ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT 508 BALILLA 1932 ITALY

FIAT 508 BALILLA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 13 1/43 85㎜

 

フィアット 508 バリッラ イタリア

 

 1932年に509の後継としてフィアット大衆車の最高傑作といわれる508 バリッラが発表されます。4気筒1L 20HP 3段変速機 80km/hの性能で4輪油圧ブレーキを備えていたこと以外はごく平凡な車でした。価格、燃費、メンテナンスの総合的なコストが最も安くイタリアの大衆にとって画期的な車でした。1934年にエンジンやボディに大幅な改良が施され1937年までに11万台以上が生産されています。

 

 ミニカーは初期のリオ製です。自国の名車だけにかなり凝った作りで、この小さい車を忠実に再現しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 20HP 3段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースでフィアット 508のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=291

   

FIAT 508 BALILLA DELIVERY VAN 1935 ITALY

FIAT 508 BALILLA DELIVERY VAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 128 1/43 72㎜

 

フィアット 508 バリッラ デリバリー バン イタリア

 

 1934年の改良ではエンジンが24HPに強化され4段変速機が採用されます。ボディはフロントウインドやラジエータグリルが後傾して少しモダンなスタイルになっていますが、このタイプは残念ながらミニカーがありません。セダン、クーペ、スパイダーなどのボディ形式がありました。

 

 ミニカーはリオ製で、商用車として何種類かのバリエーションがあります。1935年式となっていますがボディは上記のセダンと同じ初期のタイプです。(こちらはドアは開閉しません)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.1m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 24HP 4段変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでフィアット 508のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=292

   

 

FIAT 508S BALILLA COPPA D'ORO 1934 ITALY

FIAT 508S BALILLA COPPA D'ORO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 70 1/43 82mm

 

フィアット 508S バリッラ コッパ ド オーロ イタリア

 

 フィアット車には必ずスポーツバージョンがありますが、バリッラにも2座スパイダーの508Sが1934年に追加されます。38HPに強化されたエンジンで軽量なボディを110km/hまで引っ張り、当時の軽量スポーツカーとしては抜群の性能でした。わずか1000台ほどしか生産されませんでしたが、人気がありコッパ ド オーロ(伊語で金杯)の愛称がついています。

 

 ミニカーはマーキュリー製(イタリア 製造はMINI-AUTO)でかなり良い出来です。小さなテールフィンがついたトランクは開閉でき、スペアタイヤもちゃんと入っています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 38HP 4段変速
性能: 最高速110km/h
データーベースでフィアット 508Sのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=293

   

FIAT 508S BALILLA COPPA D'ORO 1937 ITALY

FIAT 508S BALILLA COPPA D'ORO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUGU 17 1/43 78㎜

 

フィアット 508S バリッラ コッパ ド オーロ イタリア

 

 508 コッパ ド オーロはイギリスのブルックランズ マウンティン サーキットで平均速度89km/hで1000マイルを走破しており、軽量なだけではなく操縦性や耐久性にも優れていたようです。

 

 ミニカーはドゥグー製です。フェンダーなどが軽量化されたレーシングバージョンをモデル化しています。迫力のあるボディが忠実に再現されているうえにドア、エンジンカバーが開閉できるギミックが付いていて、30年以上も昔のミニカーとは思えないような素晴らしい傑作ミニカーです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.3m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 38HP 4段変速
性能: 最高速110km/h
データーベースでフィアット 508Sのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=294

   

 

FIAT 500A TOPORINO 1936 ITALY

FIAT 500A TOPORINO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R022 1/43 78mm

 

フィアット 500A トポリーノ イタリア

 

 バリッラよりも小型で低価格な車として1936年に500が発表されました。この車は見た目がかわいらしいので「トポリーノ」(Toporino:小さなネズミの意)という愛称で呼ばれました。大きさは3215X1275X1377mmで車重600kgと現在の軽自動車よりひとまわり小さく、4気筒 569cc 13HPのエンジンをフロントに搭載し最高速度85kmの性能でした。価格が安くその上軽量で燃費も良いこの車は圧倒的な成功をおさめました。

 

 ミニカーはブルムの初期物です。実車同様に実に愛嬌のある良い出来ばえです。かつて500Aのミニカーはこれとドゥグーのものしかなくて貴重な存在でした。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長3215mm 全幅1275mm 車高1377mm 車重600kg
エンジン 変速機: 4気筒 569cc 13HP 4段変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでフィアット トポリーノのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=295

   

FIAT 500A TOPORINO 1936 ITALY

FIAT 500A TOPORINO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R022 1/43 78mm

 

フィアット 500A トポリーノ イタリア

 

 500は低価格な車でしたが、その中身は4気筒エンジン、前輪独立懸架、シンクロ付きギヤボックス、油圧ブレーキなど上級車並みのメカが使われています。単なる安物の我慢車ではなかったのです。画像のようなキャンバストップ仕様があり、この2座席の小さな車のキャンバストップを開放して4人以上?も乗り込んでいたそうです。

 

 つまり後ろに大人が乗る場合は上体を外に出して乗っていたようです。そのため後輪の板バネが折れるトラブルが起こり1938年には板バネが強化されています。ミニカーはブルム製で上記のバリエーション キャンバストップ仕様で後部座席部分はフラットなスペースになっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長3215mm 全幅1275mm 車高1377mm 車重600kg
エンジン 変速機: 4気筒 569cc 13HP 4段変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでフィアット トポリーノのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=296

   

 

ページ 1  2   次へ »