ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

LANCIA THETA 1914 ITALY

LANCIA THETA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU M11 1/43 97㎜

 

ランチア テータ イタリア

 

 フィアットのレーシングドライバーであったヴィンチェンツォ ランチアが1906年に設立したランチア社は技術的に進歩性のある車を作っています。ランチアはギリシャ文字を車名にしていますが、最初の成功作がこのテータ(シータ)です。この車は電装品がシャーシに組込まれた最初の車だそうです。(当時電装品はボディが完成してから組み付けていた)

 

 ミニカーはドゥグー製です。ビスカレッティ自動車博物館に保存されている実車を忠実にモデル化しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 4940cc 70HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=105

   

 

ページ 1