ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FACEL VEGA FV 1955 FRANCE

FACEL VEGA FV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC091 1/43 109mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.5L 180HP 4段変速
性能: 最高速186km/h

 

ファセル ヴェガ FV フランス

 

 ファセル社は第二次大戦前の1939年に実業家ジャン ダニノによって家具や工作機械のメーカーとして設立され、戦後は自動車 メーカーからの委託でボディ生産を行っていました。特に上述のパナールのアルミボディはファセルの収入源でしたが、パナールがボディを内製化したので、ファセルは1954年からその製造設備で自社ブランドの高級車ファセル ヴェガの製造を始めました。

 

 主たる市場は北米で、かつての超高級車ブガッティやドラージュの伝統を背景にした華麗なデザインのボディに、当時最強であったクライスラーのV型8気筒エンジン(4.5L 180HP)を搭載していました。元々家具メーカーだったので、内装などの仕上げは高級で、高性能エンジン搭載で動力性能も高かったようです。ただ操縦性やブレーキ性能に関してはあまり期待できなかったようです。

 

 

 このFVは最初に作られたモデルで、全長が4.6mほどの大型の2ドアクーペです。当時の高級スポーツカー ベンツ 300SLあたりを彷彿させるデザインになっていますが、クロームモールの使い方などがフランス風の感じになっています。

 ミニカーは2005年発売のイクソ製です。このFVが量産品としてモデル化されたのは、これが初めてのはずです。イクソの標準的な出来映えですが、カラーリングなどこの車のイメージをよく再現しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=627

   

RENAULT DAUPHINE 1956 FRANCE

RENAULT DAUPHINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO 47 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 845cc 32HP 3段変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでルノー ドーフィンのミニカー検索

 

ルノー ドーフィン フランス

 

 1956年に4CVの上級車としてドーフィンが発表されました。基本的な構造は4CVを踏襲し、サイズを大型化し装備を充実させた4ドアセダンでした。エンジンも845cc(32HP)と大きくなり、最高速も115km/hに向上しました。ドーフィンは1968年まで生産され、200万台を超える大ヒットとなりました。

 

その半数は輸出され、アメリカではフォルクスワーゲン ビートルに次ぐ輸入車となりました。またモンテ カルロ ラリー(1958)で優勝するなどレース、ラリーでも大活躍し、高性能版のゴルディーニ(35HP 125km/h)もありました。

 

 

 見た目が地味なので、実車が偉大な割りにはミニカーで人気がない車です。これはデルプラド製で、世界の自動車シリーズのなかでは良くできている一品です。なおイクソやノレブからラリーバージョンが出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=573

   

 

PEUGEOT 403 1956 FRANCE

PEUGEOT 403 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC107 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 57HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプジョー 403のミニカー検索

 

プジョー 403 フランス

 

 1955年に203の後継車403が登場します。基本的な構成は203と同じですが、フェンダーを一体化したフラッシュサーフェースの近代的なモノコックボディで一回り大きくなりました。4気筒1.5L(57HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速度135km/hの性能でした。デザインはプジョーらしいごくオーソドックスなものです。

 

 1958年には電磁式自動クラッチを採用した変速機が追加され、翌年には当時としては珍しい1.8L(48HP)のディーゼルエンジンが搭載されました。

 

 

 当時物ミニカーとしてはディンキー、ソリッド、キラルなどがありますが、いずれもかなり古いもので持っていません。画像は2007年発売のイクソ製です。ボンネットの先端に付いているライオンのマスコットがそれらしく再現されているなど、細かいところまで良くできています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=615

   

ALPINE RENAULT A106 MILLE MIGLIA 1956 FRANCE

ALPINE RENAULT A106 MILLE MIGLIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CIJ 3/50 1/43 81mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 747cc 43HP 5段変速
性能: 最高速153km/h

 

アルピーヌ ルノー A106 ミッレ ミリア フランス

 

  ルノーのディーラーを経営していたジャン レデールは、ルノー4CVをチューンした改造車でラリーなどで活躍し、ルマンにまで出場しました。彼は1955年にアルプスにちなんだ名前のアルピーヌ社を創設し、アルピーヌのプロトタイプは1955年のミッレ ミリアで750ccクラス優勝を果たしました。翌年4CVにFRP製のボディを搭載した軽量スポーツカーA106 ミッレ ミリアが市販されました。

 

 ボディはミケロッティのデザインによる2座クーペで、エンジンはノーマルの倍の43HPにチューンされ、足回りは強化され、最高速度は153km/hの性能でした。アルピーヌはルノーのバックアップを受け、自国のスポーツカーとしてフランスでの地位を確立させていきました。

 

 

 ミニカーはフランス CIJの当時物です。50年も前に作られた古いミニカーで室内はがらんどうですが、実車の雰囲気は感じられると思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=640

   

 

TALBOT LAGO T14 LS 4.5L 1956 FRANCE

TALBOT LAGO T14 LS 4.5L 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO ALTAYA Nos ch?res voitures d'antan 55 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 4.5L 150HP 4段変速
性能: 最高速200km/h (2.5Lエンジン)
データーベースでタルボ ラーゴのミニカー検索

 

タルボ ラーゴ T14 LS 4.5L フランス

 

 タルボは元々イギリスとフランスに工場があった大衆車メーカーでした。タルボはサンビーム、ダラックと合併し1919年にSTDグループを形成します。STDグループは財政難から1935年にイギリスのルーツグループに吸収され消滅しました。STDグループのフランス工場はアンソニー ラーゴに買収され、こちらはタルボ車の販売を続け第2次大戦後はタルボ ラーゴという名前になり、高級スポーツカーを1960年まで生産していました。

 

 1946年に新開発のDOHC 6気筒4.5L(170HP)エンジンを搭載した大型車T26 レコードが登場、翌年にはボディを小型化した高性能版T26 グラン スポール(GS)が登場しました。これらは戦前のドラージュ/ドライエのようなコーチビルダーがボディを架装する高級車でした。T26のレース仕様T26Cは1949年ベルギーGP優勝、1950年ルマン優勝などで活躍し、タルボ ラーゴの名声を高めました。 1955年に新開発のDOHC 4気筒2.5L(120HP)エンジンを搭載した2シータークーペ T14 LSが登場しましたが、この車はほとんど売れずタルボ ラーゴの最後のモデルとなりました。タルボ ラーゴ ブランドは1959年にシムカに売却されました。

 

 

 ミニカーはフランスのミニカー付雑誌「Nos cheres voitures d'antan」(英訳:Our dear Cars of Yesteryear)シリーズ(Vo.55)の物でメーカーはイクソです。イクソの別ブランドWHITE BOXでは2014年に発売されてます。ミニカーの名前に4.5Lが付いているので、T26の4.5Lエンジンを搭載したT14 LSをモデル化しているのでしょう。ミニカーの出来ばえは、雑誌付きミニカーの標準的なレベルです。フランス車らしいブルーのボディに黄色いライトで、実車の雰囲気が良く再現されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1701

   

CITROEN DS 19 1957 FRANCE

CITROEN DS 19 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 691 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシトロエン DS 19のミニカー検索

 

シトロエン DS 19 フランス

 

 2CV同様その独特のスタイルと独創的な技術で知られるシトロエンのDSシリーズは1955年に発表されました。2CVは人々を唖然とさせましたが、DSはその未来的なデザインで人々を圧倒しました。当時宇宙船と称されたボディのデザインは2CVをデザインしたシトロエン社のフラミニオ ベルトーニによる物です。特にグリルのない低く尖ったフロントや後ろにいくほど低く狭まったリアの流線型の造形は当時としては最も進んだ空力設計でした。

 

 DS/IDの実車写真を見ると、屋根がボディと異なる色になっている物が多いですが、、DS/IDの屋根は薄い色がついたFRP製でした。したがって屋根の色がボディと異なるのは標準仕様だったようです。(ルーフ後端の赤丸は方向指示器です) この種の進歩し過ぎたデザインの車はそのほとんどが商業的には失敗してしますが、DSは発表当日に1万台以上を受注して大成功しています。2CVの成功もそうですが、これはフランスならではのことだと思います。

 

 

 シトロエンは私の好きな自動車メーカーです。(現在のシトロエンはDSやCXが健在だった頃に比べると、際立った個性がなくなりましたが、これは時代の流れで仕方ないことです) シトロエンのなかでもDSは特に好きな車ですので、ミニカーも結構たくさん持っています。昔のミニカーなので最近の物ほどリアルではないですが、ビテス初期のDSは好きなミニカーです。(50年以上も昔の車のミニカーがあまりリアルなのは、個人的に少し違和感を感じますので) プロポーションが良く、灯火類などの細かいところもそこそこよく出来ています。これ以外にもビテスはDS/IDを40種類ほどモデル化しています。以下でDS/IDの実車とミニカーについて、他の車よりも詳しく説明しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=596

   

 

ページ  « 前へ 1...23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  ...50 次へ »