ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

DATSUN (NISSAN) 112 1956 JAPAN

DATSUN (NISSAN) 112 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 44217 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.86m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 860cc 25HP 4段自動変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン 112型 日本

 

 日産自動車は1952年にイギリスのオースチン社と技術提携を結び、当時最先端のA40 サマーセットのノックダウン生産を始めました。1953年に第1号車が完成し、当初はタイヤ、バッテリー、ドアのガ ラスが国産品でした。国産パーツは次第に増やされ、1955年に切り替わったA50 ケンブリッジでは最終的に全パーツが国産となりました。A50は自社開発のセドリックの登場で役目を終え1960年にノックダウン生産を終了しました。

 

 このノックダウン生産で培った技術を生かして、ダットサン110型が自社開発され1955年に発売されました。(ダットサンは日産自動車の小型車のブランド名でした) 前後固定車軸のラダーフレームに、鋼板をプレスした車体を載せた構造でした。全長3.86mX全幅1.47m(現在の軽自動車より少し大きい)のボディに、サイド バルブ方式4気筒860cc(25HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速85km/hの性能でした。

 

 

 110型はシンプルで耐久性に優れており、小型タクシー用として人気を呼ぶなど日産の小型乗用車として基礎を固めました。フロントグリル変更やコラムシフト化など改良され112、113、114、115型と発展し、1957年には210型に切り替わりました。

 ミニカーはエブロ製で2009年に発売されました。日産自動車が保有しているレプリカを忠実にモデル化しているようで、フェンダーの上に付いている小さな赤いウインカー、フロントグリルなど細かい所までよく再現されています。国産車の歴史上重要な車をモデル化してくれたのはうれしいのですが、キャビン部分の高さがやや足りない感じがして、プロポーション的にはいまひとつです。
 
 

DATSUN (NISSAN) 211 1959 JAPAN

DATSUN (NISSAN) 211 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REEN REPLICA 4 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.86m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 988cc 34HP 4段自動変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン 211型 日本

 

 1957年にダットサン 1000(210型)が登場します。オースチンのエンジンをベースにして開発したOHV式4気筒988cc(34HP)エンジンを登載し、4段変速で最高速95km/hの性能でした。当時最大の顧客であった小型タクシーの排気量が1000ccまでに拡大されたことに対応したモデルチェンジでした。ボディは110型をリファインした物で、フロントウインドウに曲面ガラスが使われています。

 

 日産自動車は210型で1958年にオーストラリア一周ラリー「モービルガス トライアル」に出場します。国際競技への初挑戦でしたが、出場した富士号は、1000cc以下のAクラスで優勝(総合部門は完走34台中25位)しました。この快挙は210型の優秀性を世界へアピールしました。(北米への輸出も始めています) このように高性能で耐久性に優れた210型は小型乗用車市場ではライバルを圧倒し、小型乗用車での日産自動車の地位を磐石なものとしました。

 

 

 ミニカーは1970年代にコレクターが起ち上げたブランドのリーンレプリカ製です。1958年のマイナーチェンジでフロントグリルを変更しリアウインドウが拡大された211型をモデル化しています。窓ガラスも付いていない簡単な作りですが、プロポーションは上記のエブロ製よりもしっかり出来ていて、実車の雰囲気がよく分かります。なお優勝したラリー車のミニカー(2台セット 1/43 コールドキャスト品)がミニプロモからでています。

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 1962 JAPAN

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD 310 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 17 1/42 91mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 43HP 3段自動変速
性能: 最高速111km/h
データーベースで日産 ブルーバードのミニカー検索

 

日産 ダットサン ブルーバード 310型 日本

 

 211型後継の310型は、ブルーバードという名前(メーテルリンクの童話「青い鳥」にちなんだ)で1959年に登場しました。信頼性の高いトラックの低床式ラダーフレームにセミモノコックボディを載せた構成で、前輪独立懸架を採用したことで、乗用車としての乗り心地や操縦性を向上させていました。エンジンは211型を踏襲した4気筒988cc(34HP)と1.2L(43HP)が設定され、3段変速で最高速111km/h(1.2L)の性能でした。

 

 1960年には日本初のエステートワゴンが追加され、マイナーチェンジした311型には日本初のフルシンクロメッシュ変速機が採用されました。1961年には日本初の女性仕様車「ファンシーデラックス」(ウインカー作動時に鳴るオルゴール、サンバイザー組込みのバニティーミラーなどを装備)が追加され、マイナーチェンジで312型となりました。

 

 

 ミニカーはモデルペットの当時物で、1962年型のファンシーデラックスをモデル化した物です。310型のミニカーとしてはトミカ リミッテドで1Lと1.2Lの2タイプがモデル化されており、日産名車コレクションでも1962年型の1.2Lがモデル化されています。ただ、日産名車コレクションの310型は明らかにキャビン部分が小さめでバランスが悪く、古いながらもモデルペットの方が平凡なデザインの210型のスタイルを良く再現しています。(新しいミニカーの方が出来が良いという訳ではないです)

 
 

DATSUN (NISSAN) SPORTS S211 1960 JAPAN

DATSUN (NISSAN) SPORTS S211 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CARS COLLECTION (NOREV) 27 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 988cc 34HP 4段自動変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでダットサンのミニカー検索

 

日産 ダットサン スポーツ S211型 日本

 

 ダットサン ブランドのスポーツカーとしては1952年にDC3型が発売されています。イギリスのMGをお手本にしたオープンカーで、4気筒860cc(20HP)エンジンを登載し、3段変速で最高速80km/hの性能でした。1954年までに約50台が少量生産されました。

 

 1959年には後継のS211型が発売されました。上述した211型セダンのラダーフレームにFRP製の4座オープンボディを載せていました。セダンと同じ4気筒988cc(34HP)エンジンを登載し、4段変速で最高速115km/hの性能でした。S211型は少数が生産されただけで、翌年にはブルーバードの1.2L(48HP)エンジンを搭載したSPL212型に切り替わります。

 

 

 ボディは通常の鋼製に変えられ、フロアシフトの4速変速で、最高速度132km/hの性能でした。ミュージカル「マイ フェア レディ」にちなんだフェアレディという名前はSPL212型から使われました。SPL212型とその改良型の213型(1.2L/60HP)は合わせて約500台が生産されましたが、全てが北米専用モデル(型番のLは左ハンドル仕様の意)でした。

 ミニカーは国産名車コレクションで最近モデル化されたもので、1/43の量産ミニカーはこれしかありません。SPL212/213型(フェアレディ 1200)も、ボディのデザインはこのS211型とほぼ同じです。実車に即した赤と白のツートンカラーが映えて、なかなか良い出来映えです。幌を上げた色違いが日産名車コレクションでモデル化されてます。なおリアルXが1/72でSPL212型をモデル化しています。

NISSAN CEDRIC (G30) 1961 JAPAN

NISSAN CEDRIC (G30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CARS COLLECTION (NOREV) 23 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.41m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 88HP 4段自動変速
性能: 最高速130km/h
データーベースで日産 セドリック 30型のミニカー検索

 

日産 セドリック G30型 日本

 

 国産中型車セドリック(児童向け小説「小公子」の主人公にちなんだ名前)はオースチン A50ケンブリッジの後継として1960年に発売されました。日産初のモノコックボディで前輪独立懸架、縦型4灯式ヘッドライトやラップラウンドしたフロントウインドウは当時のアメリカ車的なデザインとなっています。ワゴンやバンも1962年に設定されました。

 

 当初は4気筒1.5L(71HP)エンジンを搭載していましたが、すぐに1.9L(88HP)エンジンが追加されました。この1.9Lは4段変速で、最高速130km/hの」性能でした。1962年のマイナーチェンジ(31型)で、ホイールベースが延長され、縦型4灯式ヘッドライトが横型に変更されました。 1963年には6気筒2.8L(115HP)エンジンを搭載しボディを拡大した、国産初の3ナンバー普通乗用車のスペシャ ル(50型)も追加されました。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクションでモデル化された物です。他にもファインモデル、エブロ、トミカでもモデル化されていて、昔の車としては人気がある車です。これはエブロの型を流用しているようですが、前期型でもマイナーチェンジされたカスタム(G30型)のモデルということで、細かいところがエブロとは変えてあります。なお当時物ではミクロペットが前後期の両方をダイヤペットが後期型をモデル化していて、それらは滅多にお目にかかれないレア物です。

 
 

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD (410) 1964 JAPAN

DATSUN (NISSAN) BLUEBIRD (410) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 25 1/42 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 55HP 3段自動変速
性能: 最高速120km/h
データーベースで日産 ブルーバードのミニカー検索

 

日産 ダットサン ブルーバード 410型 日本

 

 1963年にブルーバード 410型が登場します。モノコックボディで前輪独立懸架、エンジンは4気筒1L(45HP)と1.2L(55HP)が設定され、3段変速で最高速120km/h(1.2L)の性能でした。ピニンファリーナのデザインしたボディはリアが尻下がりになっていることが不評で、販売台数でトヨタのコロナに追いつかれています。

 

 1964年にスポーツ仕様のSSや65HPのハイパワーエンジンが設定され、フロントグリルが変更され2ドアセダンが追加されます。1965年のマイナーチェンジで411型となり、エンジンが1.3L(62HP)に代わり、1.6L(90HP)エンジン搭載のスポーツ仕様1600SSSが追加されます。1966年には不評であったリアのデザインを変更しています。1966年のサファリ ラリーでクラス優勝するなど、モータースポーツにもチャレンジしています。

 

 

 ミニカーはモデルペット製の当時物で、グリルが変更された後期型をモデル化しています。銀塗装だけのグリルと軸が貫通したホイールが時代を感じさせます。タイヤが少し小さめながら、プロポーションはしっかりしていますので不評だったボディのデザインが良く再現されています。(不評であった理由がよく分かりませんが) 最近のミニカーでは、エブロ(後期型、サファリラリー仕様)、トミカ リミテッドヴィンテージ(後期型2ドア)、日産名車コレクション(前期型)があります。

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...19 次へ »