ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

RENAULT REINASTELLA RM2 1934 FRANCE

RENAULT REINASTELLA RM2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4097 1/43 123mm

 

ルノー レナステラ RM2 フランス

 

 ルノー40CVは1928年に初の8気筒 7.1Lエンジンを搭載したレナステラに変わります。1929年にはラジエータがフロントエンドに移され特徴であった「象の鼻」がなくなり、当時のアメリカ車によく似たラジエータグリルを持つようになります。レナステラは戦前のルノーの旗艦で大統領専用車にもなりましたが、1934年には生産中止となり8気筒5.5Lのネルヴァステラ(レナステラの廉価版)に変わります。

 

 ミニカーはソリド製 レナステラ最後のモデルで重厚なリムジーンボディとなっています。この当時のルノーがまだ右ハンドルであったことが分かります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.3m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 8気筒 7.1L 130HP 3段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでルノー ステラのミニカー検索
 

 
 

RENAULT SUPRASTELLA 1939 FRANCE

RENAULT SUPRASTELLA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO  1/43 118mm

 

ルノー スープラステラ フランス

 

 レナステラの後継として戦前のルノー最後の旗艦となったのがスープラステラ(8気筒5.4L)で、戦後もしばらくの間は大統領専用車として使われました。フロントグリルは同時期のアメリカ車を真似たデザインで、高い位置にあるボンネットと広い車幅などが相まって押し出しの強い迫力のあるスタイルとなっています。ちなみにスープラステラとは英語に直すと「Super Star」ということになると思います。

 

 ミニカーはイクソ製でフランスのミニカー付き雑誌のものです。大きな2ドアのカブリオレ仕様となっています。このボディ形式でもかなり大きなサイズのミニカーに仕上がっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 8気筒 5.4L 110HP 
性能: 最高速140km/h
データーベースでルノー ステラのミニカー検索
 

RENAULT VIVASPORT 1934 FRANCE

RENAULT VIVASPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DUBRAY 35 1/43 112mm

 

ルノー ヴィヴァスポール フランス

 

 当時のルノーはフルラインナップの車種構成でした。小型車としては1931年に4気筒2.4Lの小型車プリマカトルが発表され、さらに小型の1.5Lのモナカトルが追加されています。(カトルとはフランス語で4の意で4気筒を示す) これらの小型車もラジエータがフロントに移されてグリルが付いています。中型車では1934年に6気筒3.6Lのヴィヴァスポールが発表されています。

 

 ミニカーは4座カブリオレ メーカーはデュブレイ(フランス)で材質はプラスチックですが、ボディは塗装されています。なおこれは左ハンドルになっています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: 6気筒 3.6L 
性能: 最高速135km/h
データーベースでルノー ヴィヴァのミニカー検索
 

 
 

RENAULT CELTAQUATRE 1934 FRANCE

RENAULT CELTAQUATRE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 519153 1/43 105mm

 

ルノー セルタカトル フランス

 

 1934年に登場した新しい小型車がセルタ カトルで、4気筒1.5L(29HP)エンジンを搭載しています。ボディは角が曲面になり流行の流線型を取り入れていますが、このページの同時期のライバルに較べると今ひとつ古くさいです。中身も独立でない前輪サスペンションやフレーム構造など技術的にはライバルから遅れていましたが、値段が安い車としてそこそこ成功したようです。

 

 ミニカーは2005年発売のノレブ製で、細かい所までよく再現されています。特にフランス車の特徴である黄色のヘッドライトがいいですね。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 29HP 3段変速
性能: 最高速99km/h
データーベースでルノー カトルのミニカー検索
 

RENAULT VIVA GRAND SPORT CABRIOLET TYPE ACX2 1935 FRANCE

RENAULT VIVA GRAND SPORT CABRIOLET TYPE ACX2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
UNIVERSAL HOBBIES 67147 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: 6気筒 4.1L 95HP 3段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでルノー ヴィヴァのミニカー検索

 

ルノー ヴィヴァ グラン スポール カブリオレ タイプ ACX2 フランス

 

 1930年代のルノーのラインナップは、8気筒エンジン搭載の最上級車スープラステラ、その下の6気筒エンジン車にネルヴァステラ(NERVASTELLA)、ヴィヴァステラ(VIVASTELLA)、前述したヴィヴァスポール、プリマステラ(PRIMASTELLA)があり、その下の4気筒エンジン車にはプリマカトル、セルタカトルなどがありました。1934年に登場したヴィヴァ グラン スポール(当初はヴィヴァステラ グラン スポール)はヴィヴァステラの上級車で、1930年代の最後に登場した6気筒車でした。

 

 4ドアセダン以外に画像のような派手な2ドアカブリオレやクーペもありました。1937年のマイナーチェンジでアメリカ車風の派手なフロントグリルが採用され、ヘッドライドがフェンダーと一体化しています。1939年の生産中止までに約1万台ぐらいしか生産されていないので、当時としてはかなり高級な車だったのでしょう。ちなみに戦後のルノーでは1975年の30まで6気筒車が登場しませんでした。

 ミニカーはユニバーサルホビー製です。もともとはフランスのミニカー付き雑誌「RENAULT COLLECTION」のNo.73として作られたもののようです。センスの良い出来栄えから設計はノレブが担当したと思われ、スポーティで魅力的な1930年代のフランス車が再現されています。

 

 

 
 

RENAULT JUVAQUATRE 1938 FRANCE

RENAULT JUVAQUATRE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1014 1/43 88mm

 

ルノー ジュヴァカトル フランス

 

 1937年に全く新しい設計の小型車ジュヴァカトルが発表されました。モノコック構造ボディに4気筒1L(24HP)エンジンを搭載、前輪独立懸架を採用し最高速度91km/hの性能でした。ライバルに技術的に追いついたこの車は、1938年に約1万台販売されて当時のルノーとしてはかなり成功した車となりました。またルノーが民営化された戦後も1950年代まで生産されていたロングセラーの車です。

 

 ミニカーはエリゴール製 良く出来たノレブ(プラスチック製)の型を流用してダイキャスト製で作られたものです。この当時のスペアタイヤの格納方法がよくわかる面白いギミックがついています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 24HP 3段変速
性能: 最高速91km/h
データーベースでルノー カトルのミニカー検索
 

 

ページ 1