ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA COLLORA FIELDER (E120) 2000 JAPAN

TOYOTA COLLORA FIELDER (E120) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
M-TECH T-02-C 1/43 102㎜

 

トヨタ カローラ フィールダー E120型 日本

 

 カローラ 9代目 2000年 登場 カローラ フィールダー 初代 2000年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 136HP 5/6段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h (リミッター制限)
データーベースでトヨタ カローラのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1481

   

TOYOTA COROLLA RUNX (E120) 2001 JAPAN

TOYOTA COROLLA RUNX (E120) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 102 1/43 98㎜

 

トヨタ カローラ ランクス E120型 日本

 

 カローラ FXの後継車 ランクス/アレックス 初代 2001年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.18m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 140HP 6段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h (リミッター制限)
データーベースでカローラ ランクス/アレックスのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1483

   

 

TOYOTA PICNIC (IPSUM) 1997 JAPAN

TOYOTA PICNIC (IPSUM) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 085D 1/43 108㎜

 

トヨタ ピクニック (イプサム) 日本

 

 イプサム (輸出仕様 ピクニック) 初代 1996年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.53m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 128HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでピクニック (イプサム)のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1484

   

TOYOTA CORONA HARDTOP 1800EX SALOON (T140) 1982 JAPAN

TOYOTA CORONA HARDTOP 1800EX SALOON (T140) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA LIMITED VINTAGE NEO LV-N58b 1/64 70mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1.8L 105HP 5段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでトヨタ コロナのミニカー検索

 

トヨタ コロナ ハードトップ 1800EX サルーン T140型 日本

 

 1978年に登場した6代目コロナ(T130)は、5代目と同じデザインでヘッドライトが角形4灯式に代わっただけのマイナーチェンジのように見えました。この代で正式名称からトヨペットが消え、トヨタ コロナとなりました。ヒットした5代目のイメージを継承し、安全性や装備を改良した6代目は好調を維持しました。1980年のマイナーチェンジでスラントノーズ化するなどして見た目が変わっています。

 

 1982年に登場した7代目コロナは、直線的なデザインで見た目を一新しました。シャーシをカリーナ/セリカと共有することになり、セダンはカリーナ風、ハードトップは従来のコロナにはなかったスポーティな車になりました。 次期8代目コロナは前輪駆動化されることが決まっており、前輪駆動に慎重なトヨタは後輪駆動の7代目コロナも併売する予定でした。(カローラの前輪駆動化と同じような手法)

 

 

 そこで7代目コロナはスポーツ車として差別化したわけです。エンジンは4気筒2L/1.8L/1.6L/1.5L、4段AT/5段MTで、上級車の最高速は180km/h以上の性能でした。当初の2L 18R-GEUエンジンは10ヶ月程で廃止され、代わりにツインカムターボの1.8L(160HP)3T-GTEU型エンジンを搭載したGT-TRが登場、1983年に8代目コロナが登場すると競合するセダン系はスポーツ仕様だけになりました。1984年のマイナーチェンジで後期型となりました。

 6代目と7代目コロナの当時物ミニカーはありません。画像はトミカ リミッテドのハードトップです。直線的なデザインの実車のイメージがうまく再現されています。色違いの赤でGT-TR、細部を変更した後期型もモデル化されています。これ以外で6/7代目コロナのミニカーはいまのところありません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1006

   

 

TOYOTA CORONA 5-DOOR HATCHBACK (T150) 1983 JAPAN

TOYOTA CORONA 5-DOOR HATCHBACK (T150) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1660(G41) 1/40 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 115HP 5段変速 4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでトヨタ コロナのミニカー検索

 

トヨタ コロナ 5ドア ハッチバック T150型 日本

 

 8代目コロナは前輪駆動化されて、1983年に登場しました。上述したFF カリーナとシャーシを共有しています。当初は7代目の追加車種という扱いで5ドアセダンのみでしたが、すぐに4ドアセダンが追加されました。7代目コロナはスポーツ志向でしたが、FF化された8代目コロナは落ち着いたデザインの実用的なセダンが中心になりました。

 

 エンジンは4気筒1.5/1.8L(115HP)と2Lディーゼル、4段AT/5段MTで、最高速は180km/hの性能でした。1985年のマイナーチェンジで、DOHC2Lには3S-Gエンジン搭載のGT-Rが追加されました。なお1985年に追加された2ドアクーペはコロナという名前でしたが、実際はセリカ/カリーナの姉妹車でした。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物 11番工場製です。上述したカローラ同様これもややずんぐりした感じのできばえですが、フロントグリルの雰囲気などはそこそこの出来映えです。FF コロナのミニカーは現在でもこれしかないので、その点で貴重なミニカーです。この頃からセダン系の実用車がミニカーになることが少なくなり、コロナのミニカーはこれ以後は全く作られていません。コロナそのものも2001年にはブランドがなくなりましが、最近でもこのあたりの実用車はミニカーとしても人気がないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1008

   

TOYOTA CARINA 1600 GT-R (A60) 1984 JAPAN

TOYOTA CARINA 1600 GT-R (A60) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA LIMITED VINTAGE NEO LV-N59a 1/64 70mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.33m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1.8L 135HP 5段変速
性能: 最高速180km/h以上
データーベースでトヨタ カリーナのミニカー検索

 

トヨタ カリーナ 1600 GT-R  A60型 日本

 

 セリカと同時にカリーナも1981年に3代目に変わりました。人気の高かった先代のボクシーなデザインを引き継ぎ、セダンは角型4灯式 クーペは異形2灯式ヘッドライトを採用しています。シャーシは7代目コロナと共用となりました。4ドアセダン、3ドアクーペに加えて初のワゴンであるサーフが1982年に追加されました。

 

 エンジンは4気筒1.5/1.6/1.8/2Lと1.8Lディーゼル、1.6と2LにはDOHC仕様がありました。4段AT/5段MTで、DOHC2L(135HP)は最高速180km/hの性能でした。1982年には日本初のDOHCターボ仕様の1.8L(3T-GTEU 160HP)エンジンを搭載したGT-T/TRが設定され、2LのDOHCは廃止されました。1983年のマイナーチェンジでは1.6LのDOHCエンジンが2T-Gから4A-Gに切り替わりました。

 

 

 1984年にセダンに前輪駆動(FF)方式を採用した4代目のFF カリーナが追加され、カリーナにおいてもFFとFRが混在する車種構成となりました。1985年にクーペが生産中止となりスポーツ系のモデルもFFに切り替わり、カリーナのFF化が進められました。(一部のセダン、バン、ワゴンはFRのまま) このカリーナに代表されるように、この時期にトヨタ主力車のFF化とエンジンの新旧交代が行われました。

 3代目とFFカリーナの当時物ミニカーはありません。画像は2011年に発売されたトミカ リミッテド ネオ製で、カラードバンパーになった1984年式GT-Rをモデル化しています。フロントの雰囲気など小さいながらも結構良くできています。マイナーチェンジ前のセダンもトミカ リミッテド ネオでモデル化されていますが、4代目以降のカリーナにはミニカーがなく寂しいです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1007

   

 

ページ  « 前へ 1...10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  ...22 次へ »