ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MASERATI A6G 2000 SPIDER 1952 ITALY

MASERATI A6G 2000 SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO 141817 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.08m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 100HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでマセラティ A6のミニカー検索

 

マセラティ A6G 2000 スパイダー イタリア

 

 マセラティ社はイタリアのマセラティ兄弟によって1919年に設立されました。エンジンのチューニングが専門で、ディアット社でレースカーの製作を始め1926年からマセラティのブランドを立ち上げています。第1号車がタルガ フロリオでクラス優勝し、その後も1930年に登場した8C 2500などで当時のGPレースで活躍しています。戦前のマセラティは競争力のあるレーシングカーを開発し、そのレプリカを販売するといった商売をやっていました。

 

 戦後の1947年になって初めて一般向けのスポーツカーが市販されました。ピニンファリーナなどが架装する特注ボディに、直列6気筒1.5L (65HP)エンジンを搭載したA6 1500で、4段変速で最高速150km/hの性能でした。画像の車は、カロッツェリア フルア(FRUA)製のスパイダーで、5台しか製作されなかったということです。 1951年には2L(100HP)にエンジンを強化したA6G 2000が追加され、1954年にはエンジンをDOHC化して150HPにパワーアップしたA6GCS/54に発展しています。

 

 

 ミニカーはマセラティ創立90周年記念として2005年にイタリアの出版社が企画した「La MASERATI modelli che hanno fatta la storia(マセラティ 歴史的なモデル)」というシリーズ物の一つで、製造元ははイクソのようです。A6GCSはバンなどが何種類かをモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=752

   

MASERATI 250F 1957 ITALY

MASERATI 250F 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R092 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.05m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 2.5L 270HP 5段変速
性能: 最高速290km/h
データーベースでマセラティ 250F のミニカー検索

 

マセラティ 250F  イタリア

 

 前述したスポーツカー A6をベースにしたレーシングカー A6GCMが1951年に登場します。1952年と1953年のワールドチャンピオンシップはエンジン排気量2Lのフォーミュラ2(F2)で行われており、DOHC 6気筒2L(160HP)エンジンを搭載したA6GCMはこのF2用のマシンでした。

 1953年にG.コロンボ(後のフェラーリの設計者)がA6GCMを大幅に改良し、A6SSGに発展させました。A6SSGはエンジンを200HPにパワーアップし、サスペンションが改良され、外観も変わっています。F2時代にはフェラーリ 500F2が圧倒的に強かったのですが、A6SSGはJ.M.ファンジオがドライブして1953年のイタリアGPで優勝するなど善戦しています。

 

 1954年に2.5Lエンジンのフォーミュラ1が施行され、それに対応した250Fが登場します。250FはA6SSGをベースにしたマシンで、デビュー戦の1954年アルゼンチンGP(ドライバー J.M.ファンジオ)で優勝しています。1955年から1957年にかけて250Fは大活躍し、1957年にはマセラティ初のワールドチャンピオンシップを獲得しています。ただこの1957年をもってマセラティはF1から撤退しました。250Fはエンジンをフロント搭載したF1の最高傑作とされています。

 

 

 ミニカーはブルム製で、1983年頃に発売されました。1957年のドイツ GP優勝車(ドライバー J.M.ファンジオ)をモデル化しています。ノーズが少し尖りすぎのような気がしますが、当時のミニカーとしては良くできています。ブルムはV型12気筒エンジンのテスト車など10種類ほどのバリエーションを出しています。それ以外ではソリドの1/43、ポリスティルの1/43、1/16、CMCの超精密1/18などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1722

   

 

MASERATI TIPO 61 'BIRDCAGE' 1960 ITALY

MASERATI TIPO 61 'BIRDCAGE' 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400601266 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.9L 250HP 5段変速
性能: 最高速285km/h
データーベースでマセラティ ティーポ 61のミニカー検索

 

マセラティ ティーポ 61 ’バードゲージ’ イタリア

 

 1957年にマセラティはF1から撤退しましたが、その後もレーシングカーの開発を続けていました。A6GCSの後継車として150S(DOHC 4気筒1.5L)/200S(DOHC 4気筒2L)が1955年に登場 同じ頃に300S(6気筒3L)、350S(6気筒3.5L/V型12気筒4.5L)、450S(V型8気筒4.5L)と排気量の異なるレーシングカーが開発されており、各種レースで活躍しました。

 

 1959年に鋼管スペースフレーム構造で軽量化と高剛性を両立させた独特のボディ(バードゲージ(鳥籠)と称された)で有名なティーポ 61が登場しました。ティーポ 61はデビューレースで優勝し、1960-1961年のニュルブルクリング優勝、1960年ルマン出場(リタイア)など活躍しました。ティーポ 61にはティーポ 60/63/64/65の派生車があり、60は4気筒2Lエンジン搭載、63から65は4気筒やV型8/12気筒エンジンをミドシップ搭載していました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2008年に発売されました。バハマのナッソーにあるサーキットで行われた1960年のナッソー トロフィ出場車(ドライバー J.ホール)をモデル化しています。ミニチャンプスの絶頂期に作られたモデルで、特徴のバードゲージ構造を再現したコクピット、精緻なワイヤースポークホイールなど非常に気合いの入った素晴らしい出来ばえです。(ただし通常品価格の約1.5倍と高かった) ミニチャンプスは1/18も含めて数種類のバリエーションを出しています。それ以外ではプロゲットKの1/43や鋼管スペースフレーム構造を完全に再現したCMCの1/18超精密モデルなどがあります。また150Sから450SのミニカーはBANGやJOLLY MODELなどがモデル化しています。
データーベースでマセラティ 150S-450Sのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1723

   

MASERATI 3500GT 1957 ITALY

MASERATI 3500GT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 24 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.5L 225HP 4段変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでマセラティ 3500GTのミニカー検索

 

マセラティ 3500GT イタリア

 

 1957年に250FでGPレースのタイトルを獲得したマセラティは財政難からワークス活動から撤退し、量産車の販売に本腰をいれました。その年に発表された3500GTはGPカー譲りのDOHC6気筒3.5L(225HP)エンジンを、カロッツェリア トゥーリング製の2+2座クーペ ボディに搭載した高級車で、4段変速で最高速230km/hの性能でした。

 

 1960年にフロント ディスクブレーキが採用され、1962年にルーカス製のダイレクトインジェクション式エンジン(235HP)と5段変速を採用した3500GT MK IIに発展しました。3500GTは1964年までに約2000台が生産されて大成功し、マセラティの財政状況を回復させました。

 

 

 ミニカーは当時物としてはこれしかないマーキュリー製の傑作モデルです。マーキュリー流のダイナミックなデフォルメで実車のプロポーションから少し外れていますが、実車の持つ迫力を感じさせる出来映えとなっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=753

   

 

MASERATI 3500GT SPYDER VIGNALE 1961 ITALY

MASERATI 3500GT SPYDER VIGNALE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400123230 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.5L 225HP 4段変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでマセラティ 3500GTのミニカー検索

 

マセラティ 3500GT スパイダー ヴィニャーレ イタリア

 

 1959年にミケロッティのデザインでカロッツェリア ヴィニャーレがボディを架装したスパイダー ヴィニャーレが登場します。ホイールベースがクーペよりも100mm短く、ボンネットやトランクリッドはアルミ製で軽量化されていました。

 

 最高速はクーペと同じ230km/hでしたが、加速性能が向上しています。1961年にクーペと同じインジェクション式エンジンに変更され、1964年までに約250台が生産されました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、1/43ではスパイダーはこれしかモデル化されていないようです。ミニチャンプスらしい手堅い出来映えで、フロントグリルの3本の矛のエンブレム、サイドから引き回した排気管、内装など良く再現してあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=754

   

MASERATI MISTRAL 1963 ITALY

MASERATI MISTRAL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 139 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.7L 245HP 5段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでマセラティ ミストラルのミニカー検索

 

マセラティ ミストラル イタリア

 

 3500GTの上級車としてV型8気筒5L(350HP)エンジンを搭載した5000GTが1959年に発表されましたが、これは少量生産でした。3500GTの後継としては、2+2座のセブリングと2座のミストラルが、1963年に登場します。基本設計は3500GT スパイダーと同じで、ミストラルはさらにホイールベースが100mm短くなっていました。

 

エンジンは当初3.5Lでしたが、すぐに3.7L(245HP)に代わり、5段変速で最高速はどちらも245km/hの性能でした。ピエトロ フルアがデザインしたミストラルには少数ですが、スパイダーもありました。排気量が4Lまで拡大され、1970年までに両車で約1500台ほどが生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。バンパー、グリル、ホイールがまだ金属で作られている昔のミニカーですが、非常に良くできています。セブリングのミニカーについてはポリトーイの型番501が3500GTという名前になっていますが、セブリングをモデル化しているようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=755

   

 

ページ 1  2  3   次へ »