ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

DELOREAN DMC-12 1981 USA

DELOREAN DMC-12 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 24000 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.85L 150HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでデロリアンのミニカー検索

 

デロリアン DMC-12 アメリカ

 

 GMの副会長であったジョン ザッカリー デロリアンが、自分の理想の車を作るために1975年にデロリアン モーター カンパニー(DMC)を設立しました。1975年にイタルデザインのG.ジウジアーロがデザインしたDMC-12のプロトタイプが発表され、実際に製品化されたのは1981年でした。ロータスが設計に協力していて、同社の得意とするバックボーンフレームにFRP製ボディーを載せる構造です。プジョー/ルノー/ボルボが共同開発したPRV型V型6気筒2.85Lエンジンをリアに搭載しています。ガルウイング式ドアと未塗装ヘアライン仕上げのステンレスパネルを張ったボディが特徴でした。

 

 発売初年度に約6500台が販売されましたが、高額(約1600万円)だった故販売不振となり、DMCは資金繰りの悪化で1982年に倒産しました。総生産台数は約8000台でした。ここまでなら不運な車ということで終わりでしたが、1985年の映画「Back to the Future」でタイムマシンを搭載した車に採用され、この映画の大ヒットとともにデロリアンはたちまち有名になりました。映画はパート3まで制作され、すべてにデロリアン改造車が登場することで今でも人気のある車です。2012年にはDMC-12を電気自動車化したDMCEVが開発されています。

 

 

 ミニカーはビテス製です。実車のステンレスパネルを模したボディや可動するガルウイング式ドアなど凝った作りで、かなり良い出来ばえです。ビテスはパート1から3の改造車も全てモデル化しています。ビテスの親会社のサンスターも1/18でモデル化しています。それ以外ではミニチャンプス、コーギーの1/36映画仕様、アオシマの映画仕様、WELLYの1/24映画仕様、マテルの1/18映画仕様などたくさんあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1750

   

WILLYS MB JEEP 1942 USA

WILLYS MB JEEP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
国産名車コレクション 238 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.36 m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 2.2L 60HP 3段手動変速(2段副変速付)
性能: 最高速105km/h
データーベースでジープのミニカー検索

 

ウィルス MB ジープ アメリカ

 

 第二次世界大戦中のドイツ軍のキューベルワーゲンの活躍に注目したアメリカ陸軍は小型4輪駆動車の開発を自動車メーカーに依頼します。小型車開発経験がないGMやフォードは対応出来ず、小型車メーカーのバンタム社が設計した試作車が採用されることになりました。バンタム社の生産能力を危惧した陸軍は、2次試作車をバンタム社、ウィルス社、フォード社に設計させ、最終的に採用されたのがウイルス社のMA型でした。フロントグリルにフォード社のデザインを採用したMB型が量産仕様で、フォード社も生産能力を評価されてGPW型として生産を行いました。この車はジープと呼ばれ、1942年から実戦配備されました。

 

 はしご型フレームに前後ともリーフスプリングで吊ったリジットアクスルという頑丈な構造に、簡易なオープンボディを載せたジープのスタイルはその後のこの種の軍用車のお手本となりました。なおジープの4輪駆動は滑りやすい路面でのみ4輪駆動に切り替えるパートタイム方式でした。第二世界大戦中にウイルス MB型とフォード GPW型のジープは約60万台生産されました。戦後もアメリカでは後継のCJ型が生産され、フランスのオチキスや日本の三菱自工などでもライセンス生産されました。当初のジープという名前は俗称でしたが、後にウィルス社が商標登録し、現在はクライスラー社のブランドです。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクションの物でメーカーはイクソだと思います。イクソは系列にVICTORIAという軍用車専門のブランドがあり、そちらのジープはウインドースクリーンが別パーツで、スコップやアンテナが付いているなど仕上げのレベルが上がっています。ジープのミニカーは多くのミニカーメーカーが手掛けていて、様々なバリエーションがあります。三菱のジープはトミカ、ダイヤペット、エーダイ、国産名車コレクションなどがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1342

   

 

GM HUMMER H1 PICKUP UNITED NATION 1992? USA

GM HUMMER H1 PICKUP UNITED NATION 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VICTORIA R004 1/43 109mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約2.2m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.5L ターボ ディーゼル 195HP 4段自動変速 4WD
性能: 最高速135km/h
データーベースでハマー/ハンヴィーのミニカー検索

 

GM ハマー H1 ピックアップ 国連 アメリカ

 

 軍用ジープの後継車としてHMMWV(High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle:高機動多用途装輪車)又はハンヴィー (HUMVEE)と呼ばれる多目的軍用4WD車が1985年に登場しました。開発と生産はアメリカン モーターズの商用車部門を前身とするAMゼネラル社が担当しました。ホイールハブに減速ギヤを組込むハブリダクション方式で車高を高くし悪路走破性を高めています。また室内からタイヤ空気圧を可変できる装置もついています。貨物/兵員輸送車や野戦救急車、機関銃やTOW対戦車ミサイルを搭載した車両など様々な仕様があり、世界中の軍隊で使用されています。

 

 ハンヴィーの民生仕様として1992年からGM ブランドで販売されたのがハマー H1です。(生産はAMゼネラル社) この民生化はハマーを自家用車としていた俳優のアーノルド シュワルツェネッガーの要望で行われたとのことです。ハンヴィーと構造は同じでエンジンはV型8気筒6.2Lディーゼルを搭載し、幌/ハードトップ付のフルオープン、ピックアップトラック、4ドアワゴンなどがありました。1994年にエンジンが6.5Lに変わり、1995年にV型8気筒5.7Lガソリン、1996年に6.5Lターボディーゼルが追加されました。2005年にはエンジンが新しい6.6Lターボディーゼル(300HP)に変更され名前がH1 アルファとなりましたが、排ガス対策が困難になり2006年に生産中止となりました。

 

 

 シボレー タホをベースにしてデザインをハマー H1に似せたハマー H2が2002年に登場しました。ボディの大きさはH1とほぼ同じで、V型8気筒6L(239HP)ガソリンエンジンを搭載しています。一般的なSUVと同じ構造の4WD車なので、H1のような悪路走破性はないですが、キャディラック エスカレードなどと同じ高級なSUV車として人気があったそうです。ピックアップトラックのH2 SUT(Sport Utility Truck)やボディを延長したストレッチ リムジン仕様があり、2010年まで生産されました。
 シボレー コロラドをベースにしてH2を一回り小型化したH3が2006年に登場しました。当初は5気筒3.5L(164HP)エンジンを搭載していましたが、2007年にV型8気筒5.3L(295HP)エンジンに変わり名前がH3 アルファに変わりました。2008年には時期型としてHX コンセプトが発表されましたが、市販化には至りませんでした。H3も2010年に生産中止となり、ハマーブランドは消滅しました。

 ミニカーは旧ビテス グループの軍用車ブランドのビクトリア製で、1998年に発売されました。ハマー H1 ピックアップの国連仕様をモデル化しています。この車の特徴である幅広い車幅がミニカーでも良くわかります。またシャーシやサスペンションもある程度再現してあり、当時のミニカーとしてはそこそこ良くできています。ビクトリアは救急車など別仕様のハマーを数種類モデル化しています。これ以外のH1のミニカーは、ソリド、ジク、ジョニー ライトニング(1/64)などがあります。H2やH3もトミカ、マイスト、ノレブ、スパークなどでたくさんモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1855

   

MACK R SERIES SEMI-TRAILER TRUCK 1965 USA

MACK R SERIES SEMI-TRAILER TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 1100 1/48? 257mm トラクター単体185㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約12m? 全幅約2.5m
エンジン 変速機: 6気筒11L-8気筒16.4L ガソリン/ターボ ディーゼル 200-400HP 10段変速/自動変速など
性能: 最高速 不詳
データーベースでマック トラックのミニカー検索

 

マック R シリーズ セミトレーラー トラック アメリカ

 

 ビンテージ期のAC型 トラックの欄で記載したように戦前のマック トラックはその頑丈さでベストセラーのトラックでした。戦後になるとピータービルト、ケンウォース、フレイトライナーなどのアメリカ新興メーカーやボルボダイムラーなどの欧州メーカーが市場に参入し、マックを取り巻く環境は厳しくなりました。1980年代にはボルボがアメリカの老舗トラックメーカー ホワイトと提携するなど、トラック メーカーの世界的な再編が起こりました。その流れでマックもフランスのルノーが資本参加し、1990年にルノー トラック傘下となりました。また2001年にはそのルノー トラックもボルボ トラックの傘下となりました。

 

 以下 マック トラックの主要なモデルの概要メモです。
1940年に登場したLシリーズは1956年まで生産されました。
1953年にLシリーズの後継となるBシリーズが登場し、マックとして最も成功したモデルとなりました。
1962年にキャブオーバー型の2代目Fシリーズが登場し、1981年まで生産されました。(その後もMHシリーズなどのキャブオーバー型がある)
1965年にBシリーズを後継するRシリーズが登場し、Rシリーズには全輪駆動のRMや軽量型のRLなどバリエーションがあり、改良型のRBは2005年まで生産されました。
1977年にRシリーズの豪華版?のスーパーライナーが登場し、1993年まで生産されました。
1988年に高速道路用のCHシリーズが登場しました。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、1971年に発売されました。1965年に登場したRシリーズのセミトレーラーをモデル化しています。1/48ですが、それでも全長257㎜の大きなサイズとなっています。実車に即したリアルで面白いギミックを盛り込んだ、コーギーらしい素晴らしい出来ばえです。(当時約65000台も売れています) 以下そのギミックを簡単な動画にしてみました。(画像をクリックすると簡易動画に変わります) 最初の画像はトラクター単体です。次はボンネット開閉動作で、キャブの左下にある赤いレバーを押すとボンネットが開き、エンジンが見えます。3枚目はトレーラー単体で、側面のスライドドアとリアドアの開閉動作です。最後はトラクターとトレーラーの連結動作で、トレーラーを押し込むだけでロックされます。ロックはトレーラー前端左下にあるレバーを引くことで解除します。子供が乱暴に扱っても簡単には壊れないよう頑丈に出来ているのが、当時のミニカーの優れたところです。コーギーはレッカー車仕様、コンテナ仕様、タンクローリー仕様もバリエーションとして出しています。
データーベースでピータービルトのミニカー検索 データーベースでケンウォースのミニカー検索 データーベースでフレイトライナーのミニカー検索

MACK TRACTOR
MACK TRACTOR ENGINE
MACK TRAILER
MACK SEMI-TRAILER CONECTION

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1869

   

 

SPIRIT OF AMERICA FORMULA SHELL LSRV SPEED RECORD JET CAR 1997 USA

SPIRIT OF AMERICA FORMULA SHELL LSRV SPEED RECORD JET CAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCALEWORKS   1/43 310㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約13.7m 全幅約2.5m
エンジン 変速機: ジェットエンジン(ファントム戦闘機)  
性能: 最高速 1088km/h(1997年記録)
データーベースで速度記録車のミニカー検索

 

スピリット オブ アメリカ フォーミュラ シェル LSRV 速度記録車 アメリカ

 

 自動車の絶対的な性能の基準として最高速度があります。自動車の創世記から速度記録への挑戦が行われてきました。最初に時速100㎞/hを超えたのはジェナッツィ ジャメコンタント号という電気自動車でした。初期の自動車は電気モータや蒸気エンジンを使った車が、内燃機関(ガソリン エンジン)の車より高性能だったのです。

 

 1947年から国際自動車連盟(FIA)により、速度記録を1マイルの平均時速とするなどレギュレーションが決められました。速度記録車を走行させるには平坦で広大な敷地が必要で、良く使われているのはアメリカのボンネビル ソルトフラッツ(ユタ州ソルトレイクシティの郊外にある広大な塩湖)です。戦前のドイツではアウトウニオン 速度記録車がアウトバーンなどの公道で速度記録を達成していました。国産車の速度記録としてはマツダ RX-7のGTカークラス速度記録やスバル レガシィの10万㎞耐久速度記録などがあります。

 

 

以下に比較的良く知られている速度記録車と速度記録をリストアップしました。

 ミニカーはアメリカのSCALEWORKS製で、2000年にオークションで購入しました。スピリット オブ アメリカの3代目フォーミュラ シェル LSRV(ドライバーはクレイグ ブリードラブ)をモデル化しています。この車は2代目ソニック 1と同じファントム戦闘機のジェットエンジンを搭載した3輪の速度記録車でした。1996年に速度記録に挑戦しましたが、1970年のブルー フレイムの速度記録1001.67㎞/hを超えられず記録は残せませんでした。1997年の再挑戦では1088km/hを出したようですが、イギリスのスラスト SSCの記録1227.99km/hを更新することはできませんでした。

 実車が全長13.7mと長いので、ミニカーも全長310㎜と大きくダイキャスト製なので重量感があります。特徴的なジェット機のような細長い胴体がリアルに再現され、実車同様たくさんのデカールが貼られています。SCALEWORKSは2代目ソニック 1も1/43でモデル化しています。速度記録車のミニカーですが、上述した有名な速度記録車のほとんどがモデル化されています。特にウエスタン モデルやビザールのモデルが多いです。以下はフロント/リアの拡大画像と全体を3分割した拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
SPIRIT OF AMERICA FORMULA SHELL LSRV SPEED RECORD JET CAR 1
SPIRIT OF AMERICA FORMULA SHELL LSRV SPEED RECORD JET CAR 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1920

   

 

ページ  « 前へ 1...14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24