ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ 500K COUPE (W29) AUTOBAHN KURIER 1935 GERMANY

MERCEDES-BENZ 500K COUPE (W29) AUTOBAHN KURIER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS021 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.17m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: 8気筒 5L 160HP 5段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 380K/500K/540Kのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 500K クーペ (W29) アウトバーン クリエール ドイツ

 

 ポルシェ博士が設計したスポーツカー Sシリーズの後継車Kシリーズの380K(8気筒3.8L 90HP過給時140HP)は1933年に登場し、翌年には500K(5L 100HP過給時160HP)、1936年には540K(5.4L 120HP過給時180HP)と排気量を拡大していきました。(KはKOMPRESSOR:過給器付きの意です) 全輪独立懸架、全輪サーボ付油圧ブレーキなど先進的な技術が使われ、380Kの最高速は145km/h、500Kの最高速は160km/h、540Kのの最高速は170km/hと当時最も高価で高性能な車でした。

 

 Kシリーズには2/4ドアサルーン、4座クーペ、2座ロードスターなどのボディが架装されましたが、派手な2座ロードスターが一番良く知られています。なおSシリーズはレーシングカーとしても活躍したのですが、Kシリーズは高級ツーリングカーでレースで使われることは無かったようです。380Kは約150台、500Kは約300台、540Kは約400台が生産されました。

 ここで紹介する500K クーペはアウトバーンを使って高速(最高速160km/h)で移動することを想定した車で、「アウトバーン クリエール(アウトバーンの急使)」と呼ばれていました。V字に折れたウインドースクリーン、スパッツの付いたリアフェンダー、滑らかに後方に伸ばされたキャビンなど当時最新の流線形スタイルでした。数台しか作れらなかったようで、当初のエンジンは500Kの8気筒5L(160HP)、後に540Kの8気筒5.4L(180HP)でした。

 

 

 ミニカーはイクソ製です。元々はフランスのミニカー付き雑誌「Mercedes-benz Collection」のNo.20として作られた物ですが、イクソのカタログ モデルとして発売されたこの型番MUS021は細部の仕上げがレベルアップされています。プロポーションが良く、エッチング材を使ったフロントグリルなど細部も良く再現されています。ベンツのKシリーズのミニカーのほとんどは見栄えがする540Kのロードスターですので、この一風変わった500Kのクーペは目新しさがあって面白いと思います。(ホワイトボックス ブランドでもモデル化されていますが、同じミニカーの仕様変更品です) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 500K (W29) Autobahn-Kurier 1
MERCEDES-BENZ 500K (W29) Autobahn-Kurier 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1304

   

AUTO UNION TYPE B 1935 GERMANY

AUTO UNION TYPE B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM 5031300313 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: V型16気筒 4.95L スーパーチャージャー 375HP 5段変速
性能: 最高速290km/h
データーベースでアウトウニオン タイプ A-Dのミニカー検索

 

アウトウニオン タイプ B ドイツ

 

 1935年 タイプ Bはエンジン排気量を拡大してパワーアップし、ホイールベースを伸ばしトレッドを広げて操縦性を向上させました。またリアサスペンションがリーフからトーションバーに変更されました。タイプ AとBはほとんど同じに見えますが、タイプ Bはコクピット左側のえぐりが深く左右非対称になっています。

 

 1935年はメルセデス ベンツ W25が圧倒的に強かったので、アウトウニオンはあまり活躍できませんでした。主なレース結果は、ドライバー H.スタックがイタリア GPで優勝 ドイツ GPで2位でした。新しいドライバーとしてB.ローゼマイヤーが参入し、彼はスイス GPでは3位となり、シーズン最後のチェコスロバキア GP (マサリク サーキット)で初優勝しています。なおハイパワーエンジンをリアに搭載するアウトウニオンの操縦はきわめて難かしかったとのことです。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、タイプ Aと同じくアウディの特注品です。画像はアウディのWEBサイトから借用しました。同じ型のドイツ GP 準優勝車仕様は一般市販されています。これ以外のタイプ Bのミニカーとしては、コクピットやリアタイヤをカバーした流線形の速度記録車仕様をミニチャンプスとブルムがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1716

   

 

MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER (W29) 1936 GERMANY

MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER (W29) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CURSOR 878 1/50? 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 8気筒 5.4L 180HP 4/5段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 380K/500K/540Kのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 540K ロードスター (W29) ドイツ

 

  ポルシェ博士が設計したスポーツカー Sシリーズの後継車Kシリーズの380K(8気筒3.8L 90HP過給時140HP)は1933年に登場し、翌年には500K(5L 100HP過給時160HP)、1936年には540K(5.4L 120HP過給時180HP)と排気量を拡大していきました。(KはKOMPRESSOR:過給器付きの意です) 全輪独立懸架、全輪サーボ付油圧ブレーキなど先進的な技術が使われ、380Kの最高速は145km/h、500Kの最高速は160km/h、540Kのの最高速は170km/hと当時最も高価で高性能な車でした。

 

 Kシリーズには2/4ドアサルーン、4座クーペ、2座ロードスターなどのボディが架装されましたが、派手な2座ロードスターが一番良く知られています。なおSシリーズはレーシングカーとしても活躍したのですが、Kシリーズは高級ツーリングカーでレースで使われることは無かったようです。380Kは約150台、500Kは約300台、540Kは約400台が生産されました。

 ミニカーはドイツのカーソル製で材質はプラスチックです。ダイムラー ベンツ社のプロモーション モデルとして企画されたシリーズ物の一つで、1970年代に発売されました。V字型のスクリーンとその横についたランプなど実車の特徴的な部分が良く再現されています。1970年代に作られたミニカーとしては、非常に良くできていました。(参照→カーソルのミニカー一覧)

 

 

 これ以外の540Kのミニカーとしては、マッチボックスのYシリーズやイクソ、最近ではネオやマトリックスのレジン製などがあります。イクソの540Kは元々はフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」(No3)用として作られた物で、それをリファインしてカタログモデルとして発売されました。以下はそのイクソ(型番MUS001)の画像です。540K ロードスターの1/43量産ミニカーとしては、これが現在のベストだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 1
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 2

 以下はマッチボックス(型番Y20)の画像です。ランブルシート(折畳式補助席)が開くギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 3
MERCEDES-BENZ 540K ROADSTER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=221

   

MERCEDES-BENZ 170V 1936 GERMANY

MERCEDES-BENZ 170V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 28502 1/43 99mm

 

メルセデス ベンツ 170V ドイツ

 

 ベンツも上記のような高級車ばかり作っていた訳ではありません。1931年に発表された170はベンツとしては大衆向けの小型車でした。6気筒1.7L(32HP)の小さなエンジンで最高速90km/hの性能でした。6気筒エンジンと全輪独立懸架の採用がベンツらしいところです。1936年に170Vに発展しエンジンが4気筒1.7L(38HP)に変わりボディは丸みを帯びた近代的なデザインになります。(170VのVはドイツ語 VIER(4の意)の略)

 

 ミニカーは2005年頃発売されたサンスター傘下のビテス製で、170Vのリムジーネ(セダン)です。前後のドアのヒンジがセンターにあるので逆観音開きとなっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 38HP 4段変速
性能: 最高速108km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 170Vのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=223

   

 

MERCEDES-BENZ 170V 1936 GERMANY

MERCEDES-BENZ 170V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 167 1/43 99mm

 

メルセデス ベンツ 170V ドイツ

 

 当時のベンツのラインアップとしては170の上に1936年発表の中級車230(6気筒)、その上に1937年発表の320(6気筒)がありました。また170より小さい130Hというベンツとしては風変わりな車(リアエンジンで後のVWビートルに似ています)もありました。

 

 ミニカーは1985年頃に発売された初期のビテス製で、屋根の後半部が幌になっています。ドイツではこのボディ形式がタクシーとして使われることが多かったそうです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 38HP 4段変速
性能: 最高速108km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 170Vのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=224

   

MERCEDES-BENZ 170V CABRIOLET 1936 GERMANY

MERCEDES-BENZ 170V CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO B66040284 1/43 102㎜

 

メルセデス ベンツ 170V カブリオレ ドイツ

 

 170Vは息の長いモデルで戦時中には軍用車として使われ戦後の1953年まで作られていました。170Vにはカブリオレや商用車(バン 、トラック)などもありました。また2座のロードスターもあったようです。

 

 ミニカーは2000年頃発売されたシュコー製のカブリオレで実に細かい部分まで再現されています。特に非常に目の細かいフロントグリルや小さいフェンダーミラー(フェンダー上の黒い丸 ゴミではありません)は圧巻です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 38HP 4段変速
性能: 最高速108km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 170Vのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=225

   

 

ページ  « 前へ 15  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  ...62 次へ »