ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MAZDA FAMILIA ROTARY COUPE 1968 JAPAN

MAZDA FAMILIA ROTARY COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 173 1/40 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.83m 全幅約1.43m
エンジン 変速機: 2ローター 491X2cc 100HP 4段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでマツダ ファミリアのミニカー検索

 

マツダ ファミリア ロータリークーペ 日本

 

 1967年ファミリアは2代目に切り替わります。丸みを帯びたボディに角型ヘッドライトはフォード タウナスのような感じで、なかなか斬新なデザインでした。当初は4ドアセダンに4気筒1L(58HP)エンジンで、4段変速で最高速135km/hの性能でした。

 

 翌年には1.2Lエンジンが追加され、さらに10A型ロータリーエンジン(100HP)を搭載した2ドアクーペが、2台目のロータリーエンジン搭載車として登場しました。このロータリークーペは最高速180km/hと俊足で、加速性能もスポーツカー並みでした。1970年には1.3L(87HP)エンジンを追加して、ファミリア プレストに発展しています。ファミリアは1973年にボディを大型化し丸型ライトを採用した 3代目に切り替わり1977年まで生産されました。マツダの大衆車としての基礎を固めた車でした。

 

 

 1969年に発売された4ドアセダンのロータリーTSSが我家の最初のマイカーでしたので、この車には思い入れがあります。私が最初に運転した自家用車がこの車で速い車でしたが、加速するとノーズが持ち上がりハンドルが軽くなったことを覚えています。(当時の国産車は操縦安定性以前のレベルでした)

 ミニカーはダイヤペットの当時物です。マツダディーラーで実車販促用ノベルティとして使われたクロームメッキ仕様のミニカーがあり、これは自動車メーカーとタイアップしたミニカーとしては最初の物と思われます。メーカー承認の販促品と言うことで、プロポーションやフロントグリルなど当時の物としては良くできています。最近ではエブロがロータリークーペをモデル化しており、1970年のスパ フランコルシャンで総合5位となったレース仕様車もモデル化しています。エブロの型の流用で国産名車コレクションからもモデル化されています。以下はエブロのロータリークーペとそのスパ フランコルシャン レーシングカー仕様です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA FAMILIA ROTARY COUPE 1
MAZDA FAMILIA ROTARY COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1015

   

MAZDA LUCE ROTARY COUPE 1969 JAPAN

MAZDA LUCE ROTARY COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 198 1/40 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.59m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 2ローター 655X2cc 126HP 4段変速 前輪駆動
性能: 最高速190km/h
データーベースでマツダ ルーチェのミニカー検索

 

マツダ ルーチェ ロータリー クーペ 日本

 

 3台目のロータリーエンジン搭載車としてルーチェ ロータリークーペが1969年に登場しました。この車は1967年の東京モーターショーで展示されたプロトタイプRX87をベースにした市販車でした。ルーチェのイメージを踏襲していますが、中身は全くの別物です。この車のために新設計された13A型ロータリーエンジン(655ccX2 126HP)を搭載し、サスペンションは4輪独立で、マツダとして初めて前輪駆動方式を採用した特別設計の高性能スペシャルティーカーでした。4段変速で最高速190km/hの性能でした。

 

 当時のマツダのイメージリーダーカーとして実にかっこいい車でした。エアコン、パワステ、レザートップといった豪華装備を備えたスーパーデラックスは175万円とコスモを凌ぐ高価格でした。3年間で約1000台ほどしか生産されていませんので、実車は数回ほどしか見たことがありません。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物です。ノーズ部分が大きめで尖りすぎ、車高が高いなどいまいちのところもありますが、プロポーションはそこそこ良くできています。ダイヤペットは全く別の型を起こして型番220でもモデル化していて、そちらはレザートップを模した塗装などかなり違った出来ばえとなっています。2005年頃にコナミの絶版名車コレクション(1/64)でモデル化され、トミカではまずメーカー特注非売品として作られ、その後トミカ リミッテドで発売されています。2007年に国産名車コレクションでもモデル化されました。 以下はダイヤペット(型番220)の画像です。ドアの下に見える底板部のボタンを押すとドアが開くというギミックが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA LUCE ROTARY COUPE 1
MAZDA LUCE ROTARY COUPE 2

 以下は国産名車コレクション(ノレブ製)の画像です。少し車高が高いような気もしますが、フロントグリル、フェンダーミラー、ホイールなどの細部もリアルに仕上げられていて、非常に良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA LUCE ROTARY COUPE 3
MAZDA LUCE ROTARY COUPE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1016

   

 

MAZDA CAPELLA ROTARY COUPE (RX-2) 1970 JAPAN

MAZDA CAPELLA ROTARY COUPE (RX-2) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 219 1/40 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.15m 全幅約1.58m
エンジン 変速機: 2ローター 573X2cc 120HP 4段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでマツダ カペラのミニカー検索

 

マツダ カペラ ロータリークーペ (RX-2) 日本

 

 ルーチェとファミリアの間を埋める車として、カペラが1970年に登場しました。カペラ用に新設された12A型(573ccX2 120HP)ロータリーエンジン搭載車と、4気筒1.6L(100HP)レシプロエンジン搭載車がありました。4ドアセダンと2ドアクーペがあり、流行のコークボトル ラインを取り入れたセンスの良いかっこいいデザインでした。「風のカペラ」という愛称どおりの高性能な車で、ロータリーエンジン搭載車は4段変速で 最高速190km/h(当時は180㎞/h速度制限はなかった)、加速性能はコスモと同等でした。

 

 1971年のマイナーチェンジで、ロータリー初のATであるREマチックが追加されました。その際に角形2灯ヘッドライトのクーペもセダンと同じ丸形4灯ヘッドライトに変更されました。1971年頃がロータリーエンジン車の全盛期で、年間に6万台ほどが生産されました。カペラのロータリーエンジン搭載車の輸出仕様は、RX-2という名前が付いていました。

 

 

 ミニカーは最近までダイヤペットの当時物とトミカの初期物だけしかなく、どちらもクーペでした。画像はダイヤペット製で角形2灯ヘッドライトをつけた初期型クーペ、キャビン部分がやや大きめながらカペラの美しいラインをそこそこ再現されています。2011年に国産名車コレクション(ノレブ製)からクーペがモデル化されました。プロポーションが良くフロントグリルやホイールなど細部もかなり良い出来ばえです。実車発売当時のイメージカラーであった鮮やかなオレンジ色も当時を思い起こさせます。(できればセダンをモデル化して欲しかったですが) FIRST43から同じ型を使った色違いがでています。 以下は国産名車コレクションの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA CAPELLA ROTARY COUPE (RX-2) 1
MAZDA CAPELLA ROTARY COUPE (RX-2) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1017

   

MAZDA SAVANNA GS-X (RX-3) 1971 JAPAN

MAZDA SAVANNA GS-X (RX-3) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 292 1/40 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.07m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 2ローター 491X2cc 105HP 4段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでマツダ サバンナ RX-3のミニカー検索

 

マツダ サバンナ GS-X (RX-3) 日本

 

 ファミリア (プレスト)の上級車として1971年にグランド ファミリアが登場し、その姉妹車としてロータリーエンジンを搭載するサバンナが同時に登場しました。サバンナは丸型4灯、グランド ファミリアは角形2灯で前後グリルのデザインが変えてあり、サバンナは全般的にスポーティになっていました。サバンナにはセダンとクーペがあり、1972年にはスポーツワゴンが追加されました。

 

 エンジンは当初は10A型(105HP)が搭載され、4段変速で最高速180km/h(クーペ)、前輪ディスクブレーキを装備していました。1971年の日本GPでスカイライン GT-Rの連勝を止めたレース車(10A搭載)をベースにして、12A(125HP)エンジンを搭載したGTが1972年に追加されました。この車はカローラ レビンのような硬派の高性能スポーツ車でした。1973年のマイナーチェンジでグリルの意匠を変えた後期型となっています。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、実車(前期型)の雰囲気が良く再現された傑作です。トミカの当時物はGTをモデル化しています。最近のものでは全てクーペですが、京商が1/43と1/64で数種類、エブロが後期型、国産名車コレクションが前期型を出しています。また小スケールではトミカ リミッテド、コナミ、カプセル Mテックなどがあります。さらに最近ではハイストーリーのスポーツワゴン、イグニッションモデルの後期型、京商のレース仕様、スパークのルマン仕様などがモデル化されていて人気があります。

 以下はエブロの後期型(型番LV-N01a 1/64)と国産名車コレクションの前期型の画像です。前期型と後期型のフロント/リアの違いが良くわかります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA SAVANNA GS-X (RX-3) 1
MAZDA SAVANNA GS-X (RX-3) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1018

   

 

MAZDA LUCE CUSTOM GR (RX-4) 1972 JAPAN

MAZDA LUCE CUSTOM GR (RX-4) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1124 (G12) 1/40 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.24m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 2ローター 573X2cc 130HP 5段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでマツダ ルーチェのミニカー検索

 

マツダ ルーチェ カスタム GR (RX-4) 日本

 

 ルーチェの2代目は1972年に登場しました。初代の品の良いデザインから一転して、アメリカ車風の派手なデザインとなりました。バンパーとグリルを一体化したバンパーグリルはこの時代の国産車(クラウンMS60やマークIIなど)に流行ったデザインです。 当初は4ドアセダンとファーストバックの2ドアハードトップ、1973年にワゴンが追加されました。

 

 当初エンジンは12A(130HP)のロータリーだけで、AP(Anti Pollusion)と称する低公害エンジンが設定されていました。ハードトップのGSIIは5段変速で最高速190km/hの性能でした。1973年にはレシプロの4気筒1.8L(100HP)と13B(135HP)ロータリーが追加されました。1975年に後期型にマイナーチェンジされ、フロントが変更されています。

 

 

 1973年にオイルショックが起こり原油価格が高騰し、燃費の良くないロータリーエンジン車が売れなくなりました。私の最初のマイカーがこのルーチェ ハードトップの中古車でした。中古で初期のロータリーエンジンでしたので、とてつもない加速力があり、その分ガソリンとオイルを食いました。(冬場の最悪燃費は3km/Lで、当時のガソリンは120円/Lぐらい) 良くも悪くも色々な思い出のある懐かしい車です。

 画像はダイヤペットの当時物です。ダイナミックなボディデザインをかなり良く再現してあり、これもダイヤペットの秀作です。(ダイヤペットが販促用のシガレットケース型のハードトップを作っていてそれも持ってます) 当時物としてはトミカもあり、こちらは後期型のセダンです。実車は結構人気が有ったと思うのですが、これ以外のミニカーは無いようです。どこかで私のマイカーだった濃緑メタリックのハードトップ GSIIを1/43のダイキャストでモデル化してくれませんか 即2台ほど買いますけど。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1019

   

MAZDA ROADPACER 1974 JAPAN

MAZDA ROADPACER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 126 1/43 114mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.89m
エンジン 変速機: 2ローター 654X2cc 135HP 3速自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでマツダ ロードペーサーのミニカー検索

 

マツダ ロードペーサー 日本

 

 トヨタ センチュリーや日産 プレジデントといった最高級車市場にマツダはロードぺーサーで1975年に参入しました。ただ一から自社開発するのはマツダには荷が重く、この車はオーストラリアのGM ホールデン社から輸入した車(PREMIER プレミア 実車画像)を改造した物でした。内外装を高級に仕上げ、13B型エンジン(135HP)にジャトコ(日本自動変速機)製の3速自動変速機を組み合わせて、最高速は165km/hでした。

 

 低回転域でのトルクに難があるロータリーエンジンはこの手の高級車には不向きなこともあって、この車はあまり出来が良くなかったようです。1979年の生産中止までに約800台ほどしか生産されていません。結局国内の最高級車市場の牙城は崩せなかった訳です。

 

 

 1970年代にマツダはロータリーエンジンでのフルラインナップを計画しており、ロードペーサーもその一環でした。軽自動車でもシャンテに搭載する予定でしたが、さまざまな事情で実現しませんでした。オイルショックが起こるまでは、ロータリーエンジン車は輝いていたのですが。。。

 ミニカーは国産名車コレクション(イクソ製)の最近の物です。このシリーズの中でも、かなり出来の良い部類に入るミニカーです。ただ実車がほとんど知られていないので、あまり欲しい人はいないでしょう。当時物としてはトミカ ダンディがモデル化しています。(多分販促用に作ったのだと思います) スケールが1/49と中途半端ですが、当時物としてはかなり良い出来です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1020

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »