ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

HONDA VAMOS 4 1970 JAPAN

HONDA VAMOS 4 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43776 1/43 71mm

 

ホンダ バモス 4 日本

 

 TN360をベースにしたオープンカーの軽トラック バモス 1970年 登場  ちなみに正式名称は バモスホンダ

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷 2気筒 360cc 30HP 4段変速
性能: 最高速90km/h
データーベースでホンダ バモスのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1590

   

HONDA Z 1970 JAPAN

HONDA Z 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY D02-1 1/38 80㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷2気筒 354cc 36HP 5段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでホンダ Zのミニカー検索

 

ホンダ Z 日本

 

 N360をベースにして軽初のスペシャリティカーとして1970年に登場したのがZでした。傾斜したウインドシールドを持つクーペスタイルはホンダ内製のデザインだったそうですが、実にグッドデザインです。樹脂枠の付いたテールゲートの形状から水中めがねと呼ばれました。N360と同じ空冷2気筒354cc(31-36HP)エンジンで、4/5段変速、最高速120km/hの性能でした。

 

 最上級仕様のGSには軽初の5段変速、前輪ディスクブレーキ、ラジアルタイヤが標準装備されるなど、それまでの軽とは一線を画していました。1971年にN360後継のライフが登場すると、ベースがライフとなってホイールベースが延長され、エンジンが水冷に変更されました。1974年に後継車なきまま生産中止となりました。N360同様に空冷600ccエンジンを搭載した輸出仕様の600 クーペ(Z600)が、欧州や北米に輸出されています。

 

 

 画像はトミカ ダンディの当時物で、1972年に発売されました。1/38と中途半端なスケールですが、かなり良い出来に仕上がっています。これ以外の国産の当時物は無く、当時の軽自動車は人気があった車でもあまりミニカー化されていません。なお出来はあまり良くないですが、イタリアのポリトーイが輸出仕様の600 クーペを1/43と1/25でモデル化しています。イタリアのミニカーメーカーがモデル化したということは、イタリアでZが注目されていたということの証しです。最近の物では京商のポリストーン製、エブロ、コナミの小スケール、国産名車コレクションなどがあります。トミカ リミッテドあたりでも是非モデル化してもらいたいです。 以下はエブロのZ GS(型番43659)の画像です。Zのミニカーではこれが一番出来が良いと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

HONDA Z 1
HONDA Z 2

 以下は国産名車コレクションの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA Z 1
HONDA Z 2

 以下はポリトーイの1/43(型番E38)と1/25(型番S14)の画像です。どちらもポリトーイ流のデフォルメのやりすぎで、実車のプロポーションから外れていますが。。。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA Z 1
HONDA Z 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1055

   

 

HONDA LIFE 1971 JAPAN

HONDA LIFE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 69 1/43 72mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 2気筒 360cc 30HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでホンダ ライフのミニカー検索

 

ホンダ ライフ 日本

 

 NIIIの後継車としてライフが1971年に登場します。良くも悪くもN360で打ち立てた高性能路線から方針を大転換し、快適性や居住性を重視した車に変わりました。エンジンは静粛性を考量した新設計のバランサーシャフト付水冷2気筒360cc(21-30HP)エンジンに切り替わり、ホイールベースを延長し4ドアを追加するなど居住性を向上させていました。4段変速で最高速105km/hの性能でした。

 

 ハッチバックドア付の3ドアワゴン/バンが追加され、1972年には派生車種としてキャブオーバー式のステップバンが追加されます。1973年にはピックアップ式のトラックも追加されました。ライフはその後のホンダ乗用車の基礎を固めた車でした。1972年に発売されたシビックが大ヒットした為に生産能力の問題から軽自動車生産を中止し、ホンダは1974年に軽市場から一時的に撤退しました。

 

 

 当時物のミニカーとしては、ダイヤペットのチェリカ100シリーズ(1/30)があります。画像は国産名車コレクションの物で、ノレブ製と明記されている初期物です。プロポーションが良く丁寧な仕上げでこのシリーズの中ではかなり良い出来です。ステップバンとピックアップをエブロがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1056

   

HONDA CIVIC 1500 GF 1974 JAPAN

HONDA CIVIC 1500 GF 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1346 (G16) 1/40 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 70HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでホンダ シビックのミニカー検索

 

ホンダ シビック 1500 GF 日本

 

 1300での失敗を糧にして設計され、1972年に登場した小型車がシビックでした。前述したライフを大型化したような構成で、ヨーロッパ風の2ボックス スタイルは当時の国産車では新鮮なイメージがありました。4気筒1.2L(60HP)エンジンを搭載し、4輪ともストラット式の独立懸架、4段MTで最高速145km/hの性能でした。当初の2ドアセダンにハッチバック 3ドア(GL)が直ぐに追加されました。

 1973年に独自開発の排ガス対策CVCC方式を採用した1.5Lエンジンが追加され、ホイールベースを延長した4ドアセダンが追加されました。1974年にはスポーツ仕様の1200RS(76HP)が追加され、翌年には1.5Lの1500RSLに変わりました。1974年に5ドアの商用バンも追加されました。

 

 横置エンジンの前輪駆動車として経験を積んだことで、操縦性などの問題が解消され居住性等のメリットが発揮されました。従来の国産車の概念を越えたことで大ヒットした傑作車でした。アメリカの排ガス規制(マスキー法)にもいち早く対応し、アメリカ市場など輸出先でも成功しました。

 

 

 人気車ゆえミニカーはたくさんあります。画像はダイヤペットの当時物で、5ドアの実車のイメージが良く再現されています。ただこの頃から採用され始めたプラ製のホイールが安っぽく見えるのが、いまひとつです。そのほかの当時物ではダイヤペットのチェリカ100(1/34)、トミカの初期型GL、トミカ ダンディのCVCC 3ドア、エイダイ グリップの1500RSLなどがありました。最近の物ではエブロのGL/1200RSや、国産名車コレクションの1200RS、トミカ リミッテドのGL、コナミの1200RS、京商サークルKの1200RSなどがあります。 以下はエブロの3ドア GL(型番43297)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

HONDA CIVIC 1500 GF 1
HONDA CIVIC 1500 GF 2

 以下はダイヤペットのチェリカ100(型番100-2 1/34)の画像と国産名車コレクションのRSの画像です。チェリカ100はあまり良い出来ではないです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
HONDA CIVIC 3
HONDA CIVIC RS

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1057

   

 

HONDA ACCORD COUPE CVCC 1976 JAPAN

HONDA ACCORD COUPE CVCC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1390 (G53) 1/40 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.13m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 80HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでホンダ アコードのミニカー検索

 

ホンダ アコード クーペ CVCC 日本

 

 シビックの大ヒットで、シビック ユーザー向けの上級車として1976年に登場したのがアコードでした。シビックのハッチバックを発展させたデザインで、前述したライフ/シビックと見比べるとデザインの連続性がよく分かると思います。シャーシ構成もシビックがベースで、シビック用を拡大した1.6L(80HP)エンジンを搭載し、2段AT/4段MT速で最高速145km/hの性能でした。素性の良いシビックをリファインしたことで好評でした。

 

 1977年にリアにトランクを追加した4ドアセダンが追加され、1978年のマイナーチェンジでエンジンが1.8L(90HP)に切り替わりました。1979年にATが3段となり、1980年にはヘッドライトが角形4灯式に変わりました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、全体的にややごつい感じですが、実車のイメージがそこそこ再現されています。トミカとトミカ ダンディでも初期の3ドアがモデル化されています。最近の物ではエブロが初期の3ドア、ノレブが国産名車コレクションとルミノ ブランドで4ドアセダンをモデル化しています。このノレブの4ドアセダンは車種的に珍しい物で、なかなか良い出来映えです。以下は国産名車コレクションの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

HONDA ACCORD COUPE CVCC 1
HONDA ACCORD COUPE CVCC 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1058

   

HONDA PRELUDE 1978 JAPAN

HONDA PRELUDE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1489 (G118) 1/40 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.09m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 90HP 5段変速 2段自動変速
性能: 最高速154km/h
データーベースでホンダ プレリュードのミニカー検索

 

ホンダ プレリュード 日本

 

 プレリュードはホンダの高級スペシャリティカーとして1978年に登場しました。ノッチバックのクーペはシビック、アコードのホンダ流に沿ったなかなかいいデザインです。アコードの4気筒1.8L(90HP)を搭載し、2段AT/5段MTで最高速154km/hの性能でした。あまり高性能ではないですが、FF車ながら操縦性は優れていたそうです。スピードメーターとタコメーターが同心となった集中ターゲットメーター、日本車初の電動サンルーフ、ABS、4WSなど先進的な装備を採用していました。

 

 1979年にATがオーバードライブ付3段となり、1980年のマイナーチェンジでエンジンが触媒付CVCC IIに変わりました。生産台数の8割が輸出されたことから、国内よりも海外で高く評価された車でした。

 

 

 画像はダイヤペットの当時物ミニカーで、プロポーションが良くボンネット上のグリルなど細かいところも良くできている秀作です。初代プレリュードの国産ミニカーは現在でもこれしか無いようです。(トミカも作っていません) なおイギリスの老舗コーギーが、1/36と中途半端なサイズながらそこそこのできばえのミニカーを出しています。また最近ではNEOがモデル化していることからも、海外での評価が高かったことがうかがえます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1059

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9   次へ »