライブシャフトとディファレンシャルギアが右側(画像では下側)にずらして配置されていることが分かります。このように外からは見えない内部のメカ部分も再現するのは1/18に準じた考えでオートアートならではのものでしょう。これ以外ではミニチャンプスのLP640、トミカ、京商の1/64、イクソなどたくさんモデル化されてます。(左のミニカー検索のリンクで一覧できます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1232

   

 

LAMBORGHINI GALLARDO 2003 ITALY

LAMBORGHINI GALLARDO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTO ART 54563 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: DOHC V型10気筒 5L 500HP 
 6段変速/6段半自動変速 フルタイム4WD
性能: 最高速302km/h   
データーベースでランボルギーニ ガヤルドのミニカー検索

 

ランボルギーニ ガヤルド イタリア

 

 「ベビー ランボルギーニ」と呼ばれたウラッコを後継する車として、ガヤルドが2003年に登場しました。ムルシエラゴより一回りサイズが小さいですが、デザイン的にはよく似たスタイルをしています。この車のドアは跳ね上げ式ではなく、通常の横開きです。アルミ製の軽量ボディやアルミ製ブロックのエンジンなど、親会社アウディの技術が設計に大きく関与しています。ムルシエラゴと同じビスカスカップリング方式のフルタイム4WDを採用しており、これはアウディ製ではありません。

 

 当初のエンジンはDOHC V型10気筒5L(500HP)で、ムルシエラゴで採用された6段セミオートマチックシステム「e-Gear」が選択できました。2005年に電動ソフトトップのスパイダーが追加されました。2009年のマイナーチェンジで、5.2L(560HP)の直噴式エンジンを搭載したLP560ー4が登場し、このエンジンはアウディのスーパーカー R8にも使われました。ボディパネルをカーボンファイバーに置き換えて軽量化したスーパーレッジェーラ、570HPエンジンのLP570-4、その改良版LP570-4 スーパートロフェオなどの特別仕様車があります。2013年に後継車ウラカンにモデルチェンジしました。(生産台数約14000台はランボルギーニとしては最多でした)

 

 

 ミニカーはオートアート製です。ムルシエラゴと同様にこれもレベルの高い出来で、エンジンも同じように別部品で再現されています。オートアートは1/18も含めてスーパーレッジェーラ、LP560ー4、イタリアのポリス仕様などもモデル化しています。ミニチャンプス、ノレブ、京商、エブロなどから、スパイダーやレース仕様などたくさんモデル化されています。(左のミニカー検索のリンクで一覧できます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1233

   

LAMBORGHINI REVENTON 2007 ITALY

LAMBORGHINI REVENTON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MT5582N 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約2.06m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6.5L 650HP 6段半自動変速 フルタイム4WD
性能: 最高速340km/h   
データーベースでランボルギーニ レヴェントンのミニカー検索

 

ランボルギーニ レヴェントン イタリア

 

 2007年 ムルシエラゴをベースにした特注車 レヴェントン 登場
 限定20台(価格1億6千万円) ボディデザインはステルス戦闘機をモチーフにしたもの 後に登場するアヴェンタドールの先行試作車的な車 2009年フランクフルトモーターショーでロードスターを公開

 

" ミニカーはマテル製でエリートシリーズという称するマニア向けのものです。最近のマテルのランボルギーニのミニカーの原型はイタリアのレジン製ミニカーのMRコレクション(ルックスマートも同じブランド)が担当しているそうです。確かにこのミニカーはその種のハンドメイドミニカー的な出来上がりになっています。特にリアライト下の開口部のエッチンング材カバーの中には冷却ファンが見えるといった非常に凝った作りです。

 定価5500円ほどのミニカーでここまでやってくれるのはすごいですが、2005年ごろのミニチャンプスにも同じような作りのものが少数ありました。このような取り組みは量産ミニカーでは例外的なものですが、手作業で手間さえかければできるのです。ただこれをコストのかかる手作業に頼るのではなく、技術革新で安く仕上げて量産ミニカーに適用することを考えて欲しいです。(例えば3Dプリンターを使うなど)

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1689

   

 

LAMBORGHINI ESTOQUE 200 2008 ITALY

LAMBORGHINI ESTOQUE 200 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MOC176 1/43 121㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.15m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: DOHC V型10気筒 5.2L 560HP 
 7段半自動変速 4輪駆動
性能: 最高速 不詳   
データーベースでランボルギーニ エストーケのミニカー検索

 

ランボルギーニ エストーケ 200 イタリア

 

 エストーケは2008年のパリ サロンで発表されたコンセプトカーです。ランボルギーニ初のフロントエンジン搭載の4ドアセダンを提案しており、2009年に発売されたポルシェ パナメーラと似たようなコンセプトの車です。発表時点でエンジンなどのパワートレーンは、ガヤルドのものを流用していますが、将来的にはV型12気筒エンジンやV型8気筒エンジンでのハイブリッドを検討しているようです。

 

 この車は発表されてから8年以上経ちましたが、まだ市販化する目途が立っていないようです。新規シャーシを熟成する必要があることと、従来のランボルギーニのユーザー層に4ドアセダンが支持されるかどうかを危ぶんでいることが理由だと思われます。ランボルギーニは従来のユーザー層にも受け入れられそうなSUVのウルス(2012年発表)のほうを先に市販化するようで、2018年に発売予定だそうです。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、2015年に発売されました。エストーケ 200という名前になっていますが、200が何を意味するのかは分かりません。イクソのミニカーとして標準的な良い出来ばえです。ランボルギーニのロゴが付いたステアリングホイールと白/薄緑色の内装、リアライトとリアエンブレムなど細かい部分も結構良く出来ています。値段がレジン製のように高くなく、安定した製造品質で個体差が少ないイクソはお薦めのブランドです。(ダイキャスト製で不良品が少ないことで、値段をそこそこに押さえているのです) エストーケはコンセプトカーですが、既に約十種類のミニカーが出ています。またウルスも既に十種類以上のミニカーが出ています。
データーベースでランボルギーニ ウルスのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1853

   

LAMBORGHINI REVENTON LP700-4 2011 ITALY

LAMBORGHINI REVENTON LP700-4 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MT7429V 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.78m 全幅約2.03m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6.5L 700HP 7段半自動変速 フルタイム4WD
性能: 最高速350km/h 0-100km/h 2.9秒   
データーベースでランボルギーニ アヴェンタドールのミニカー検索

 

ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 イタリア

 

 2011年 ムルシエラゴの後継車 アヴェンタドール 登場
 先行試作車 レヴェントンとほぼ同じボディデザイン エンジンは新設計のV型12気筒 カーボンファイバーモノコック 前後の駆動力を自動配分する4WD マニュアル変速はなくすべて7段セミオートのみ
 2012年 1台だけのオープンの特注車 アヴェンタドール J (イオタ) 制作 量産ロードスター LP700-4 ロードスタ 登場
 2013年 ランボルギーニ創業50周年記念モデル LP720-4 50th アニベルサリオ 登場 世界限定200台
 2015年 750HPにパワーアップした LP750-4 スーパーヴェローチェ(SV) 登場 スーパーヴェローチェにロードスターも追加 

 

 ミニカーはマテル製でエリートシリーズという称するマニア向けのものです。レヴェントンのミニカーの欄で記載したように原型はMRコレクションが担当しているらしいので、このミニカーもなかなか良い出来ばえです。ただリアの開口部などレヴェントンほど凝った作りにはなっていません。1/43ではオートアートもモデル化しており、ドアなどが開閉するフルギミックの意欲的なミニカーです。ミニカーではないですが、最近復活した精密組立てキットのブランド ポケールが600点以上のパーツを組み立てる1/8 超精密モデルを出しています。これは一見の価値があります。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1690

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4   次へ »