ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

TRIUMPH HERALD COUPE 1959 UK

TRIUMPH HERALD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 231 1/44 89mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.89m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 4気筒 948cc 35HP 4段変速
性能: 最高速124km/h
データーベースでトライアンフ ヘラルドのミニカー検索

 

トライアンフ ヘラルド クーペ イギリス

 

 2輪車メーカーとして成功したトライアンフ社は1923年に4輪車に進出しました。第二次大戦前はモータースポーツで活躍するなどしてスポーティなブランドとして知られていましたが、1939年に一度倒産しています。その後1945年にスタンダード社がトライアンフ社を買い取り、トライアンフ スタンダード社となりました。

 

 そのスタンダード社は、1903年に設立された自動車メーカーで、戦前はナイン、テン、トゥエルブなど小型車から中型車までを販売していました。名前どうりの堅実で地味な会社で、日本ではあまり知られていません。戦後のスタンダード車としては、中型車のバンガードが一番有名でディンキーやコーギーのミニカーがあります。戦後のトライアンフは小型車やスポーツカーを担当し、親会社のスタンダード社を上回る業績を上げています。

 

 

 スタンダードの戦前型のエイトやテンを刷新する小型車として、1959年に登場したのがヘラルドでした。ミケロッティのデザインによる軽快なボディーに、全輪独立懸架といった先進的な車でした。エンジンは4気筒948cc(35HP)、4段変速で最高速124km/hという性能でした。2ドア セダン、クーペ、コンバーチブル、ワゴンとボディ バリエーションが多く、エンジンも1.2L、1.3Lが追加され、1971年まで12年間も生産されました。

 ミニカーはコーギーの当時物でクーペのモデルです。ツートンカラーで実車の雰囲気が良く出ています。このミニカーの最大の見せ所はボンネットが前方に大きく開くことです。この開閉機構は非常にしっかり出来ていて、この時代のメカ設計のレベルが高いことがよく分かります。なおセダンはディンキーがモデル化しています。
 
 

FORD ANGLIA 1959 UK

FORD ANGLIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 155 1/48 82㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 38HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでフォード アングリアのミニカー検索

 

フォード アングリア イギリス

 

 1959年にアングリアは新型(105E型)に切り替わります。それまでのオーソドックスなデザインから、アメリカ車(スチュードベーカー)的なフロントやクリフカット(リアウインドーが通常とは逆の傾き)のルーフなど、個性的なデザインが採用されました。このクリフカットは当時の流行で、マーキュリー、シトロエン アミ 6、マツダのキャロルなどにも見られるデザインです。新開発の4気筒1L(39HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速120km/hの性能でした。なお姉妹車のプリフェクトはエンジンが新型に切り替わりましたが、ボディはそのままで1961年まで生産されました。

 

 1962年には上級車コルチナの1.2L(48HP)エンジンを搭載した高性能版のスーパーが追加されました。1968年に後継車エスコートに切り替わるまでに約130万台が生産され、ベストセラーの小型車として大成功しました。最近では映画「ハリーポッター」の空飛ぶ車として有名になりました

 

 

 ミニカーはディンキーの当時物で、縮尺が1/48なので小さいです。古いミニカーなので素朴な出来映えですが、実車のイメージは良くとらえています。当時物としてはスポットオンもモデル化しています。また映画で有名になったことで、最近バンガーズなどからたくさんモデル化されています。

MG MGA MK I 1600 1959 UK

MG MGA MK I 1600 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI D732/1 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 72HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでMG MGAのミニカー検索

 

MG MGA MK I 1600 イギリス

 

 TF型の古典的なボディを一新し、近代的な流線型ボディを採用したMGAは1955年に登場しました。外観は斬新ですが、中身はTFと同じラダーフレームを採用した古典的な構造でした。エンジンは4気筒1.5L(72HP)で、4段変速で最高速160km/hの性能でした。当初はオープンのロードスターだけでしたが、1966年にハードトップのクーペが追加されました。

 

 1958年にツインカム(DOHC)1.6L(79HP)エンジンを搭載する高性能版が追加され、1961年にはOHV1.6L(86HP)エンジンを搭載するMK IIに発展しました。1962年までに約10万台が生産され、その半数はアメリカ市場などに輸出されました。

 

 

 ミニカーは1980年代に復活した新生コーギーのもので、1990頃に販売されたものです。多分高性能版の1600のモデルで、一応当時のマニア向けミニカーですので、プロポーションは悪くなくそこそこの出来映えです。最近のミニカーでは、バンガーズやオックスフォードのものがあります。

 
 

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1959 UK

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY 150 1/48 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約1.96m
エンジン 変速機: 6気筒 4.9L 140HP 4段自動変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー レイスのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー レイス イギリス

 

 標準ボディが設定されたシルバー ドーンとは違い、シルバー レイスはコーチビルダーが個別にボディを架装する伝統的な高級車でした。日本の皇室も1959年に天皇陛下の御料車として購入しています。排気量を4.6L、4.9Lに拡大し、ロールス ロイスの最上級車として後継車のファントム Vが登場する1959年までに約1700台が生産されました。なお1977年にシルヴァー シャドウがシルヴァー シャドウ IIにモデルチェンジした際に、そのロングホイールベース版がシルヴァー レイス IIと名付けられ、名前が復活しています。

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物です。1959年頃に発売されていますので、シルバー レイスの最終版をモデル化しています。室内が再現されていませんので中身は空っぽですが、実車の雰囲気がよく再現されたディンキーの傑作です。ちなみにミニカーで最初に室内を再現したのは同時期のコーギーで、1960年頃のミニカーには真空成型したプラスチックでシートを表現した室内が付いていました。

 シルバー レイスのミニカーはこれ以外ではスポットオンの当時物ぐらいしかなかったのですが、最近になって数種類レジン製でモデル化されました。シルバー ドーンのミニカーも少なくて、ウエスタンモデル(ホワイトメタル製)などしかありません。
データーベースでロールス ロイス シルバー ドーンのミニカー検索

 

 

AUSTIN FX4 TAXI 1960 UK

AUSTIN FX4 TAXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 418 1/47 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: ディーゼル 4気筒 2.2L 54HP 3段自動変速
性能: 最高速95km/h
データーベースでロンドン タクシーのミニカー検索

 

オースチン FX4 タクシー イギリス

 

 FX3の後を引き継いだのがFX4で、1958年に登場しました。FX3同様のセパレートフレーム構造ながら、コーチビルダーのカーボディーズ社が担当したボディは近代的になりました。ドアが付いた運転席の左側は依然として荷物スペースでしたが、暖房や照明が付けられた室内の乗り心地は向上しました。初期のFX4DはBMC製の4気筒2.2L(54HP)ディーゼルエンジンを搭載し、3段オートマティックで最高速95km/hの性能でした。

 

 1961年にオースチンの2.2Lガソリンエンジンとマニアル ミッションを搭載したFX4Gが追加されましたが、経済的なディーゼルエンジンのFX4Dが主流でした。オースチンはFX4のライセンスをカーボディーズ社に譲渡し、1982年からはカーボディーズ社のブランドで改良されたFX4Rに発展しました。FX4Rにはローバー製の2.2Lディーゼルエンジンが採用され、5段変速機やパワステなどの最新装備が搭載されていました。

 

 

 その後カーボディーズ社はタクシー総合管理会社LTI(ロンドン タクシー インターナショナル)社の一員となり、LTIからは1985年にFX4S、FX4Qが登場しました。1989年には日産製の2.7L(86HP)ディーゼルエンジンを搭載しサスペンションを改良した最終型のフェアウェイが登場しました。約55000台が生産され1997年に生産中止となりました。現在はフェアウェイの後継のTX1の発展型TX4となっています。

 FX4は40年近く続いた一番有名なロンドンタクシーですから、ミニカーも新旧たくさんあります。画像はコーギー製で初期型は1960年に発売されていますが、これは1971年に再生産されたものなのでホイールがフリーホイールになっています。イギリスを象徴する車としてセット物や記念品の特注仕様品が非常にたくさん出ています。
 
 

JAGUAR 3.8L (MK II) 1960 UK

JAGUAR 3.8L (MK II) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 072D 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 220HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速201km/h
データーベースでジャガー MKのミニカー検索

 

ジャガー 3.8L (MK II) イギリス

 

 1959年にMK Iの改良版MK IIの3.8Lが登場しました。外観はほとんど同じですが、窓枠部分が細くなりウインドーが広がり近代的なキャビンとなっています。またMk IXに搭載されていた3.8Lエンジン(220HP)が追加され、リアトレッドの拡大など操縦安定性が改良されました。パワーステアリングや3速自動変速機の設定もありました。

 

 1960年にジャガーは業績の悪化したディムラーを吸収合併しました。1962年にはMK IIのフロントグリルなどを変え内装を豪華にしたデイムラー版の2.5Lが登場しました。こちらはデイムラーのV型8気筒2.5L(140HP)エンジンを搭載し、自動変速機仕様のみで最高速183km/hの性能でした。1960年代中頃になると売り上げが低迷したため、値段を下げるべく1967年にコストダウンを主体としたモデルチェンジがが行われました。この変更でMK IIは240/340に、デイムラーは250に切り替わり1969年まで生産されました。1963年にはMK IIの発展型のSタイプが登場しています。

 

 

 ミニカーはビテス製で、1996年頃の発売でした。プロポーションが良く、フロントのジャガーのマスコットなど細かいところも良く再現されています。バリエーションとして、デイムラーもモデル化されていました。

 

ページ  « 前へ 1...11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  ...37 次へ »