ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MERCEDES-BENZ 200/8 (W115) 1968 GERMANY

MERCEDES-BENZ 200/8 (W115) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SUBLON 14 1/43 110㎜

 

メルセデス ベンツ 200/8 (W115) ドイツ

 

 1968年のフルモデルチェンジで、独自のボディを採用した4気筒のベンツはコンパクト メルセデスと呼ばれるようになりました。また1968年に発売されたことからSTROKE 8とも呼ばれ、200/8という表記がされます。ミニカーはあまりモデル化されていない初代コンパクト メルセデスで、ベルギーのサブロン製です。サブロンは1970年頃に米澤玩具(ダイヤペット)が代理店として輸入しました。

 

 サブロンのミニカーはタイヤがホイールを確実に溶かすという必殺技があり、画像のミニカーもオリジナルのホイールは溶けてなくなりました。プロポーションは悪くないので、タイヤとホイールを新品に履き替えています。ドア4枚、ボンネット、トランクが開閉するフルギミックが売り物でした。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 95HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W114/115のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=469

   

MERCEDES-BENZ 220D (W115) 1968 GERMANY

MERCEDES-BENZ 220D (W115) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FALLER 4374 1/43 110㎜

 

メルセデス ベンツ 220D (W115) ドイツ

 

 初代コンパクト メルセデスには200、220、230、250、200D 、220Dの6シリーズがあり、230と250には6気筒エンジンが搭載されていました。ベーシックな4気筒はボディが大型化されていくとともに、エンジンも上級車のエンジンがどんどん使われるようになりました。性能的には一番下の200でも95HP、最高速160km/hと高性能でした。

 

 ミニカーは経済的なディーゼル仕様の220Dです。ドイツの鉄道模型用プラモデルで有名なファラー製で、全体がプラスチックでできています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒ディーゼル 2.2L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W114/115のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=470

   

 

MERCEDES-BENZ 250 (W114) 1968 GERMANY

MERCEDES-BENZ 250 (W114) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MARKLIN 1817 1/43 109mm

 

メルセデス ベンツ 250 (W114) ドイツ

 

 230と250はコンパクト メルセデスに6気筒を搭載した高級仕様でした。また250にだけ、ホイールベースはそのままで屋根をハードトップに変えたスポーティな2ドアクーペ 250C、250CE(Cはクーペ、Eは燃料噴射の意)が1968年から追加されました。

 

 ミニカーは鉄道模型で有名なメルクリン製です。このころのメルクリンはホイールが走行性を重視したフリーホイールになっているのがやや残念ですが、モールドがシャープで独特の雰囲気があります。ドア4枚、ボンネット、トランクが開閉するフルギミックとなっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 130HP 4段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W114/115のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=471

   

MERCEDES-BENZ 300SEL 6.3 (W109) 1968 GERMANY

MERCEDES-BENZ 300SEL 6.3 (W109) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430039102 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.3L 250HP 4段自動変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W108/W109のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 300SEL 6.3  (W109) ドイツ

 

 300SELは前述した300SE(W108)のロングホイールベース版で、全長が100㎜長くなっています。通常の300SELに搭載されるエンジンは6気筒3Lでしたが、この300SEL 6.3は最上級車600用のV型8気筒6.3L(250HP)を搭載した特別な車でした。0-100km/h加速 6.3秒 最高速220km/hは当時の並のスポーツカーを凌ぐ性能でした。ヘッドライトが北米仕様のデュアルランプとなっている点が外観上の違いで、 車高調整式エアサスペンション、エアコン、パワステが標準装備の豪華仕様で、全輪ベンチレーティド ディスクブレーキが採用されていました。

 

 AMGにて6.8Lエンジンを搭載したレース仕様車も作られました。300SEL 6.3は1972までに約6500台が生産されました。600用V8エンジンの生産台数は限られていたので、1969年にアメリカ市場向けに新しいV8エンジンが開発されました。最初の3.5L(200HP)エンジンは300SEL 3.5に、1971年に4.5L(225HP)が300SEL 4.5に搭載されました。(このエンジンは280SELにも搭載されています)

 

 

 当時物のミニカーはありません。画像はミニチャンプス製で、レース仕様車やドイツ首相公用車もモデル化されています。デュアルランプ化されたヘッドライトの細部などミニチャンプスらしいリアルな仕上げとなっています。これ以外ではオートアートの1/18、シュコーのレース仕様などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1150

   

 

MERCEDES-BENZ C111 1970 GERMANY

MERCEDES-BENZ C111 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 180 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.44m 全幅約1.80m
エンジン 変速機: 4ローター ロータリー 4X600cc 350HP 5段変速
性能: 最高速300km/h
データーベースでメルセデス ベンツ C111のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ C111 ドイツ

 

 NSU社がロータリーエンジン開発に成功し、1964年に世界初のロータリーエンジン搭載車スパイダーが登場しました。その後多くの自動車メーカーがロータリーエンジン開発に取り組みました。メルセデス ベンツもロータリーエンジンの開発を行っており、1969年のフランクフルト モーターショーで公開されたC111 初代はその実験車でした。

 

 ガルウイング式のドアを持つFRP製のボディに、燃料噴射式3ローター ロータリー(3X600cc)エンジン(280HP)をミッドシップ搭載し、最高速は260km/hでした。数ヵ月後の1970年のジュネーブ モーターショーでC111 2代目が公開されました。初代とはフロントのボンネット部分の黒いグリル形状が異なりますが、ほぼ同じデザインのボディに4ローター ロータリーエンジン(350HP)が搭載され、最高速300km/hの性能でした。

 

 

 C111は実験車ながら、レザートリムの内装、エアコン付きなど豪華な装備となっていて当初は市販が予定されていました。しかし1973年の中東戦争でオイルショックが起こり、燃費の悪いロータリーエンジンの開発は中止となり、この車が市販されることはありませんでした。その後エンジンを5気筒3Lターボディーゼル(190HP)に変更したC111 3代目が1976年に公表され、さらにボディを変更しV型8気筒4.8Lツインターボエンジン(500HP)を搭載したC111 4代目(1979年登場)は最高速400㎞/hの速度記録車に発展しました。

 ミニカーはソリド製の当時物で、C111 2代目をモデル化しています。当時のソリドらしいシャープな造形で、リアルな太いタイヤ/ダイキャスト製ホイールなど良くできています。(ただフロントノーズ周りの造形がいまひとつですが) リアカウルが開き、搭載されたコンパクトなロータリーエンジンが再現されています。世間の注目を集めたC111は当時物ミニカーが非常にたくさんありました。ディンキー、コーギー、ノレブ(JET CAR)、メルクリン、ガマ、マーキュリー、マテルメーベ、ポリトーイなど当時の主なミニカーメーカーがモデル化しています。この中でディンキーとマーキュリーとポリトーイがC111 初代で、あとはすべてC111 2代目をモデル化しています。最近ではミニチャンプス、ノレブがC111 2代目をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1863

   

MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 1971 GERMANY

MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MARKLIN 1839 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 195HP 5/4段変速/4段自動変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 350SLのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 350SL (R107) ドイツ

 

 350SLは上記280SLの後継として1971年に登場しました。初代コンパクト メルセデスのシャーシにSクラスのV型8気筒3.5L(195HP)エンジンを搭載した2シータ車で、ハードトップ又はソフトトップの脱着が出来ました。またホイールベースを254mm延長した4シータークーペ(トップは固定式)のSLCも追加されています。

 

 SLシリーズは現在もスポーツカーとして続いていますが、SLCシリーズはSクラスのクーペ(高級パーソナルカー)といった性格の車(現在のSECシリーズ)に変わっていきました。1973年にはV型8気筒4.5L(225HP)、1974年には廉価版の6気筒2.8L(185HP)エンジンが追加されています。

 

 

 ミニカーはメルクリンの当時物で、肉厚の薄いシャープな造形です。(ホイールが当時流行だったフリーホイールなのが、今ひとつですが) 当時物ではコーギー、ノレブ、マッチボックスなどがあります。最近の物では、ミニチャンプス、イクソ、デルプラドなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=487

   

 

 

ページ  « 前へ 1...8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 次へ »