ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ISUZU HILLMAN MINX 1956 JAPAN

ISUZU HILLMAN MINX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA06800 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.08m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 46HP 3段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでイスズ ヒルマンのミニカー検索

 

イスズ ヒルマン ミンクス 日本

 

 日本の自動車メーカーとして最も古い歴史を持つのがいすゞ自動車で、昭和初期から大型車とそのディーゼルエンジンの製造を行っていました。戦後もトラック/バスなど大型ディーゼル車両の生産では日本の主力メーカーでした。なお「いすゞ」という表記がが正式ですが 当HPでは以下「イスズ」の表記で統一しています。

 

 イスズは欧米の最新技術を導入して乗用車生産に進出するために、イギリスのルーツグループと技術提携し、1953年にルーツグループのヒルマン ミンクスのノックダウン生産を始めました。初代のイスズ ヒルマン ミンクス PH10型は4気筒1.3L(38HP)を搭載する4ドアセダンの小型車で、4段変速、最高速度110km/hの性能でした。当時このような乗用車が購入できたのは、ごく一部の富裕層だけでした。

 

 

 1956年には2代目のPH100型に切り替わり、技術の習得が進むにつれ部品の国産化と細かい仕様変更が進み、1957年には国産化が完了しました。その後もエンジン排気量の1.5Lへの拡大などマイナーチェンジが続けられ、1964年まで生産されました。

 当時物のミニカーとしてはモデルペットとミクロペットがありますが、大変貴重なレア物で実物を見たことがありません。 画像は本家ルーツグループのミンクス1961年式(バンガーズ製)で、イスズのミンクス PH100型とは外観が多少異なりますが、基本的なスタイルは同じです。最近ではトミカ リミッテドから1956年式がモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1070

   

ISUZU BELLEL 1962 JAPAN

ISUZU BELLEL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 53 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 85HP 3段変速
性能: 最高速136km/h
データーベースでイスズ ベレルのミニカー検索

 

イスズ ベレル 日本

 

 ヒルマン ミンクスのノックダウン生産でノウハウを蓄積したイスズは、初の自社開発乗用車としてベレルを1962年に発売しました。当時の主たる需要であったタクシー用中型セダンで、トヨタ クラウン/日産 セドリックがライバルでした。ヒルマン ミンクスを踏襲した前輪独立/後輪固定サスペンションを持つオーソドックスな構造でした。ボディは欧州風のシンプルなデザインで、三角形のテールライトが特徴です。4気筒2Lディーゼル、4気筒1.5/2L(85HP)エンジンを搭載し、3段変速、最高速度136km/h(2L)の性能でした。

 

 発売初期の製造不良やライバル(クラウン/セドリック)より古臭くみえるデザインのため、ベレルの販売は芳しくありませんでした。1965年には、縦型2灯式のヘッドライトを採用するなどしてデザインを一新しましたが、装備や性能で見劣りするベレルに勝ち目はなく、1967年に一代限りで生産中止となりました。

 

 

 ベレルの当時物ミニカーはモデルペットとミクロペットがありますが、めったにお目にかかれないレアものです。1980年頃にカドーがこの当時物の復刻版的なミニカーを発売しています。画像は最近発売された国産名車コレクション(ノレブ製)のもので、プロポーションが良く実車に即したカラーリングで実車の雰囲気がうまく再現されています。(初期の国産名車コレクションのミニカーにはこのベレルのような独自性が高い物があったのですが、最近は。。。)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1071

   

 

ISUZU BXD30 BUS 1964 JAPAN

ISUZU BXD30 BUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY D35 1/43 196mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約8.31m 全幅約2.45m
エンジン 変速機: 6気筒 6.4L ディーゼル 130HP 4/5段変速
性能: 最高速 不詳 乗車定員51名
データーベースでイスズ ボンネットバスのミニカー検索

 

イスズ BXD30 ボンネットバス 日本

 

 戦前の川崎航空機工業が戦後に川崎産業と改称し、バス車体製造を始めたのがいすゞバス製造の始まりでした。1950年にいすゞ自動車と提携し、その後同業他社との合併などで社名は何度か変わっていますが、主要な国産バス製造メーカーでした。1995年にいすゞバス製造に社名変更し、1997年にはいすゞ自動車の100%子会社となりました。2003年に日野自動車といすゞ自動車のバス部門が統合されジェイ バスが発足し、現在いすゞバス製造はジェイ バスの宇都宮事業所になっています。

 

 昭和初期の懐かしいボンネットバスとして、一番有名なのはイスズのBX系ボンネットバスでしょう。フロントにガソリンエンジンを搭載するボンネットバス BX80は1947年(昭和22年)に登場しました。以下BX系バスの変遷の概要です。
 1948年 ディーゼルエンジン搭載のBX91が登場
 1949年 BX91をベースにしたキャブオーバー式のBX92が登場
 1956年 新型エンジンを搭載したBX131/141/151が登場
 型式の下2桁はホイールベース長の違いを示す
 1958年 エンジンをパワーアップしたBX331/341/352に移行

 

 

 1959年 エンジンをパワーアップしBX521/BX531/BX552に移行 ボンネットが中央ヒンジのバタフライ式から後ヒンジのアリゲーター式に変わる
 1961年 エンジンをパワーアップしBX721/BX731/BX752に移行
 1962年 型式をBXD20/BXD30/BXD50に変更、フロントグリルを変更
 1967年 製造中止
 BX系は一番最後まで残っていたボンネットバスでしたので、見慣れたノスタルジックなバスとして現在でも人気があります。1970年代以降も静岡県の「伊豆の踊子号」や西東京バスの「夕やけ小やけ号」など観光地での路線バスとして使われました。

 ミニカーはトミカ ダンディ製で、1980年頃に発売されました。BXD30バスの三重交通(お伊勢さん)仕様をモデル化しています。マニア向けとして1/43でモデル化された、トミカ ダンディの意欲作でした。1/43ですから全長196㎜の堂々たるサイズで、当時のミニカーとしては非常に良い出来ばえです。ドアとボンネットが開閉するギミック付きで、昔風の懐かしいバス停も付いています。→(ドア開閉等ギミック動作画像 バス停画像 乗用車と並べた画像) バリエーションとして東海自動車、濃飛バス、一畑電鉄仕様がありました。人気のあるBX系ボンネットバスはトミカ、トミカ ダンディ(1/43)、タルガ(1/110)、京商(1/80)などで約80種類以上がモデル化されています。(それ以外にもトミカの特注品が非常に多くあります)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1894

   

ISUZU FLORIAN 1967 JAPAN

ISUZU FLORIAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 178 1/40 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.43m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 84HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでイスズ フローリアンのミニカー検索

 

イスズ フローリアン 日本

 

 フローリアンはベレットより上級の中型車として1967年に登場しました。ベレットに採用された独立懸架などの先進技術は採用されず、後輪リーフリジットといった信頼性重視のオーソドックスな設計の車でした。6ライト式サイドウインドーの開放的な室内や大型角形ヘッドライトを持つ個性的なデザインはイタリアのカロッツェリア ギアに委託したものでした。4ドアセダンと5ドアバンの設定で、4気筒1.6L(84HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速150km/hの性能でした。

 

 1969年には90HPにパワーアップしたスポーツ仕様のTSが追加されています。1970年のマイナーチェンジで丸型4灯式ヘッドライトに変わり、以下の117 クーペ用の1.8L(115HP)エンジンが追加されました。1977年には角型4灯式ヘッドライトに変わり、1982年まで15年間生産されました。競合するコロナやブルーバードに勝つのは難しく、売れないがゆえにモデルチェンジも出来ずといった状態で中身は旧態依然のままででした。

 

 

ミニカーはダイヤペットの当時物でアンチモニー製です。非常にプロポーションがよく、タイヤがやや小さ目ですが、実車の雰囲気が良く再現されています。45年前に作られたミニカーですが、まだ塗装の艶がありきれいな状態です。箱から出してガラスケース内に並べていましたが、うまく保管すれば良い状態を長く保てるという証拠です。(最近のミニカーははたしてこんなに長持ちするでしょうか?) 最近までフローリアンのミニカーはこれしかありませんでしたが、2007年に国産名車コレクション(ノレブ製)でモデル化されました。以下は国産名車コレクションの画像です。こちらもかなりいい出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ISUZU FLORIAN 1
ISUZU FLORIAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1073

   

 

ISUZU 117 COUPE 1968 JAPAN

ISUZU 117 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 199 1/40 107mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1.6L 120HP 4段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでイスズ 117のミニカー検索

 

イスズ 117 クーペ 日本

 

 117クーペは前述したフローリアンのクーペ(開発コード 117)として開発されました。イタリアのカロッツェリア ギアのG.ジウジアーロがデザインしたプロトタイプが1966年のジュネーヴ ショーに発表され、その美しいデザインで脚光を浴びました。シャーシのベースはフローリアンで、1968年に少量限定生産車として発売されました。

 

 新開発の4気筒1.6L DOHC(120HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速190km/hの性能でした。ベースが実用車なので格別に高性能だったわけではないですが、172万円と極めて高価で月産30台ほどという希少性がステイタスを生みました。1970年に国産車初の電子制御燃料噴射装置を採用した1.8L(125HP)エンジンが追加されました。初期型の総生産台数は約2500台でした。

 

 

 1973年に量産対応とコストダウンを施したマイナーチェンジ(中期型)を行いリアライトなどの外観が変わり、エンジンも1.8Lに統一されました。1977年のマイナーチェンジ(後期型)ではヘッドライトが角形4灯式に変わり、排ガス対策で一時消えていたDOHCエンジンが復活しています。その後エンジンを2Lに拡大し、2.2Lのディーゼルエンジンが追加されるなどして1981年まで生産されました。現在でも人気があり、愛好者の車をたまに見かけることがあります。

 当時物のミニカーではプロトタイプをイタリアのポリトーイがモデル化しています。国産の当時物ではダイヤペットとトミカがあります。ダイヤペットの初期型は実車のデザインを忠実に再現したプロポーションが秀逸で、フロントグリルなどもよく出来ています。当時としては出色の出来ばえで、ダイヤペット初期のの傑作でした。ダイヤペットは型を変更して中期型、後期型もモデル化しています。最近の物ではエブロ、コナミ、トミカ リミッテド、国産名車コレクション(ノレブ製)、MARK43(レジン製)の初期型/後期型などがあります。 以下はダイヤペットの中期型(型番G9)と後期型(型番G9)の画像です。中期型はリアライト、後期型はヘッドライトが変更されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ISUZU 117 COUPE 1
ISUZU 117 COUPE 2

 以下はポリトーイのプロトタイプ(型番544)とエブロ(型番43401)の画像です。ポリトーイは当時の廉価版なので安っぽい作りですが、生産車とは異なるバンパーなどが再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ISUZU 117 PROTOTYPE
ISUZU 117 COUPE 3

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1074

   

ISUZU BELLET 1600GT TYPE R 1969 JAPAN

ISUZU BELLET 1600GT TYPE R 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43307 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.01m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1.6L 120HP 4段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでイスズ ベレットのミニカー検索

 

イスズ ベレット 1600GT タイプ R 日本

 

 1963年に登場したベレットはヒルマン ミンクスの後継車として開発されました。ベレットとは上級車ベレルの小型版という意味です。オーソドックスな設計のベレルとは異なり、四輪独立懸架、ラックアンドピニオン式ステアリング、日本初のディスクブレーキなどの先進的な技術を採用した意欲的な小型車でした。ボディは2/4ドアセダンで、イタリア車的なスポーティなスタイルでした。

 

 当初は4気筒1.5L(63HP)エンジンと1.8L(50HP)ディーゼルエンジンを搭載し、4段変速で最高速度137km/h(1.5L)の性能でした。1966年のマイナーチェンジでヘッドライトが丸型2灯からに丸型4灯に変わり、1.3Lエンジンが追加され、角形2灯ヘッドライトでリジット リアサスペンションを採用したBタイプも設定されました。

 

 

 1968年には1.6Lエンジン、1971年には1.8Lエンジンが追加され1973年まで生産されました。1964年に2ドアクーペに新開発の1.6L(88HP)エンジンを搭載したスポーツ仕様の1600GTが登場し、日本初のGTとして優れた操縦性と軽快なデザインで人気がありました。前輪ディスクブレーキ採用、エンジンのパワーアップ(90HP)やSOHC化など改良が施されました。1969年には117 クーペ用の1.6L(120HP)DOHCエンジンを搭載し、サスペンションを強化した最強モデル1600GT タイプRが設定されました。

 当時物のミニカーとしては、ミクロペットの4ドアセダンと2ドアクーペがあり、その型を引き継いだダイヤペット初期の2ドアクーペもありました。(このクーペは子供のころに遊んだのでかなり状態が悪いです) 最近のものではコナミの1600GT R、トミカ リミッテドの1300 4ドアセダン(丸形2灯と丸形4灯)と1500 4ドアセダン(丸形4灯と角形2灯)、エブロの1600GTと1600GT R、エブロの型を使った国産名車コレクションの1600GT Rなどがあります。画像はエブロ1600GT Rで、最近のものだけあって実車どうりのカラーリング、フロントグリル、フォグライトなど細かいところまで良くできています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1072

   

 

ページ 1  2  3   次へ »