ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FERRARI 156 F1 1961 ITALY

FERRARI 156 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R123 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 1.5L 180HP 5段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでフェラーリ 156 F1のミニカー検索

 

フェラーリ 156 F1 イタリア

 

 1961年にF1のエンジン排気量が2.5Lから1.5Lに変わり、前述したディノ 156 F2用のV型6気筒エンジンを搭載する156 F1が1961年に登場しました。主流となったミドシップエンジン方式は1960年のプロトタイプ 246Pを経て、156 F1に正式に採用されました。Vバンク角を65°から120°に広げた低重心エンジン(190HP)も開発されました。156 F1は個性的なフロントノーズの形状から、シャークノーズと呼ばれました。

 

 1961年シーズンはライバルよりエンジンパワーが勝る156 F1が席巻し、参戦した選手権7戦で5勝し、H.ヒルによるドライバーズタイトルとフェラーリ初のコンストラクターズタイトルを獲得しました。なおイタリアGPではW.V.トリップスが観客を巻き込む事故死を遂げ、フェラーリは最終戦アメリカGPを欠場しています。

 

 

 1962年シーズンはライバルのイギリス勢がエンジンをパワーアップして盛り返し、156 F1は苦戦するようになりました。そこでシーズン中盤からサスペンション設定変更やシャークノーズを一般的なノーズに変えるなどの変更を行いましたが、156 F1は1勝もできませんでした。1963年シーズンはボッシュ製燃料噴射を採用してパワーアップし、セミモノコックシャーシ構造を採用したAERO(アエロ)と呼ばれるタイプに変わりました。しかしこの年もロータスなどのイギリス勢が圧倒的に強く、156 F1はドイツGPで1勝(ドライバー J.サーティース)しただけでした。1964年には後継の158 F1が登場していますが、156 F1はオーストリアGPで1勝(ドライバー L.バンディーニ)しています。

 ミニカーはブルム製で、1985年頃発売されました。1961年のオランダGP優勝車(ドライバー W.V.トリップス)をモデル化しています。特徴的なシャークノーズの合わせ目に隙間があるのはいまいちですが、当時のミニカーとしてはそこそこの出来ばえです。ブルムは型番R289の後期型(アエロ)など10種類ほどをモデル化しています。当時の老舗メーカーのコーギー、ソリド、ディンキーが揃ってモデル化しているのは、156 F1の人気が高かったことを示しています。最近のものではイクソ、カルツォ、マテルなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1729

   

FERRARI 158 F1 1964 ITALY

FERRARI 158 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R290 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 1.5L 210HP 6段変速
性能: 最高速270km/h
データーベースでフェラーリ 158 F1のミニカー検索

 

フェラーリ 158 F1 イタリア

 

 156 F1の後継として158 F1が1964年に登場しました。156 F1後期型がベースで、エンジンはV型8気筒1.5L(210HP)で、ボッシュの燃料噴射を採用しています。ノーズ左右のNACAダクトと空色に塗られたホイールが外観上の特徴です。(鋳造マグネシウム製ホイールは酸化されやすく強度保持の塗装が必要) バンク角180度(水平対向)のV型12気筒エンジン(225HP)を搭載する1512 F1も同時に開発されました。このエンジンは後の365 BBなどのミドシップ スポーツカーで使われたエンジンのベースとなりました。

 

 1964年シーズンはフェラーリ、ロータスBRMの3チームが競う展開でした。J.サーティースのドライブでドイツGPとイタリアGPで2勝し、オーストリアGPでは156 F1が1勝し、フェラーリはドライバーとコンストラクターの2冠を獲得しました。なおフェラーリは競技運営上のトラブルで競技ライセンスを返上した為、終盤のアメリカGPとメキシコGPでは、ワークスではないアメリカのNARTチームとして参加しています。 1965年シーズンはロータス 33が圧倒的に強く、フェラーリ 158は1勝もできませんでした。

 

 

 ミニカーはブルム製で、1999年頃発売されました。1964年のイタリアGP 優勝車(ドライバー J.サーティース)をモデル化しています。ブルムもこの頃には、エンジン部分などまずまずの出来ばえに仕上げています。ブルムはアメリカのレースチームが使ったカラーリングが赤ではない158など6種類をモデル化しています。それ以外では、イクソ、マテルなどがあります。なお1512 F1のミニカーは無いようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1730

   

 

FERRARI 312 F1 1967 ITALY

FERRARI 312 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R255 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 3L 360HP 5段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでフェラーリ 312 (F1)のミニカー検索

 

フェラーリ 312 F1 イタリア

 

 1966年からF1の排気量が3L(過給1.5L)に変わりました。それに対応した312 F1が1966年に登場しました。エンジンはプロトタイプスポーツー カー275P2用のV型12気筒3.3Lを3Lに変更したもので、シャーシはエンジンを構造部材としないセミモノコックを採用していました。1966年シーズンはベルギーGPとイタリアGPで優勝し、コンストラクタータイトルは2位(1位はブラバム)でした。

 

 1967年シーズンは後半にエンジンを3バルブ化して390HPにパワーアップしましたが、ドライバーの事故が相継いだこともあり、1勝もできませんでした。 1968年シーズンにはリアスポイラーを装着するマシン(ロータス 49B)が登場し、312 F1/68もエンジンの上にスポイラーを装着するようになりました。その後スポイラーは油圧可変式に進歩していきました。この年もフランスGPで1勝しただけで、成績はふるいませんでした。

 

 

 1969年はエンジンをさらにパワーアップしましたが、信頼性が低くトラブルが多発しました。スポイラーは前後ハイマウント式が開発されましたが、安全性の問題からモナコGPからは高さの低い固定式に規制されました。この年はリタイヤが多くオランダGPの3位が最高の成績でした。

 1967年にロータスが初採用した小型軽量で信頼性の高いフォード コスワース DFVエンジン(V型8気筒3L)はF1用エンジンとして多くのコンストラクターに採用されました。このエンジンに対抗してフェラーリはVバンク角を180度にした新開発のV型12気筒エンジン(450HP 通称ボクサー)を開発し、それを搭載した312B F1が1970年に登場します。Vバンク角を広げたことで重心が下がりマシンの操縦性が向上した312B F1は、シーズン後半で4勝し、コンストラクタータイトルでロータスに次ぐ2位となりフェラーリは復活を遂げました。その後312B F1は312B2、312B3と改良され、1975年に312T F1に発展しました。

 ミニカーはブルム製で、1996年頃発売されました。1967年のイタリアGP 出場車(ドライバー C.エイモン)をモデル化しています。当時のミニカーとしては、結構良い出来ばえでした。ブルムは最初のスポイラー付ハイマウント式スポイラー付規制後の低いスポイラー付の312から312B、312 T5まで、約50種類をモデル化しています。(バリエーションが多いのはブルムの特徴です) 当時物ミニカーとしてはソリド、ポリトーイ、ディンキーなどがあります。当時もの以外では、カルツォ、ミニチャンプス、マテル、イクソなどたくさんあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1731

   

FERRARI 250 LM 1965 ITALY

FERRARI 250 LM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BOX MODEL 8445 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: V型12気筒 3.3L 305HP 5段変速
性能: 最高速290km/h
データーベースでフェラーリ 250 LMのミニカー検索

 

フェラーリ 250 LM イタリア

 

 1950年代後半のF1では、クーパーのミドシップエンジン方式がその優位性を示していました。フェラーリは156 F1で採用したミドシップエンジン方式を、レース用スポーツカーでは1961年にディノ 246 SPで採用しました。ディノ 246 SPはV型12気筒3Lエンジンを搭載する250Pに発展します。250Pは1963年のセブリング、ルマンなどで優勝し、マニュファクチャラー チャンピオンを獲得しています。

 

 250 GTOの後継車として、250Pをベースにしてルーフと内装を付けたGTカー仕様の250 LMが1963年に開発されました。しかし250 LMはGTカークラス認証に必要な台数が生産できず、プロトタイプクラスとなりました。なお250 LMは最初の1台は3Lエンジンを搭載していましたが、それ以外は3.3Lエンジンだったので275 LMとも呼びます。250 LMは1965年のルマンで優勝しています。250Pは1964年に275P(3.3L)/330P(4L)に発展します。275Pは1964年セブリング、ニュルブルクリング、ルマンで優勝しています。

 

 

 ミニカーはボックス モデル製で、1988年頃に発売されました。1965年のアメリカのブリッジ ハンプトン 500㎞で8位となった車をモデル化しています。ボックス モデルは現在のベスト モデルの前身ですが、このころからイタリア製スポーツカーの出来ばえは抜群でした。今見るとホイールなどの出来がやや安っぽいですが、当時はこれが普通でした。ボックス モデルには数種類のバリエーションがあります。当時物のミニカーでは、コーギー、ポリトーイマーキュリーがあります。それ以外ではベスト モデル、Bブラーゴ、マテルなどがモデル化しています。250P/275Pのミニカーはイクソ、ジョリー、アートモデルなどがあります。
データーベースでフェラーリ 250P/275Pのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1732

   

 

FERRARI 330 P3 1966 ITALY

FERRARI 330 P3 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R160 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 4L 420HP 5段変速
性能: 最高速320km/h
データーベースでフェラーリ 330Pのミニカー検索

 

フェラーリ 330 P3 イタリア

 

 前述した275P/330Pは改良され、1965年に275/330 P2となりました。エンジンはDOHC化によりパワーアップし、F1で採用したアエロと呼ぶセミモノコック構造シャーシを採用、標準でスパイダー形式のボディは低くなり前後のフェンダーが大きく膨らむスタイルとなりました。275/330 P2は1965年のモンザ、タルガフローリオで優勝しますが、ルマンでは250 LMが優勝したものの330 P2は全車リタイアしています。

 

 1966年に330 P2は改良されて、330 P3となりました。改良点はエンジンのパワーアップ、FRP樹脂製ドアやアルミ合金ボディによる軽量化、ヘッドライトの2灯化などです。ボディはより低くなりフェンダーの起伏も大きくなり、ダイナミックで美しい330 P3のスタイルが完成しました。1966年はモンザとスパで優勝しますが、ルマンではフォード GT40が優勝しフェラーリは全車リタイアしています。

 

 

 ミニカーはブルム製で、1988年頃発売されました。1966年スパの優勝車をモデル化しています。ノーズ先端位置が高くヘッドライト形状が異なるなどフロントの造形が似てないので、出来ばえはあまり良くありません。ブルムには330 P4も含めてバリエーションが数種類あります。330 P3の当時物ミニカーとしてソリドがあり、最近のものではバン(BANG)などがモデル化しています。330Pのミニカーはアート モデル、330 P2のミニカーはボックス モデル、ベスト モデルなどがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1733

   

FERRARI 330 P4 1967 ITALY

FERRARI 330 P4 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JOUEF 7203 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 4L 444HP 5段変速
性能: 最高速320km/h
データーベースでフェラーリ 330 Pのミニカー検索

 

フェラーリ 330 P4 イタリア

 

 1966年ルマンでの330 P3の全車リタイアの雪辱を果たすため、330 P4が開発されました。外観は330 P3とほとんど同じですが、ルマンで問題があったブレーキの冷却性向上、ZF製ギヤボックスを自社製に変更、エンジンのパワーアップなどの改良が行われました。ワークスの330 P4のバックアップとして、プライバーター向けに330 P3の改良版412P(当初は330P3/4と呼ばれた)も製作されました。
データーベースでフェラーリ 412Pのミニカー検索

 

 このように万全の態勢で臨んだフェラーリの1967年シーズンは、まずデイトナで330 P4(412Pも含む)が1-2-3フィニッシュで優勝し、その後のモンザでも勝利します。この状況に脅威を感じたフォードはルマン用にGT40 MK IVを準備します。ルマンではフォードが序盤を優勢にすすめ、後半にフェラーリが食い下がりましたが、結局GT40 MK IVが優勝し330 P4は2、3位となりました。この年のプロトタイプ スポーツカー選手権はフェラーリが獲得しています。今と違って当時のフェラーリは中小企業レベルでしたから、大企業フォードを相手によく善戦していました。

 

 

 ミニカーはジョエフ製の精密さを売りものにしたシリーズの1台で、1992年頃発売されました。ドアやリアカウルが開閉し、エンジンやシャーシが再現されています。エンジンやサスペンションは1/43とは思えないほどリアルで、素晴らしい出来ばえです。ただキャビン部分が大きめで車高が高めになっている為、プロポーション的にいまひとつなのが惜しいです。330 P4のミニカーは当時物ではポリトーイ、マーキュリー、メーベトイなどがあり、最近の物ではバン(BANG)、ブルムなどがあります。なお330 P4のシャーシを使ったピニンファリーナのスタイリング実験車 250 P5をポリトーイとディンキーがモデル化しています。

 以下はジョエフの330 P4の室内部分とエンジン部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 330 P4 1
FERRARI 330 P4 2

以下はポリトーイとメーベトイ(#24ゼッケン付)の330 P4の当時物ミニカーです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 330 P4 1
FERRARI 330 P4 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1734

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »