ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CITROEN 5CV 1922 FRANCE

CITROEN 5CV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1017 1/43 73mm

 

シトロエン 5CV フランス

 

 1922年に発表されたタイプCは5CVと呼ばれ、小型車の歴史に残る名車となります。排気量が1L以下の車はサイクルカーと呼ばれ、以前にもベデリア(1913年)を紹介しましたが、実用的な車ではありませんでした。4気筒855cc 10HP 3段変速機シャフトドライブ 60km/hの性能で上級車を小さくしたまともなボディを持つ5CVはそれまでのサイクルカーを完全に駆逐してしまいました。(イギリスでもよく似たコンセプトのオースティン セブンが同じ1922年に発表され同様のことが起こっています)

 

 ミニカーはエリゴール製で実車同様小振りですが、とても良くできていて5CVの傑作ミニカーだと思います。(なおこのエリゴールのミニカーは以下のノレブの物をベースにしています)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3200mm 全幅 1400㎜
エンジン 変速機: 4気筒855cc 10HP 3段変速
性能: 最高速60km/h
データーベースでシトロエン 5CVのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=154

   

CITROEN 5CV 1922 FRANCE

CITROEN 5CV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1017 1/43 73mm

 

シトロエン 5CV フランス

 

 5CVのボディは2座のオープンのみで最初は黄色のボディに黒のディスクホイールの組み合わせでした。この黄色はフランス語のCITRON(レモン)とCITROENの語呂合わせから来ていて車の宣伝効果をねらったものでした。5CVが成功したのは運転がしやすく使いやすかったことと経済的だったことだそうですがこれは現代の車でも同じですね。車はそれ以外にも見た目の魅力が重要ですが、この車は愛嬌のあるデザインでこの点でもかなり高得点だと思います。

 

 ミニカーはノレブ製です。昔のノレブのミニカーは全体がプラスチックで出来ています。そのため重量感がすこし足りませんが、こちらも良い味を出しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3200mm 全幅 1400㎜
エンジン 変速機: 4気筒855cc 10HP 3段変速
性能: 最高速60km/h
データーベースでシトロエン 5CVのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=155

   

 

CITROEN B2 AMBULANCE 1923 FRANCE

CITROEN B2 AMBULANCE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 12 1/43 85㎜

 

シトロエン B2 救急車 フランス

 

 B2のバリエーションとしてアンビュランスも作られています。後部に担架を載せている軍用車の写真がありますが、昔のアンビュランスですから病人の搬送のみで医療設備などはついていないのでしょう。まだ赤色灯がなかった時代ですので代わりに屋根に赤十字旗が立っています。ドアに付いているのはパリ市の紋章で側面に「パリ市のアンビュランス」と表示されています。

 

 サフィールのB2にはこれ以外にも消防車、メールバンなどがあります。(興味があればサフィールのページも見て下さい)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3680mm 全幅 1410㎜
エンジン 変速機: 4気筒 1452cc 22HP 3段変速
性能: 最高速70km/h
データーベースでシトロエン B2のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=153

   

CITROEN B2 TAXI 1924 FRANCE

CITROEN B2 TAXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 9 1/43 90mm

 

シトロエン B2 タクシー フランス

 

 B2のバリエーションにはタクシーキャブ仕様もありました。パリのタクシーとしては1914年のタクシー ド ラ マルヌでのルノーを紹介していますが、B2はそれにとってかわる存在となります。B2は日本にも輸出されており安価であった為多くが日本でもタクシーとして使用されたとのことです。

 

 サフィール製のB2は良くできているのですが、なぜかセダンがなくてタクシーのバリエーションばかりたくさんあります。(興味があればサフィールのページも見て下さい)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3680mm 全幅 1410㎜
エンジン 変速機: 4気筒 1452cc 22HP 3段変速
性能: 最高速70km/h
データーベースでシトロエン B2のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=152

   

 

CITROEN B2 1925 FRANCE

CITROEN B2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RAMI 7 1/43 85mm

 

シトロエン B2 フランス

 

  工学技術者アンドレ シトロエンはダブル シェブロン ギヤ(特殊なV字型歯車でシトロエンのエンブレムになっています)製造で成功し自動車製造に乗り出します。最初のシトロエンはタイプA(1919年)で、ヨーロッパで初めてフォード式量産システムが採用された車でした。タイプAはすぐにエンジン排気量を少し大きくしたタイプB2(1921年)に切り替わります。

 

 B2は4気筒1452cc 20HPエンジン 3段変速機  70km/hの性能で様々なバリエーションのボディがありました。B2は当時のフランス車ではオプションであったスターター、ライト、スペアタイヤを標準装備していました。(したがってクランクハンドルがついていません)

 ミニカーはラミー製です。画像は標準的な4座セダンですが際だった特徴もない平凡な実用車だったということがこのミニカーで分かります。(黄色と黒のツートンカラーは魅了的ですが)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3680mm 全幅 1410㎜
エンジン 変速機: 4気筒 1452cc 22HP 3段変速
性能: 最高速70km/h
データーベースでシトロエン B2のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=151

   

CITROEN C3 1925 FRANCE

CITROEN C3 画像をクリック/タップすると画像が変わります
UNIVERSAL HOBBY  1/43 80mm

 

シトロエン C3 フランス

 

 5CVは発表の翌年(1923)にC3に変わります。C3は5CVのホイールベースを延長してボディを拡長し1座の後席を設けたものです。この3座のシート配置は上から見ると3葉のクローバーに見えるためこの車はトレフル(Trefle:クローバー)という愛称が付いていました。5CV、C3は1926年に生産中止されるまでにフランス国内に約8万台がデリバリーされバンなどの商用車のバリエーションもありました。

 

 ミニカーは2005年ごろに入手したユニバーサルホビー製です。ワイパーが2重になっているように見えるのは室内から手動で動作させるワイパーを再現しており面白いところに凝ってます。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3300mm 全幅 1400㎜
エンジン 変速機: 4気筒855cc 11HP 3段変速
性能: 最高速60km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=156

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »