ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

SUBARU 360 1963 JAPAN

SUBARU 360 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43075 1/43 71mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷2ストローク2気筒 360cc 18HP 3段変速
性能: 最高速90km/h
データーベースでスバル 360のミニカー検索

 

スバル 360 日本

 

 戦前に軍用機やそのエンジンを開発していた航空機メーカー「中島飛行機」は、戦後航空機開発が禁止されたことから、「富士産業」と名前を変えて民生品開発を始めました。進駐軍が使用していたスクーターを国産化し、1947年に「ラビット スクーター」と名付けて発売、このスクーターは使いやすかったことから人気を博しました。また航空機製造の技術を生かしてバスボディの架装を始め、1949年に日本初のモノコックボディのリアエンジンバス「ふじ号」を完成させています。その後富士産業は財閥解体の対象となり分社化されますが、1955年に中島飛行機系の6社が合併して、富士重工業株式会社が発足しました。富士重工業のシンボル「スバルの六連星」は、この6社合併を意味しています。

 

 富士重工業株式会社は普通乗用車の開発に着手し、1.5Lの4ドア車「スバル1500」の試作車を完成させましたが、採算面などの問題で市販化を断念しています。その後大人が4人乗れる軽乗用車開発に方針を変更し、1958年に市販されたのがスバル 360でした。

 

 

 スバル 360は大人4人を乗せて最高速80km/hを出すという当時としては高いレベルを目指していたので、かなり高度な設計がなされていました。非力な空冷2ストローク2気筒360cc(16HP)エンジンで速度80km/hを達成するには、車体の徹底的な軽量化が必要でした。それを可能にしたのが特徴的な丸っこいモノコックボディで、元航空機メーカーとしての軽量化技術が生かされたのでした。

 強度を得る為にボディ全体が丸みを帯びており、強度の不要な屋根はFRP製、リアウインドーはアクリル製と徹底的な軽量化がされています。(車重は385kgと非常に軽い) 駆動方式は前輪駆動も検討したようですが、技術的に時期尚早ということで、ドライブシャフトが不要なリアエンジン後輪駆動方式を採用しています。サスペンションは横置きトーションバーとコイルスプリングを組み合わせた、コンパクトで軽量な4輪独立懸架を採用しています。ステアリングはラック&ピニオン方式、タイヤは新規開発された10インチタイヤなどそこここに新規技術が採用されていました。

  1958年から販売された360は4人乗りで、3段変速、最高速度83km/hの性能でした。価格は約36万円で、軽量化と低コスト化の為、室内は簡素で最低限度の物しか装備されていません。実用的な自動車として大ヒットし、1961年に発売した360をベースにした商用車サンバーも大ヒットし、スバルは自動車メーカーとしての基礎を固めました。その後コンバーチブル、商用バンなどが追加され、性能や装備を充実させて軽自動車のベストセラーを長く維持しました。1968年には36HPにパワーアップしたスポーツ仕様のヤングSSが登場しましたが、さすがに時代遅れとなり1970年に生産中止となりました。この安価で本格的な軽自動車の登場で庶民には無縁の物と思われていた自動車が身近な物となりました。実際に私が中学生だったころ(1965年頃)、学校の先生がスバル360で通勤されていました。またその車が溝にはまった時に、大人が数人で持ち上げていたほど軽量でした。

   当時物ミニカーとしては1960年頃のミクロペットとモデルペットがありますが、いずれも極めてレアなお宝です。1980年代にトミカからモデル化され、ダイヤペットからもアンチモニー製限定品がでました。その後エブロから画像の物が発売され、その派生としてヤングSS、カスタム(バン)、サンバーも出ています。小スケールではコナミ、トミカ リミッテドからはセダン、カスタム、ヤングSS、レース仕様もモデル化されています。最近では国産名車コレクション(ノレブ製)でモデル化され、その本家ノレブからは珍しい初期型(1958式 デメキン)と後期型(1967年式)が出ています。(他にもまだあります データベースで検索)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1065

   

SUBARU 1000 1966 JAPAN

SUBARU 1000 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 20 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.93m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 水平対向 4気筒 1.1L 55HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでスバル 1000のミニカー検索

 

スバル 1000 日本

 

 360の成功を追い風に小型車市場に進出する為に開発されたのが1000で、1966年に登場しました。360開発の際に時期尚早として見送った前輪駆動方式を採用したのが最大の特長です。これには前輪を駆動する必須パーツである等速ジョイントが必要でしたが、東洋ベアリング(現:NTN)と共同で開発しています。エンジンは現在でもスバルの特徴である水平対向4気筒1.1L(55HP)で、これをフロントに縦置きに配置しています。

 

 サスペンションは360と同じトーションバーを使った4輪独立懸架で、インボード ブレーキを採用するなど、独創性のある設計がされています。前輪駆動方式のメリットで室内が広く、ボディのデザインもシンプルで開放的な良いデザインです。4段変速、最高速度130km/hの性能でした。

 

 

 1967年に2ドアとバンが追加され、68HPにパワーアップして前輪ディスクブレーキを採用した高性能仕様のスポーツも追加されました。1969年にエンジンを1.1Lに拡大し、名前をff-1に変更しています。カローラやサニーなどとは一味違った小型車としてスバル車ファンを獲得し、小型車市場でスバルの基盤を固めました。1000は前輪駆動小型車の先駆けとして、アルファ ロメオのアルファスッドなどの欧州車がお手本としたほど技術的に優れた車でした。

 当時物のミニカーはダイヤペットのアンチモニー製しかありません。このミニカーはその後ff-1として再発売されていますが、ff-1の当時物もこれだけです。最近になって、コナミから2ドア、トミカ リミッテドからは2ドアと4ドアが出ました。画像は国産名車コレクション(ノレブ製)の物で、フロントの造形などが実車を良く再現してあり、かなり良い出来映えです。エブロからは1000ではなくff-1のスポーツがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1066

   

 

SUBARU R2 1969 JAPAN

SUBARU R2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 195 1/40 77㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 空冷2ストローク2気筒 360cc 30HP 4段変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでスバル R2のミニカー検索

 

スバル R2 日本

 

 ホンダ N360の大ヒットに続き、スズキ フロンテやダイハツ フェローなどが登場しスバル360は時代遅れになり、後継として1969年に登場したのがR2です。360の基本構造を継承しながら、ホイールベースを120mm延長し居住性を向上させ、フロントにトランクスペースを追加しています。ボディは360のイメージを近代的にしたもので、全鋼製のモノコックです。エンジンは360のシリンダーをアルミ合金製に変更した物で、30HPにパワーアップしています。4段変速、最高速度115km/hの性能でした。

 

 1970年に36HPにチューンしたエンジンを搭載したスポーツ仕様のSSが追加されます。1971年のマイナーチェンジでは標準エンジンが32HPにパワーアップされ、さらにエンジンを水冷化したLシリーズや、豪華で高性能なGSSが追加されています。発売当初のR2は結構売れたものの、新車効果がなくなると販売が鈍りエンジンのパワーアップや水冷化で盛り返そうとしたようですが、効果はあまりなかったそうです。そんな訳でR2はたったの3年間生産されただけで、1972年に水冷エンジンの後継車レックスに切り替わりました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物です。プロポーションが良く、小さなタイヤなど実車のイメージがうまく再現されています。その他の当時物としてはトミカもあります。最近では、京商のポリストーン製、エブロの物などがあります。R2後継車のレックスも含めて、1970-1972年発売の軽自動車をダイヤペットの廉価版チェリカ100シリーズ(1/30)がモデル化しているので、それらを別画像にまとめてみました。(ダイハツ フェローはミニカーが無いので、実車の画像) 現在の軽自動車とは隔世の感がありますが、 当時の軽自動車はいずれも個性的で、非常に懐かしく思い出します。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1067

   

SUBARU LEONE 1971 JAPAN

SUBARU LEONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET CHERICA 100-1 1/40 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 水平対向4気筒 1.4L 93HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでスバル レオーネのミニカー検索

 

スバル レオーネ 日本

 

 1000(ff-1)の後継として1971年に登場したレオーネは、技術的に高度だったff-1を一般受けするように見直した車でした。水平対向エンジンによる前輪駆動という基本は同じでしたが、特長的だったインボードブレーキや前輪ウイッシュボーンサスペンションが一般的な形式に変えられました。ボディもロングノーズのクーペといった見た目重視のデザインに代わりました。水平対向4気筒1.4L(93HP)エンジンで、4段MT/3段AT変速、最高速度170km/hの性能でした。

 

 当初は2ドアクーペだけでしたが、2/4ドアセダン、2ドアハードトップが追加されました。1972年には商用車のエステートバンに4WD仕様が追加され、世界初の乗用車タイプの4WDとしてその後のスバル4WDのベースとなりました。1975年のマイナーチェンジで1.2Lエンジン、セダンの4WDが設定されました。その後エンジンは1.4/1.6Lに拡大されました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、廉価版のチェリカ100シリーズのものです。フロントグリル/バンパー/底板を一体化した構造でやや安っぽい作りですが、フロントグリルやサイドビューなどはそれらしく出来ています。初代レオーネのミニカーはとりあえずこれしかないので、それなりに貴重です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1068

   

 

SUBARU LEONE 1979 JAPAN

SUBARU LEONE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1524 (G128) 1/40 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.98m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 水平対向4気筒 1.8L 100HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでスバル レオーネのミニカー検索

 

スバル レオーネ 日本

 

 レオーネの2代目は1979年に登場しました。シンプルなデザインでボディはひとまわり大きくなり、6ライトウインドーの4ドアセダン、2ドアハードトップ、エステートバン、ホイールベースを短縮した3ドアハッチバックが設定されていました。スバル得意の4WD仕様はハードトップ以外に設定されていました。水平対向4気筒エンジンは1.4Lがなくなり、1.6Lと1.8L(100HP)が搭載され、3段AT/5段MT変速、最高速度170km/hの性能でした。最上級の1800GTSにはスバル初のパワーステアリング/パワーウインドウ/オートエアコンが装備されていました。

 

 1981年のマイナーチェンジで、大型の角型2灯式ヘッドライトが角型4灯式に変更されるなど外観が変わりました。同じ年に後のスバルで売れ筋となるスポーティなツーリングワゴンが追加されました。1982年には4WD仕様に1.8Lターボエンジン(120HP)を追加し、その後もハードトップの4WD仕様化、4WDに油圧式車高調整機能の追加など、4WD車の車種拡大/機能追加が行われ、レオーネは4WD車がメインとなっていきました。 

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、2代目初期の角型2灯式ヘッドライトのハードトップです。初期型の癖のあるフロントグリルがそこそこ再現されているなど、全体的に良い出来だと思います。ただしタイヤ位置が低すぎて車高が高くなっているのがやや残念です。2代目レオーネのミニカーはこれしかありませんので、その点で貴重なミニカーです。後期型のセダンかツーリングワゴンがモデル化されるのを期待しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1069

   

SUBARU ALCYONE VR TURBO 1985 JAPAN

SUBARU ALCYONE VR TURBO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AOSHIMA DISM 87008 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.51m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 水平対向4気筒 ターボ 1.8L 120HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速190km/h (輸出仕様) 4WD
データーベースでスバル アルシオーネのミニカー検索

 

スバル アルシオーネ VR ターボ 日本

 

 アルシオーネはスバル初のスペシャルティカーで、日本発売前に北米でXTクーペの名前で発売された北米市場向けの車でした。デザインはリトラクタブルヘッドライトを採用した大胆なウェッジシェイプで、ラップラウンドしたガラスで囲まれたキャビン、ホイールのデザインなどかなり独創的です。ベースは3代目レオーネで、前輪駆動(VS)と4輪駆動(VR)の2タイプがありました。当初のエンジンは水平対向4気筒1.8Lターボ(120HP)で、4WD前後輪トルク配分の自動制御、車高制御機能付電子制御エアサスペンション、車速感応式電動パワーステアリング、ABS、液晶式デジタルメーターなど先進的な技術がてんこもりで採用されていました。

 

 1987年のマイナーチェンジで、水平対向6気筒2.7L(150HP)エンジンを搭載した2.7VXが追加され、4段自動変速が設定されました。高度な4WD駆動力制御やABS制御は専門家には絶賛されましたが、一般ユーザー向けとしてはデザインなどが奇抜すぎてあまり人気はなかったです。肝心の北米市場でも、円高の影響があり思ったほどは売れなかったようです。1991年に後継のアルシオーネ SVXにモデルチェンジします。総生産台数は約10万台でした。 

 

 

 ミニカーはアオシマのDISMシリーズで、2009年に発売されました。キャビン部分が少し小さめにデフォルメされていますが、実車の雰囲気はそこそこ再現されています。この車の特徴である変わったデザインのホイールや、内装の左右非対称のステアリングホイール、その裏側のサテライトスイッチなどがそれらしく再現されています。なおレジン製で軽いので、台座から外して持つと中身が詰まっていないことが分かり安っぽく感じます。これ以外ではCM'Sの1/64、2015年発売のWIT'Sの2.7VXがあります。以下リアと内装の拡大画像です。

SUBARU ALCYONE 1
SSUBARU ALCYONE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1346

   

 

 

ページ 1  2  3  4   次へ »