ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

OPEL OLYMPIA 1951 GERMANY

OPEL OLYMPIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430040404 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.56m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 37HP 
性能: 

 

オペル オリンピア ドイツ

 

 1920年代にラウプフロッシュで成功したオペルは、中大型車への進出を目指しました。しかし当時のドイツには既にフォードやGMが進出し、中大型車クラスでは強力なライバルとなっていました。そこでオペルはGMと提携する道を選び、1931年にGM傘下となりました。1930年代にオペルはヨーロッパ有数の自動車メーカーに成長していきました。当時のモデルレンジはラウプフロッシュの最終型P4とカデットの小型実用車が中心で、アドミラル、カピタンといった中型車も揃えていました。(なおこの時代のオペル車はほとんどミニカーがありません) 第二次大戦が始まるとGMは撤退し、オペルはナチ政権の命令で軍用車の生産体制に組込まれていきました。

 

 戦後オペルの工場は一時的にソ連に接収されていましたが、GMが経営権を取り戻し、1946年に戦前モデルの生産を再開させました。最初に生産されたのが4気筒1.5L(37HP)エンジンを搭載した小型車オリンピアで、戦前と同じモデルでした。オリンピアは1936年のベルリン オリンピックにちなんで命名された車(1.2Lエンジン搭載)で、1935年に発表されています。 

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、この時代のオペルのミニカーはこれぐらいしかありません。ボディのベースは戦前型のままで、幅が広げられたフロント グリルを持つ戦後の改良版をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=551

   

OPEL KAPITAN 1951 GERMANY

OPEL KAPITAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430043300 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 58HP 
性能: 
データーベースでオペル カピタンのミニカー検索

 

オペル カピタン (カピテーン) ドイツ

 

 戦前型のカピタンは6気筒2.5L(55HP)エンジンを搭載した中型車で、1939年に発表されています。ヘッドライトがフェンダーに埋め込まれているなど、当時のGM製アメリカ車によく似たスタイルでした。カピタンも戦前型そのままの再生産からはじまり、この1951年式ではフロントグリルの変更、トランクスペース大型化、エンジン パワーアップなどの変更が加えられています。

 

 1953年にオリンピアはオリンピア レコードという名前に変わり、フェンダーが一体化されたフラッシュ サーフェースの戦後型デザインに変わります。翌年にカピタンも同様の戦後型デザインに変わりました。

 

 

 ミニカーはこれもミニチャンプス製です。フロントグリルなどの変更点を再現した戦後型となっていますが、ちょっと改造して戦前型も作って欲しいです。(戦前型が結構かっこいいのです)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=552

   

 

OPEL REKORD P I 1958 GERMANY

OPEL REKORD P I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430043201 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 45HP 3段変速
性能: 最高速128km/h
データーベースでオペル レコードのミニカー検索

 

オペル レコード (レコルト) P I ドイツ

 

 1958年に登場した戦後2代目(シリーズ P I)のレコードです。側面まで回り込んだラップラウンド ウインドウ、サイドのモールディング、テールフィンなど当時のアメリカ車風のデザインがGM系列であることを示しています。4気筒1.5L(45HP)エンジンを搭載した中型車で、最高速は128km/hの性能でした。このモデルは2ドアですが、4ドアもありました。

 

 なお車名ですが、今はレコルトと呼ぶのが一般的なようですが、私は昔風の英語読みでレコードと記載しています。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。平凡なセダンですから、本国以外ではあまり売れないと思います。ただこのあたりもきちんとモデル化してくれるのがミニチャンプスの良いところです。細かいところもよく再現してあるので、この時代の実用車の細部(ウインカーなど)がよく分かります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=553

   

OPEL KAPITAN P II 1960 GERMANY

OPEL KAPITAN P II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 177 1/48? 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 2.6L 90HP 4/3段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでオペル カピタンのミニカー検索

 

オペル カピタン (カピテーン) P II ドイツ

 

 レコードの上級車のカピタンも、1958年にラップラウンド ウインドウを持つデザインに変更されシリーズP Iとなりました。6気筒2.5L(80HP)エンジンを搭載し、最高速は144km/hの性能でした。このP Iは1960年にルーフを角張ったスタイルに変更し、エンジンも6気筒2.6L(90HP)に強化したシリーズP2に変わりました。

 

 なお車名のカピタン(キャプテン:艦長の意)はカピテーンと表記するのが正しいようですが、私にはしっくりこないのでカピタンと記載しています。

 

 

 ミニカーはディンキー(英国)の当時物で、1/43より少し小さめに出来ているようです。50年以上も前に作られたミニカーですが、P IIの特徴である角張ったルーフがきちんと再現されていて、プロポーションもしっかりしています。この時代のディンキーは当時としては素晴らしい出来映えだったはずです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=554

   

 

OPEL KADETT 1962 GERMANY

OPEL KADETT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 724 1/40? 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 993cc 40HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでオペル カデットのミニカー検索

 

オペル カデット ドイツ

 

 戦前のオペルは小型車に強いメーカーだったのですが、戦争で生産設備を失ったことで小型車生産をすぐに再開できませんでした。1962年オペルはフォルクスワーゲンという強力なライバルが育った市場にカデットを復活させました。戦後型カデットはごくオーソドックスな設計で、ボディ デザインも近代的ながらも簡潔なものでした。

 

 新設計の4気筒1L(40HP)エンジンと4段フルシンクロ変速機で、670kgの軽量ボディを最高速120km/hまで引っ張りました。1963年にはルーフの形状を軽快にしたクーペが追加され、1965年のモデルチェンジまでに60万台以上を販売し、かなりの成功を収めました。

 

 

 ミニカーはテクノ(デンマーク)の当時物で、少し大きめに出来ています。テクノは前輪がステアするギミックを特徴としますが、この初期のテクノも既に車軸が曲がるようになっています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=555

   

OPEL KADETT B COUPE RALLY 1967 GERMANY

OPEL KADETT B COUPE RALLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 9651 1/45? 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 55HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでオペル カデットのミニカー検索

 

オペル カデット B クーペ ラリー ドイツ

 

 1965年のBタイプへのモデルチェンジでカデットはボディが一回り大きくなり、エンジンも1.1L(45/55HP)に強化されました。また4ドアセダンとファーストバックのクーペも追加されました。1967年にはエンジンやサスペンションを強化したラリー仕様が追加され、このモデルでオペルはラリーに進出しています。

 

 また1968年にはカデットのデラックス仕様としてオリンピアが追加され、上級車レコードの1.7L(75HP)、1.9L(90HP)エンジンを搭載したモデルも登場し、カデット シリーズは幅広いバリエーションを持つようになります。

 

 

 ミニカーはガマの当時物です。プロポーションはまあまあのレベルで、ボンネットの艶消し黒塗装とサイドのストライプは実車に即したものです。底板に1/45と刻印されてますが、実際は1/43ぐらいの大きさに出来てます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=556

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »