ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

MASERATI 8CTF 1939 ITALY

MASERATI 8CTF 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R075 1/43 109mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3L スーパーチャージャー 366HP 4段変速
性能: 最高速290km/h
データーベースでマセラティ 8C/4Cのミニカー検索

 

マセラティ 8CTF イタリア

 

 マセラティ社はイタリアのマセラティ兄弟によって1919年に設立されました。エンジンのチューニングが専門で、ディアット社でレースカーの製作を始め1926年にマセラティのブランドを立ち上げました。第1号車のティーポ 26(DOHC 8気筒 1.5L)は1926年タルガ フロリオでクラス優勝し、翌年にはイタリアのコンストラクターズ チャンピオンシップを獲得しています。1929年に8気筒エンジンを並列結合した16気筒エンジン(4L)搭載のV4が登場し、この車は世界速度記録を達成し、1930年トリポリGPで優勝しています。

 

 1930年にエンジンを2.5Lに拡大したティーポ 26M(8C 2500)が登場 エンジンを2.8/3Lに拡大して1933年までレースで活躍します。1934年から750㎏フォーミュラが始めると、メルセデス ベンツ/アウトウニオンの強力なドイツ勢の登場で、主要なレースでマセラティは勝てなくなりました。1939年に4気筒1.5Lエンジンの4CLと8気筒3Lエンジンの8CTFが登場します。8CTFは1939年と1940年のインディアナポリスで優勝しています。4CLは1940年のタルガ フロリオで優勝しており、戦後の1948年に4CLTに発展し、1950-1951年にかけてプライベーターとして活躍しています。

 

 

 ミニカーはブルム製で、1982年頃に発売されました。1939年のインディアナポリス優勝車(アメリカ人ドライバー W.ショウ)をモデル化しています。雰囲気は似てるのですが、前輪より前のノーズ部分が長めに出来ているようです。(サイズ的にも全長がかなり長いですし) ブルムは1940年インディ車もモデル化していて、それ以外ではシュコーが1939年インディ車をモデル化しています。4CLはマーキュリーやマッチボックスがモデル化しています。

 

ページ 1